サポートセンターホーム


コレクターバージョン

あなたが使用することができます コレクター更新スケジューラ LogicMonitorコレクターに対してXNUMX回限りの更新を実行するか、必要な時間に最新のコレクター更新の受信を自動化します。

コレクターリリーストラック

コレクターの更新は、XNUMXつの異なるコレクターリリーストラックのいずれかに分類されます。

  • 必要な一般リリース(MGD):必要な一般リリースは、年に30回まで発生します。 必須の一般リリースは、今後の最小必須バージョンとして指定したオプションの一般リリースです。 オプションの一般リリースを必須の一般リリースとして指定すると、お客様が自由に古いコレクターをアップグレードできるように、必要な一般リリースの指定からXNUMX日以内に行われる自動アップグレードをスケジュールして発表します。 スケジュールされた自動更新時に、最低限必要な一般リリースバージョンより前のコレクターがまだ存在する場合、それらは必要な一般リリースに自動的にアップグレードされます。
  • オプションの一般リリース(GD) :オプションの一般リリースは、年に4〜6回発生します。 オプションの一般リリースは、新しい機能を備えている可能性のある安定したコレクターの更新ですが、これらのリリースでコレクターを更新する必要はありません。
  • 早期アクセス(EA):早期アクセスリリースはベータアップデートと見なされます。 多くの場合、初期リリースが最初に新機能をデビューさせますが、インフラストラクチャ全体に推奨されるわけではありません。

コレクターリリース

各コレクターバージョンに含まれる主な機能の概要については、次の表を参照してください。 各コレクターリリースに含まれるものの詳細な説明については、専用バージョンのページを参照してください。

バージョン 種類 発売日 特徴
31.000 オプションの一般リリース November 26, 2021
  • EA Collector30.xxxバージョンのすべての機能と修正が含まれています
  • JavaをAmazonCorretto11.0.13.8に更新しました。
見る GDコレクター– 31.000 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.104 アーリーアクセス October 19, 2021
  • RHELOpenShiftで実行するようにコレクターを認定しました。
  • Syslogログ収集のTCPサポートが追加されました。
  • OpenMetricsコレクターにパフォーマンスの強化を追加しました。
見る EAコレクター– 30.104 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.001 オプションの一般リリース August 23, 2021
  • 更新されたコレクターで問題を引き起こしていたcommons-codecライブラリの問題を修正しました。
  • MongoDBドライバーの依存関係に関する問題を修正しました。 これで、バージョン4.1.0に適切にアップグレードされます。
見る GDコレクター– 30.001 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.102 アーリーアクセス July 20, 2021
  • Credential Vault統合の一部として、新しいThycotic SecretServerのベータサポートが追加されました。
  • インストール中にコレクターサイズの設定を変更する機能が追加されました。
見る EAコレクター– 30.102 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.101アーリーアクセスJune 9, 2021
  • 高セキュリティモード(HSM)のサポートが追加されました。 ユーザーは、HSMまたはオーケストレーション互換モード(OCM)でインストールすることを選択できます。 デフォルトはOCMです。
  • URLが指定されていない場合に、openmetrics.urlプロパティをopenmetrics.hostまたはsystem.hostnameプロパティでオーバーライドする機能が追加されました。
見る EAコレクター– 30.101 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.000オプションの一般リリース29月2021日, XNUMX GD 29.003、およびEA 29.xxx(29.101、29.102、29.104、29.105、29.106、29.107、29.108、および29.109)にあるすべての機能拡張と修正が組み込まれています。

見る GDコレクター– 30.000 拡張機能と修正の完全なリストについては。
30.100アーリーアクセス20月2021日, XNUMX
  • 新しいOpenMetricsコレクションのサポートが追加されました。
  • WindowsイベントログとKubernetesイベントの収集とLMログへの転送のサポートが追加されました。
  • Cyber​​Ark AAM CredentialVault統合を監視するためのJMXメトリックが追加されました。
見る EAコレクター– 30.100 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.109アーリーアクセスMarch 30, 2021コレクターがrootとして実行されている場合にアップグレードが失敗するEA29.107の問題を修正しました。

見る EAコレクター– 29.109 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.108アーリーアクセスMarch 11, 2021Cyber​​ArkVaultを使用した外部資格情報管理の統合サポートが追加されました。

