StackStorm統合のユースケースの例:ディスクスペースの使用量に対応するカスタムアクション

最終更新日:08年2022月XNUMX日

次の例では、StackStorm統合を使用して、環境内のディスクスペース使用量に対応するアクションを自動化する方法について説明します。 この例では、StackStormでアクションを実行するルールを設定する方法と、StackStormルールのLogicMonitorアラートを構成する方法について説明します。

ディスクスペースの使用量がLogicMonitorのアラートで指定されたしきい値を満たしている場合、StackStormで構成したルールにより、関連するアクションがトリガーされ、ディスクスペースの使用量に応答します。

注意: この例では、StackStormがインストールされているデバイスにLogicMonitorコレクターがインストールされている必要があります。

StackStormのルールとアクションの設定

StackStormがデバイスにインストールされた後、StackStormでルールを確立して 使用率 アラート。 ルールがアクションを実行してカスタマイズされたスクリプトを実行するように指定できます。 ルールの作成とルールに基づいてアクションを実行する方法の詳細については、StackStormのを参照してください。 キャンペーンのルール のドキュメントで詳しく説明されています)。

注意: 世界 使用率 アラートはLogicMonitorポータルで構成されます。

StackStormルールのLogicMonitorアラート構成

アラートをLogicMonitorからStackStormにルーティングできます。 これには、LogicMonitorポータルでデータソースを構成し、 使用率 アラート。 これにより、StackStormで作成したルールが関連するアクションを実行できるようになります。

を設定する 使用率 アラートには、インポートが含まれます SNMP_ファイルシステム_使用法 LogicMonitorExchangeからのデータソース。 このデータソースには、 使用率 DataPoint。

このデータソースを作成するときは、次の点に注意してください。

  • データソースは、StackStormがインストールされているコレクターまたはデバイスに適用する必要があります。
  • のアラートしきい値 使用率 DataPointはルールの設定に影響を与えます。

見る データソースの作成.

注意: この例では、コレクターがインストールされているデバイスにあるsnmp.confファイルに以下を追加する必要があります。
extend diskstats /bin/cat /proc/diskstats
これにより、LogicMonitorはデバイスからディスクスペース使用量データを収集できます。

StackStormにアラートをルーティングするには、LogicMonitorポータルの受信者としてStackStorm統合を使用してエスカレーションチェーンを設定する必要があります。 これにより、このエスカレーションチェーンでアラートルールを追加できます。 使用率 DataPointからStackStormへ。 見る エスカレーションチェーン 及び アラートルール.

StackStormアラート応答

StackStormがインストールされているデバイスの合計ディスク容量が、LogicMonitorポータルで構成したアラートしきい値に達すると、LogicMonitorはアラートをトリガーします。 このアラートはStackStormにルーティングされ、StackStormは、StackStormで構成したルールに基づいてアラートに応答するアクションをトリガーします。

StackStormがアラートを受信して​​応答するのを観察し、アクションの実行前後にデバイスのディスク容量を測定できます。

記事上で