サポートセンターホーム


SNMPファイルシステムの監視

概要

LogicMonitorは、SNMPを使用して、さまざまなオペレーティングシステム全体のホストファイルシステムの容量を監視します。

ファイルシステム監視データソース

LogicMonitorは、SNMPを介したファイルシステム監視用のいくつかのデータソースを提供します。

  • SNMP_ファイルシステム_使用法
  • SNMP_ファイルシステム_ステータス
  • FreeBSD_ファイルシステム_使用法

SNMP_Filesystems_ *データソースについて

世界 SNMP_ファイルシステム_使用法 影響により SNMP_ファイルシステム_ステータス データソースは、LinuxやUnixなどのオペレーティングシステムのファイルシステムの使用状況とステータスの監視をそれぞれ提供します。

これらの2020つのデータソースはXNUMX年XNUMX月にリリースされ、最終的には置き換えられる予定です。 snmpHRDisk- 影響により snmpHRLargeDisk-。 ただし、 snmpHRDisk- 影響により snmpHRLargeDisk-、LogicMonitorは、現在レガシーなデータソースが正式に非推奨になる前に、これらの新しいデータソースを採用するための十分な時間を提供しています。 同じように、新しいデータソースは、アラートしきい値を設定せずに一時的に展開され、両方のセットのユーザーが重複するアラートノイズに襲われないようにしています。 (推奨されるアラートしきい値は、移行プロセスの一部として新しいデータソースのセットでアラートを有効にする準備ができたときにテクニカルノートに記載されています。)

新しいですが SNMP_ファイルシステム_使用法 影響により SNMP_ファイルシステム_ステータス データソースは多くの監視機能拡張を提供します。最新のセットと現在のレガシーセットの間にはXNUMXつの主要な差別化要因があります。

  • ステータス監視は、ファイルシステムの使用状況データが必要なインスタンスのフィルタリングを防ぐために、使用状況の監視から分離されました。
  • 新しい SNMP_ファイルシステム_使用法 DataSourceはより大きなブロックサイズをサポートするため、より大きなファイルシステム専用のDataSourceを用意する必要はありません。
  • 新しいデータソースは、標準のルート予約を考慮して5%の調整を強制しなくなりました。 代わりに、ルート予約データは、収集されたデータの計算を強制するのではなく、アラートしきい値に組み込まれます。 これにより、アラートしきい値の理解と設定がより直感的になり、ファイルシステムの使用率が100%を超えると混乱する可能性がなくなります。 (従来のデータソースをまだ使用していて、100%を超えていると表示される使用法のトラブルシューティングを行う場合は、 100%を超える使用法のトラブルシューティング このサポート記事のセクション。)

FreeBSD_Filesystem_Usageデータソースを理解する

世界 FreeBSD_ファイルシステム_使用法 DataSourceは、FreeBSDオペレーティングシステムのファイルシステムの使用状況を監視します。 2020年XNUMX月にリリースされ、現在は廃止されているものに取って代わります snmpFreeBSDDisk- 情報元。 機能拡張には、OpenBSDシステムを含む更新されたAppliesToステートメントが含まれます。 ファイルシステム上で0〜100バイトのファイルを検出できるようにフィルターを更新しました。 新しい複雑なデータポイント。 8TBを超えるドライブと4K以外のブロックサイズのサポート。 グラフの5%の過補正の修正。

100%を超える使用法のトラブルシューティング

レガシーからまだ移行していない場合 snmpHRDisk- 影響により snmpHRLargeDisk- データソース、100%を超える使用状況メトリックが表示される可能性があります。 これは、LogicMonitorが、ファイルシステムにファイルシステムスペースの5%がルート専用に予約されていると想定しているためです(ファイルシステムがいっぱいになった場合にファイルを移動およびコピーする機能を許可する標準的な方法)。 このパーセンテージは通常、ファイルシステムの作成時に調整可能ですが、データソースはデフォルトの5%を想定しています。


LogicMonitorがroot以外のユーザーの観点からファイルシステムの容量を報告する理由は、root以外のユーザーがファイルシステムのフルエラーを経験したときにLogicMonitorが5%の空き領域があることを示す状況を防ぐためです。 このデフォルトのレポートを更新する場合は、絶対使用数を反映するようにデータポイントを変更できます。 関連するデータポイントの計算は(StorageUsed /(StorageSize * 0.95)100);です。 .95係数を削除するだけです。

レガシーファイルシステムデータソースからの移行

以前に名前を付けたレガシーデータソースのいずれかを使用してファイルシステムを現在監視している場合、それらの置換をインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するために、データソース名が明示的に変更されているためです。 ただし、非推奨のデータソースと新しいデータソースの間でデータ収集が迂回され、両方がアクティブである限り、重複データを収集する可能性があります。

このため、置換をインポートした後は、リソースまたはリソースグループレベルでDataSourceインスタンスの監視を無効にすることをお勧めします。 この方法でデータソースの監視を無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。

ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソース監視を無効にする方法の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

記事上で