見る EAコレクター– 29.108 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.107アーリーアクセスMarch 9, 2021見る EAコレクター– 29.107 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.106アーリーアクセスFebruary 10, 2021
  • バージョン29.101から29.105に存在する既知の問題を修正します。これにより、ハートビートのあるリソースが誤ってデッド/ダウンとしてマークされていました。
  • ルート以外のインストールで/ etc / sudoersを変更する必要がなくなるように更新されました。
  • LMログにJMXメトリックが追加されました。
見る EAコレクター– 29.106 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.105アーリーアクセスDecember 9, 2020
  • RFC3164およびRFC5424形式のログイベントの解析のサポートを追加します。
  • Webチェックを調整するためのいくつかの新しいプロパティが導入されました。
見る EAコレクター– 29.105 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.104アーリーアクセスOctober 10, 2020
  • Syslogをに転送するためのサポート LMログ。 見る Syslogログの収集と転送.
  • Amazon Java Correttoを11.0.9.11.1にアップグレードしました(2020年XNUMX月の四半期更新)。
  • サポート メッセージが異なる場合でも重複するEventIDを抑制します オプションが追加されました。
見る EAコレクター– 29.104 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.003オプションの一般リリースSeptember 29, 2020
  • JREをAmazonCorretto11.0.8.10.1にアップグレードしました
見る GDコレクター– 29.003 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.102アーリーアクセスSeptember 15, 2020
  • コレクタデバッグ情報の出力テキスト幅を調整し、Java例外テキストを読みやすくしました。
  • コレクターからいくつかのJavaライブラリーを削除しました。
見る EAコレクター– 29.102 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.002オプションの一般リリースAugust 17, 2020Webページ収集タスクが停止してCPUを消費する問題を修正します。
29.101アーリーアクセスAugust 6, 2020
  • JDKをAmazonCorretto11.0.8.10.1にアップグレードしました。
  • NetScanGroovyスクリプトがSSEで実行されるようになりました。
  • NBARスロットは、Direction、IPv6、Applicationをサポートします。
見る EAコレクター– 29.101 拡張機能と修正の完全なリストについては。
29.001オプションの一般リリースJuly 15, 2020コレクターバージョンGD29.001は、非rootユーザーとして実行されているLinuxコレクターのEA 29.000バージョン(29.000 – 28)からGD28.400への正常なアップグレードを妨げていたGD28.607の問題を修正します。
29.000オプションの一般リリースJuly 6, 2020コレクターバージョンGD29.000には、M / GD 28.005、およびEA 28.xxx(28.100、28.200、28.300、28.400、28.500、28.501、28.600、28.601、28.602、28.603、28.604、28.605、28.606)にあるすべての拡張機能と修正が組み込まれています。 28.607)。 訪問 個別のリリースノートページ 詳細についてはこちら。
29.100アーリーアクセスJune 24, 2020
  • 16および32GiBのRAM用のXLおよびXXLサイズのコレクターを紹介します。
  • コレクタースクリプトキャッシュが導入され、ファイルシステムにダンプすることなく、コレクション間隔の間にセッショントークンなどをキャッシュできるようになりました。
  • rootまたはAdministratorとして実行されているCollectorをroot以外またはAdministrator以外のユーザーに移行できるようにするスクリプトを追加しました。
  • TinyRADIUSJavaライブラリが含まれるようになりました。 これらを利用してRADIUSログインをテストするLogicModuleは、将来のリリースで利用可能になる予定です。
見る EAコレクター– 29.100 拡張機能と修正の完全なリストについては。
28.607アーリーアクセス五月27日, 2020拡張機能:

CollectorJREをAmazonCorrettoバージョン11.0.7.10(2020年XNUMX月のパッチ)に更新しました

修正:

AES-256SNMPv3が一部のCiscoデバイスで機能していなかった問題を修正しました
28.606アーリーアクセス五月7日, 2020改善点:
  • SNMPv2のSHA3サポートが追加されました
  • ExpectのオプションとしてSSHJライブラリを追加しました。 これには、4096ビットのDiffie-Hellmanグループを含む、より多くの暗号、アルゴリズム、および鍵交換が含まれます。
  • MariaDBドライバーをmariadb-java-client-2.5.4.jarに更新しました
  • リモートセッションのログの改善
修正:
  • 一部のマシンに非ルートとしてインストールしたときにコレクターが起動しなかったLinuxインストーラーの問題を修正しました
28.005必要な一般リリース五月5日, 2020改善点:
  • PowerShellスクリプトでのトークン置換のPropertySourceサポート
  • を介したNTLMv2認証のサポート wmi.authType 財産
  • 今すぐポーリング機能を使用する場合のより洞察に満ちたエラーメッセージと診断
  • プロキシを使用するように構成されたコレクターを介したリモートセッションのサポート
  • SSEおよびコレクターのパフォーマンス監視のための改善されたメトリック
  • コレクターロギングのクリーンアップ
  • トポロジマッピングのサポート
修正:
  • SyslogEventSourcesのホストがないCiscoSyslogメッセージの正確な解析
  • Groovyスクリプトの正常な実行を妨げていたSSL検証の問題の修正
28.605アーリーアクセスMarch 19, 2020改善点:
  • MS SQLjarをmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarにアップグレードしました
  • Syslogコレクターのメモリー使用量の改善
  • SSEの起動に失敗した場合のログイベントを追加しました
  • コレクターレポートメカニズムの内部改善
修正:
  • Windowsイベントが生成されたときに## MESSAGE ##トークンが適切なコンテンツをレンダリングできなかったメッセージ解析の問題を修正しました
28.604アーリーアクセス8年2020月XNUMX日改善点: 

  • JDKをAmazonCorretto 11.0.5.10.1に更新しました(2019年XNUMX月のクリティカルパッチアップデート)。

修正:

  • 無効なポート「0」のNetFlowアグリゲーションエッジケースを修正すると、[トラフィック]タブに表示の問題が発生していました。
  • 28.003で導入された、インスタンス識別子に「。」が含まれている場合にBatchscriptコレクションが破損する問題を修正しました。
  • エッジケースでPingチェックが誤ってステータス24を返す原因となる問題を修正しました。
28.004オプションの一般リリースOctober 25, 2019修正:
 

  • 28.003で導入された、インスタンス識別子に「。」が含まれている場合にBatchscriptコレクションが破損する問題を修正しました。
28.003オプションの一般リリースOctober 15, 2019改善点: 

  • インスタンスの数が非常に多いBatchscriptデータソースのパフォーマンスが向上しました。

修正:

  • エッジケースでPingチェックが誤ってステータス24を返す原因となる問題を修正しました。
    • EA28.500からバックポート
28.603アーリーアクセスSeptember 5, 2019改善点:
 

  • CorrettoJREを11.0.4に更新しました
28.602アーリーアクセスAugust 8, 2019修正:
 

  • JDBC Active Discoveryが「Port#List」フィールドを無視するバグを修正しました。
28.601アーリーアクセスJuly 24, 2019修正:
 

  • コレクター構成がUIで編集されないようにするウォッチドッグの問題を修正しました
  • 注:28.600からアップグレードする場合、上記のウォッチドッグの問題により、通常のアップグレードが妨げられます。 ウォッチドッグのバグを回避して28.601に更新するには、次のXNUMXつのオプションがあります。
    • ホストからコレクターをアンインストールし、ポータルからコレクター28.601をダウンロードして(LogicMonitorでコレクターオブジェクトを削除または再作成する必要はありません)、ホストにインストールします。
    • コレクターのデバッグウィンドウを開き、 !再起動 コレクターを再始動するコマンド。 これにより、一時的に環境が修正され(次の自動コレクター資格情報ローテーションまで)、ポータルを介してアップグレードできるようになります。
      • ドロップダウンUIメニューからコレクターを再起動しても、回避策は機能しません。デバッグコマンドである必要があります。
28.600アーリーアクセスJuly 5, 2019修正:
 

  • 次のようなコレクター署名の問題を修正しました。
    • ウイルス対策ソフトウェアから誤検知を引き起こす
    • 収集およびレポートタスクをブロックする
28.501アーリーアクセスJune 21, 2019修正:
 

  • 次のようなコレクター署名の問題を修正しました。
    • ウイルス対策ソフトウェアから誤検知を引き起こす
    • 収集およびレポートタスクをブロックする
28.500アーリーアクセスJune 14, 2019改善点: 

  • コレクターインストーラーはBashを使用し、systemdとインターフェースするようになりました。 v28.500で120をダウンロードした場合でも、Perlが使用されます。
  • !logsurf debugコマンドは、テストスクリプトの詳細を表示するようになりました。
  • 外部スクリプトのトラブルシューティングのためにPIDがログに記録されるようになりました。

修正:

  • XNUMXつのリソースのIPアドレスが同じでホスト名が異なる場合にSNMPコレクションが破損するバグを修正しました。
  • コレクターを再起動するときに、Pingデータ収集について誤ったデータが報告されない可能性を回避します。
  • 一部のNetFlowv9データが特定の状況で破棄される問題を修正しました。
  • エッジケースでPingチェックが誤ってステータス24を返す原因となる問題を修正しました。
  • Syslogコレクターのメモリリークを修正しました。
  • URLに特殊文字が含まれているとJDBCコレクションが失敗するバグを修正しました。
28.400アーリーアクセス五月23日, 2019改善点: 

  • Test EventSource(SNMPトラップ、syslog、ログファイル)機能のサポートが追加されました
  • CollectorはAmazonのCorrettoJDK11で実行されるようになりました
    • 注意:
      • この変更により、32ビットオペレーティングシステムのサポートが終了しました
      • 少なくとも最初は、これによりCPUとメモリの使用量が約10%増加します。 今後のバージョンでは、これを減らすよう取り組んでいます。
  • !logsurf debugコマンドは、sbproxy.logから追加のログコンテキストを提供するようになりました(WMI、Perfmon、およびPingタスク用)
  • CPUスパイクを回避するためのPropertySourceスケジューリングの改善
  • Windowsのインストーラーは、サイレントエラーを回避するために、インストールが成功したことを確認するようになりました。
  • 無関係なロギングを削除することにより、NetFlowのパフォーマンスが向上しました
  • AWSSDKを1.11.431から1.11.548にアップグレードしました

修正:

  • エラーが発生してもOKと表示される!tplistの「STATUS」フィールドを修正しました
28.300アーリーアクセス五月7日, 2019改善点: 

  • 新しいコレクターデータソースを介した全体的なメモリとCPU使用率のより良い監視。
  • ActiveDiscovery履歴のコレクタメモリ使用量を減らします。
  • Linuxコレクターは非特権を作成します ロジックモニター 非ルートが選択されたときにコレクターを実行するユーザー。
  • システムのsnmpwalkおよびsnmpgetコマンドの実行のサポート(useSystem = true)
  • 内部WebチェックのSSEメモリ使用量の削減
  • ギャップを回避し、より多くの場合に実際のエラーコードを返すように、WMIエラー処理ロジックを改善しました
  • Test Active Discovery for SNMPは、getNextとgetBulkの両方の診断コマンドを返すようになりました
  • 無効な接続が誤ってキャッシュされた場合の潜在的なデータギャップを回避するために、JMXデータ収集ロジックを改善します
  • 部分的にしかアンインストールされなかった一部のシナリオで、コレクターを完全に削除するようにアンインストーラーを改善しました

修正:

  • ESXコレクターでの潜在的なメモリリークを修正しました
  • WindowsCollectorのデバイス名が誤って「不明」と表示される問題を修正しました
  • Syslogコレクターが過剰なメモリを使用していた問題を修正しました
  • インストールディレクトリに役に立たないフォルダを作成するエラーを修正しました
28.200アーリーアクセス10月2019日, XNUMX改善点:
 

  • PropertySourcesのメモリ使用量の削減
  • CPU使用率の最適化
  • SSEデータソースのインスタンス名の改善
  • NetFlow診断メッセージングの改善
  • クエリの失敗を回避するためのWindowsEventLogクエリの時間範囲処理の改善
  • かわった pdh.auto.switch.to.native.enable デフォルトに true。 また、Perfmonコレクションが失敗する問題を修正しました pdh.datacache.enable影響により pdh.auto.switch.to.native.enable 両方に設定されました true
  • JMXコレクションは、MBeanの特殊文字「:」をサポートするようになりました

修正:
  • 重複するワイルド値を持つ一部のインスタンスがデータなしを報告する原因となるバッチスクリプトコレクションのキャッシュ動作を修正しました
  • WMIのPollNowDiagnosisでのパスワード公開の問題を修正しました
  • NetFlowが破損したデータを破棄せずに記録する問題を修正しました
  • わずかなクロックスキューが原因でJobMonitorsが予期せずアラートを出す問題を修正しました。 (ラッパースクリプトから)報告されたジョブの時間がSantabaの時間とXNUMX分以上異なる場合は、Santabaの時間を使用します。
  • ウォッチドッグがハングし、コレクターのアップグレードが妨げられる可能性がある状態を修正しました
28.002オプションの一般リリース2月2019日, XNUMX修正: 

  • ワイルド値が重複している一部のインスタンスがデータなしを報告する原因となるバッチスクリプトコレクションのキャッシュ動作を修正しました。
  • WMIのPollNowDiagnosisでのパスワード公開の問題を修正しました。
28.001オプションの一般リリースMarch 21, 2019修正: 

  • ドメイン名に「-」が含まれていると、JDBCADとコレクションが失敗する問題を修正しました。
  • Groovyタスクでのメモリリークの問題を修正しました。
28.100アーリーアクセスMarch 20, 2019

改善点:

  • コレクターは、WindowsとLinuxの両方で管理者権限またはroot権限なしで実行できるようになりました。
    • 初期インストールには、管理者/ root権限が引き続き必要です。
  • Syslogのパフォーマンスが改善されました。
  • JREキーストアへの変更は、コレクターのアップグレード中に保持されるようになりました。

修正:

  • InstallShield Wizardのプログレスバーがいっぱいにならず、プロセスに関して不必要な不確実性が発生する問題を修正しました。
  • NetScanは、同じサブネット外のホストをスキャンするためにARPを使用しません。 これにより、誤ったデバイスタイプが報告されます。
  • SNMPv3使用時に発生する可能性があったメモリリークを修正しました。
  • タイムアウトした場合にPingタスクがデータを報告しない問題を修正しました。
  • ドメイン名に「-」が含まれていると、JDBCADとコレクションが失敗する問題を修正しました。
  • Groovyタスクでのメモリリークの問題を修正しました。
28.000オプションの一般リリースFebruary 27, 2019GD Collector 28.000は、27年2019月XNUMX日に利用可能になります。このバージョンには、 GD 27.001GD 27.002GD 27.003GD 27.004GD 27.005、 と同様 EA 27.100, EA 27.200, EA 27.300EA 27.400, EA 27.500, EA 27.600, EA 27.700, EA 27.750、EA 27.751、 EA 27.800, EA 27.850, EA 27.900. 

GD 27.001と比較して、このバージョンのハイライトは次のとおりです。

  • プロパティソースは、Powershellスクリプト内のトークン置換をサポートするようになりました 
  • wmi.authTypeを使用したNTLMv2認証のサポートが追加されました
  • より洞察に満ちたPollNowエラーメッセージと診断
  • リモートセッションは、プロキシを使用するように構成されたコレクターを介してサポートされるようになりました
  • SSEおよびコレクターのパフォーマンス監視のための改善されたメトリック
  • Syslog EventSourcesは、ホストがないCiscoSyslogメッセージを正しく解析するようになりました
  • コレクターのログをクリーンアップ
  • SSL検証によりGroovyスクリプトが正常に実行されない問題を修正しました

含まれているものの詳細については、個々のEAリリースノート(上記のリンク)を参照してください。

27.900アーリーアクセスFebruary 21, 2019
  • 一部のシナリオでWindowsイベントログのパフォーマンスを向上させる
  • ADタスクの複製ロジックを改善します。 以前は、これによりADの結果が遅延し、ADが壊れているように見える可能性がありました。
  • ADメモリ使用量の改善
  • SNMPv3コレクションのCPU使用率の削減
  • 追加されました ホストアクティブ 列から!tlist出力へ。 「true」の場合、成功したタスクは、デバイスが生きている(またはデバイスがない場合は死んでいる)ことを通知する「ハートビート」(HostStatus DataSourceを参照)に寄与します。 「false」の場合、タスクの成功がハートビートまたはコレクターのアップ/ダウンステータスに影響を与えないことを意味します。
  • sbproxyが予期せずダウンした場合に、誤ったホストダウンアラートを回避します。
27.850アーリーアクセス23年2019月XNUMX日
  • 一部のシナリオでWindowsイベントログのパフォーマンスを向上させる
  • ADタスクの複製ロジックを改善します。 以前は、これによりADの結果が遅延し、ADが壊れているように見える可能性がありました。
  • ADメモリ使用量の改善
  • SNMPv3コレクションのCPU使用率の削減
  • 追加されました ホストアクティブ 列から!tlist出力へ。 「true」の場合、成功したタスクは、デバイスが生きている(またはデバイスがない場合は死んでいる)ことを通知する「ハートビート」(HostStatus DataSourceを参照)に寄与します。 「false」の場合、タスクの成功がハートビートまたはコレクターのアップ/ダウンステータスに影響を与えないことを意味します。
  • sbproxyが予期せずダウンした場合に、誤ったホストダウンアラートを回避します。
27.800アーリーアクセス3年2019月XNUMX日
  • SNMP PollNow診断メッセージが改善されました。
  • 外部/アップロードされたスクリプトの実行時のPollNowエラーメッセージが改善されました。
  • アップグレード中に、コレクターは、アップグレードするために強制終了する必要がある、強制終了できないプロセスを報告します。
  • コレクターユーザーに必要な権限がない場合、インストーラーは警告を表示します。
  • コレクターロギングのさまざまな改善。
  • より良いです -助けて の出力 !tlist debugコマンド。
  • 「エラーステータス」フィールドに「noSuchName」を返すSNMPエージェントを処理します。
  • デフォルトの設定がwatchdog.confに変更されました。
    • サイン.logfile.compress.maxfiles 10から5に変更されました
    • wrapper.logfile.maxfiles 3から2に変更されました
  • デフォルトの構成がwrapper.confに変更されました。
    • サイン.logfile.compress.maxfiles 10から20に変更されました
    • wrapper.logfile.maxfiles 3から2に変更されました
  • 次の構成ディレクティブの名前が変更されました。
    • Discover.global.timeoutInSec -> Discover.default.timeoutInSec (デフォルトは3600)
    • Discover.perfmon.timeout -> Discover.perfmon.timeoutInSec (デフォルトは120)
    • Discover.wmi.timeout -> Discover.wmi.timeoutInSec (デフォルトは120)
  • ADスクリプトタイムアウト設定ディレクティブを追加しました Discover.script.timeoutInSec デフォルト値は300秒です。
  • エージェントとの通信が中断されたときにsbwinproxyが必要以上のメモリを使用する問題を修正しました。
  • PowerShellスクリプトが「画面を指定された行数と列数に設定できない」と報告する問題を修正しました。 今すぐポーリングまたはデバッグウィンドウから実行する場合。 これは、コレクターがすでにデフォルト値に設定されているにもかかわらず、画面の列数をデフォルト値に設定しようとしたために発生しました。
  • 再認証が必要なエラーコードの処理が不適切なためにWMIクエリが失敗するバグを修正しました。
  • シーケンスIDの再利用が原因で、一部のファイアウォールでping収集が失敗する問題を修正しました。
27.751アーリーアクセスDecember 25, 2018
  • 頻繁に変更される10,000を超えるインスタンスを持つ単一のデバイスを監視するときに、一部のコレクターがガベージコレクションに過剰なメモリとCPUを使用するバグを修正しました。
27.005必要な一般リリースDecember 5, 2018
  • 25.200以降、ADフィルターに存在しないOIDがあると、フィルターがNotExist操作を使用していない限り、インスタンスがADからフィルターで除外されます。 これにより、NotEqual、NotContains、RegexNotMatchなどの他の操作を使用するときに予期しない動作が発生します。 存在しないOID応答は、これらの操作で評価するときに空の文字列(“”)として扱われるようになりました。
  • PropertySourcesのトークン置換は、GroovyとPowerShellで機能するようになりました。 トークンの置換よりもパフォーマンスを向上させるために、GroovyスクリプトでhostProps.get()、instanceProps.get()、またはtaskProps.get()を使用することをお勧めします。
  • キャッシュファイルからのDNS解決に失敗しても、コレクターの起動に失敗しなくなりました。
  • エージェントとの通信が中断されたときにsbwinproxyが必要以上のメモリを使用する問題を修正しました。
27.750アーリーアクセスNovember 22, 2018
  • HTTPコレクターADは、デフォルトのポート(80、443)を「ホスト」ヘッダーに追加しません。 ほとんどのブラウザ、および!http debugコマンドは、ポートを「ホスト」ヘッダーに追加しなかったため、リモートサーバーが「ホスト」ヘッダーに追加されたポートを処理できない場合に不一致が発生しました。
  • Syslogコレクションは、マイクロ秒単位のタイムスタンプをサポートするようになりました。
  • NetFlowの初期化時に、ファイルがagent.confのnetflow.datadir.maxSizeInMBディレクティブを超えると、コレクターはローカルに保存されたNetFlowデータベースを削除します。 これにより、NetFlowが過剰なコレクタディスクスペースを使用するのを防ぎます。
  • Ping、SNMP、またはWMIコレクションでPoll Nowが失敗すると、コレクターは問題の診断を試み、結果に提案(および診断に使用されるコマンド)を含めます。
    • ping診断は、コレクターOSのpingバイナリを呼び出します。
    • SNMP診断では、コレクターに含まれているバイナリを使用します。
    • WMI診断では、PowerShellのGet-WMIObjectコマンドレットを使用します。
  • Webページコレクターでのgzipエンコーディングの処理を修正しました。
  • JSch2016にパッチを適用したCVE-5725-0.1.53。
27.700アーリーアクセスNovember 2, 2018
  • WMI、Perfmon、およびPingコレクションのメモリ効率が向上しました。
  • !packetcapturedebugコマンドで生成された未使用の.cabファイルが自動的に削除されるようになりました。
  • メモリ使用量の改善。
  • ロギング出力のさまざまな改善。
  • 特に多数のインスタンスを処理するコレクターの場合、ホストフィードを消費するときのSSEメモリ使用量が改善されました。
  • Perfmonコレクションがウォッチドッグのハートビートに干渉し、誤ったホストステータスアラートが発生する可能性がある問題を修正しました。
27.004オプションの一般リリースNovember 1, 2018
  • SSEは、RAMの不足やその他のエッジケースのために、SSEをサポートできないコレクターで自動的に無効になります。
  • WMI、Perfmon、およびPingコレクションのメモリ効率が向上しました。
  • 特に多数のインスタンスを処理するコレクターの場合、ホストフィードを消費するときのSSEメモリ使用量が改善されました。
  • さまざまな安定性の改善。
  • 一部のCiscoデバイスとの互換性の問題を修正するために、JSchライブラリを0.1.53から0.1.54に戻しました。
  • sbproxyが誤って終了する問題を修正しました。
27.600アーリーアクセスOctober 15, 2018
  • Syslog EventSourcesは、シスコのsyslogのフレーバーを認識して正しく解析するようになりました。
  • 組み込みのNetAppコレクターの効率が向上しました。
  • 非常に長いコレクターイベントメッセージをいくつか削除しました。
  • PowerShellスクリプトの効率が向上しました。
  • 今すぐ投票からのより洞察に満ちたエラーメッセージ。
  • NetScanスクリプトのタイムアウトがagent.confで構成できるようになりました(d60秒までの障害)。
  • コレクターがUIから再起動されたときに、sbproxyがタイムリーに再起動しない問題を修正しました。
  • sbproxyが誤って終了する問題を修正しました。
  • デバイスIDが大きすぎるとデータが破棄されるNetFlowのバグを修正しました。
  • 27.500にアップグレードした後にPowerShellスクリプトを実行できなかった問題を修正しました。
27.500アーリーアクセスSeptember 13, 201827.003、プラスのすべての修正が含まれています。 

  • icmpポーリングでホストごとに一意のIDを使用するオプションが追加されました。
  • SSEおよびコレクターのパフォーマンス監視のメトリックが改善されました。
  • 破損したagentdns.cacheファイルで再起動すると、コレクターが起動しなくなる問題を修正しました。
27.003オプションの一般リリースSeptember 13, 2018
  • SSEエンジンは、サードパーティのjar用に、関連するパスを含むカスタムlibフォルダーをサポートするようになりました。
  • 一部の親メトリックが無効である可能性がある状況で、並列perfmonメトリック収集を実行するオプションが追加されました。
  • コレクターがデータを報告している可能性があるが、完全には収集されていない状況を識別するために、コレクターレポーターのステータス監視を追加しました。
  • Watchdogがコレクターエージェントを再起動するために使用するロジックを改善することにより、コレクターが繰り返し再起動されるバグを修正しました。
  • メトリックを個別に収集するときに「ConcurrentModificationException」エラーが発生するSNMPコレクションのバグを修正しました。
  • スタンドアロンスクリプトエンジンを無効にした後、特定のGroovyスクリプトが機能せず、このエラー「タスクの実行をスケジュールできません」が表示されるバグを修正しました。
  • 「reporter.persistent.queue.consume.rate」構成設定が使用されていなかったバグを修正しました。
  • 非常に大きなホストエントリがOutOfMemory例外を引き起こすバグを修正しました。 スクリプトは後で実行するようにスケジュールされるか、SSEは、構成された開始時間内にプロセスが登録されない次の再起動まで無効になります。
  • スタンドアロンスクリプトエンジンのリソースリークを修正し、OutOfMemory例外とSSEが生成するプロセスが多すぎる場合の保護を強化しました。
  • sbwinproxyでのDLLハイジャックを防ぐためのセキュリティの強化。
27.400アーリーアクセスAugust 17, 2018
  • リモートセッションは、プロキシを使用するように構成されたコレクターを介してサポートされるようになりました。
  • トラブルシューティングに役立つPingおよびPerfmonデータソースのPollNowエラーメッセージが改善されました。
27.300アーリーアクセスJuly 25, 2018
  • 現在提供されているバージョンに、特定のMySQLJDBCドライバーjarとして指定する機能が追加されました。
  • JSONデータのWebページコレクションがローカルにキャッシュされるようになり、大きなデータセットの読み取りのパフォーマンスが向上しました。
  • TCP接続が正しく再利用されず、以前のバージョンよりも大幅に多くのオープン接続が作成される問題を修正しました。
27.002オプションの一般リリースJuly 25, 2018
  • SSL証明書の検証により、特定のGroovyスクリプトが正常に実行されない問題を修正しました。
  • ウォッチドッグプロセスがSBProxyプロセスを頻繁に再起動する問題を修正しました。
  • 26.XXXから27.XXXにアップグレードすると、データ収集タスク数の変動が大きくなる問題を修正しました。 Collector.max.init.delay.in.secondsのタイムアウト値はデフォルトで600になりました。
  • 遅いエンドポイントに対するperfmonの初期化により、sbproxyサービスが再起動する可能性がある問題を修正しました。
27.200アーリーアクセスJuly 10, 2018
  • Powershellスクリプトのメモリ処理を改善しました。
  • JDBCデータソースで今すぐポーリングすると、より詳細なエラーメッセージが表示されるようになりました。
27.001オプションの一般リリースJuly 10, 2018
  • JDBCデータの収集とTLS接続の作成に関する問題を修正しました。
  • SBWinProxyはランダムに再起動し、Pingデータソースを監視する機能に影響を与えていました。
  • スクリプト環境周辺のデフォルトのメモリ割り当てを改善しました。
  • agent.confでproxy.enable = trueの場合、コレクターはプロキシ証明書の有効性を確認します。 証明書が有効性チェックに失敗した場合、コレクターはSantabaに接続しません。
27.100アーリーアクセスJune 13, 2018
  • PowerShellで記述されたPropertySourcesは、トークンの置換をサポートするようになりました。
  • wmi.authTypeを使用したNTLMv2認証のサポートが追加されました。
27.000オプションの一般リリースJune 12, 2018GD Collector 27.000は、12年2018月XNUMX日に利用可能になります。このバージョンには、 GD 26.001、 と同様 EA 26.100EA 26.200EA 26.201EA 26.300EA 26.400EA 26.500EA 26.600 影響により 26.601

GD 26.001と比較して、このバージョンのハイライトは次のとおりです。

  • プロパティソースがPowershellスクリプトをサポートするようになりました
  • Windows2003のサポートを削除しました
  • WindowsCollectorインストーラーとファイルが署名されました
  • イベントソースの今すぐテスト機能のサポート(データソースで今すぐポーリングするのと同様)
26.601アーリーアクセス五月29日, 2018EA Collectors 26.100 – 26.600を使用しているすべての人に、このバージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。 このバージョンは、次のオプションの一般リリースコレクターになります。 このリリースには、次のものが含まれています。 

  • 接続の問題のためにインストーラーがプロキシ情報を要求していたWindows2008R2のインストールの問題を修正しました。
  • SQLステートメントに含まれる特定の特殊文字に関連するデータ収集の問題を修正しました。
26.600アーリーアクセス五月17日, 2018
  • CPU使用率が非常に高くなるSNMPv3コレクションの問題を修正しました。
  • 「WMIプロバイダーの読み込みエラー」の問題を修正しました。
  • 特定のコレクターアップグレードパスがAgent.confファイルのカスタマイズを適切に維持/調整しない問題を修正しました。
26.500アーリーアクセス12月2018日, XNUMX
  • v103で提供されるEventSource Test Now機能(データソースのPoll Nowと同様)のサポート。
  • Webサイトへのサービスの名前変更をサポートするための構成の更新/変更。
  • SNMPで5バイトの整数のサポートが追加されました。
26.400アーリーアクセスMarch 22, 2018
  • より長いデータソース収集間隔のサポート。
  • 新しいプロパティ「collector.script.timeout」をインスタンス、デバイス、またはグループに設定でき、そのプロパティ値を、プロパティが適用されるインスタンスのスクリプトタイムアウトとして使用します。
  • レポートスレッドの処理を改善し、デバイス数の多いコレクターがより重い負荷の際にタスクをより効率的に処理できるようにしました。
26.300アーリーアクセスMarch 4, 2018
  • Groovy Scriptingは、更新されたHTTPJavaクラスの一部としてPUTおよびDELETEメソッドをサポートするようになりました。
  • 収集されたログソースのエンコーディングを選択または自動検出できるようにする、今後のログファイルイベントソースエンコーディングオプションのサポート。
  • プロパティソースでの今後のPowershellサポートのサポート。
26.201アーリーアクセス29年2018月XNUMX日
  • 内部サービスチェックのバグを修正して、代替ポート番号でのSSLチェックをより適切にサポートするようにしました。 
26.200アーリーアクセス26年2018月XNUMX日
  • 今後のv101リリース機能拡張のサポートプロパティソースはPowerShellスクリプトをサポートします。
  • このバージョンのコレクターでは、Windows 2003はサポートされなくなり、インストールとアップグレードによってブロックされます。
  • サービスチェックは、SSLエラーを識別し、それらを個別のアクションとして停止する機能をサポートするようになりました。 したがって、チェックでSSLエラーを識別できますが、残りのサービス機能の確認は続行されます。 26.200を使用して、内部サービスチェックでこの機能を使用します。
26.001オプションの一般リリース23年2018月XNUMX日
  • GD 26.001は、LogicMonitorのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるGD26.000で特定された問題を修正します。 26.000を実行している場合は、この新しい26.001バージョンに更新してください。
26.100アーリーアクセス16年2018月XNUMX日
  • スクリプト化されたデータ収集とアクティブディスカバリーの安定性が向上しました。
  • v100では、WindowsCollectorインストーラーがセキュリティ強化のために署名されます。
  • 以前は、コレクターがESXサーバーの更新中にESXデータを要求した場合、コレクターが再起動されるまで「データなし」と報告していました。 これは、コレクターが再起動せずに回復できるように改善されました。
  • MySQLおよびSQLServerのTLS1.1 /1.2のサポートが追加されました。
26.0オプションの一般リリース4年2018月XNUMX日
  • このバージョンには、GD 25.001のすべてに加えて、EA 25.100、EA 25.200、EA 25.300、およびEA25.400が含まれています。
  • NetScanの速度とパフォーマンスが向上しました。
  • サービスチェックのSSL有効期限の追跡とアラートのサポート。
  • LMConfigSourcesで構成チェックを定義するためのGroovyスクリプトのサポート
25.400アーリーアクセスDecember 18, 2017
  • WMIのパフォーマンスと容量が向上しました。
  • Active DiscoveryおよびAuto-Propertyプロセスが改善され、タスクの重複を防ぎ、メモリ使用量を削減しました。
  • SNMP ActiveDiscoveryタスクのタイムアウトを300秒に増やしました。 これは、agent.confのad.snmp.walk.timeoutパラメーターを介して変更できます。
  • snmpwalkタイムアウトロジックが改善されました。
25.300アーリーアクセスNovember 9, 2017
  • Perfmonコレクションのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • WMIコレクションのパフォーマンスと容量の改善。
  • Windows Collectorインストーラーが改善され、アクセス許可/インストール手順がわかりやすくなりました。 コンピュータがドメイン上にあるかどうかを自動的に検出し、この場合にのみ個別のドメインフィールドを表示するようになりました。
  • v97でのSSL有効期限監視のサポート。
25.001オプションの一般リリースOctober 25, 2017
  • GD 25.001は、25月上旬にリリースされたGD 2017に代わるものとして、25.000年25.000月25.000日にリリースされます。 その後、特定の条件下でPowerShellスクリプトの実行で問題を引き起こす可能性のあるGD25.001の問題を特定しました。 GD XNUMXでは、PowerShell例外をトラップするコレクターの機能が改善されました。これにより、PowerShellスクリプトの実行が終了して無害なエラーが発生する可能性があります。 GD XNUMXでこれを修正し、徹底的にテストしました。
25.200アーリーアクセスOctober 19, 2017
  • NetScanの速度とパフォーマンスが向上しました。 MACアドレスの検出とネットワークインターフェイスメーカーの検索のためのNpcapパケットキャプチャを追加しました。
  • groovyスクリプトを使用して、LMConfigSourcesで構成チェックを定義できるようになりました。
  • pingパッケージがファイアウォールによってドロップされないようにするために、コレクターのデフォルトのpingパケットサイズを減らしました。 これを変更するには、コレクターのservice.confファイルの「ping.payload.size」パラメーターを変更します。
  • !getdebugコマンドを削除しました。
25.0オプションの一般リリースSeptember 8, 2017
  • このバージョンには、MGD 24.002のすべてに加えて、EA 24.085、EA 24.126、EA 24.200、およびEA24.300が含まれています。
  • 簡単な容量調整–コレクター構成ウィンドウに移動し、新しいコレクターサイズ(小、中、または大)を選択して、必要なパラメーターを自動的に更新し、コレクターの容量を即座に増減します。
  • すべてのデータ収集方法と内部サービスチェック(まだtracerouteを含まない)でのIPv6のサポート。
  • コレクターのダウンロードの高速化–コレクターを追加する場合は、「ブートストラップ」を選択して、LogicMonitorCDNを介してコレクターをはるかに高速にダウンロードおよびインストールします。
24.300アーリーアクセスAugust 25, 2017
  • より高速なコレクターのダウンロード! コレクターバージョン24.300以降をv94で追加すると、完全なコレクターパッケージではなく、ブートストラップをダウンロードするオプションが表示されます。 ブートストラップは、LogicMonitorCDNを介してコレクターをはるかに高速にダウンロードおよびインストールできるようにする小さなインストールパッケージです。
  • コレクター構成ウィンドウにservice.configタブを追加しました。 これは、内部サービスチェックのプロキシおよびその他の設定を構成する場合に役立ちます。
  • コレクターのCPU使用率を減らすためのSNMPパフォーマンスの改善。
  • ConfigSourcesによって使用されるメモリの量を減らしました。
24.126アーリーアクセスJuly 14, 2017
  • このバージョンは、ワンクリック容量の最適化をサポートしています。 これで、コレクター構成ウィンドウに移動し、ドロップダウンメニューから新しいコレクターサイズ(小、中、または大)を選択できます。
  • UIを介して行われた構成変更に健全性チェックを追加しました
  • すべてのデータ収集方法でIPv6をサポートするためのいくつかの改善。
  • 内部サービスチェック用にプロキシを構成する機能が追加されました。 この構成は、コレクターのservice.confファイルで設定されます
24.002必要な一般リリースJune 29, 2017
  • このコレクターには、24.001で使用可能なすべての機能と、次の変更が含まれています。
  • コレクターのアップグレードプロセスの背後にあるロジックを改善して、アップグレード中にカスタムスクリプトとjarファイルが誤って削除されないようにしました。
  • Powershellスクリプトで二重円記号が正しく解釈されない問題を修正しました。
  • 「://」が含まれているためにサービスチェックが失敗するのを防ぐためのDNS解決の改善

記事上で