サポートセンターホーム


Veeamのバックアップとレプリケーションの監視

概要

Veeam Backup&Replicationは、VMwarevSphereおよびMicrosoftHyper-Vハイパーバイザー上に構築された仮想環境向けにVeeamによって開発された独自のバックアップアプリです。 このソフトウェアは、仮想マシン、物理サーバー、ワークステーション、およびクラウドベースのワークロードのバックアップ、復元、レプリケーション機能を提供します。

LogicMonitorのVeeamBackup&Replicationパッケージを使用すると、このアプリケーションのバックアップ、同期、レプリケーション操作の状態、およびVMwareとHyper-Vプロキシホストの操作状態、可用性、最大タスク数を監視できます。

互換性

Veeam Backup&Replicationパッケージは以下と互換性があることが確認されています:

  • バージョン9.0から11.0

新しいリリースが利用可能になると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

次の手順に従って、Veeam Backup&Replicationの監視を設定します。

PowerShellリモート処理

Veeam Backup&Replicationがコレクターホストにインストールされていない場合は、コレクターホストとターゲットリソース間でPowerShellリモート処理を有効にする必要があります。 PowerShellリモート処理を有効にする方法の詳細については、を参照してください。 PowerShellのヒントとコツ.

Veeam'sを参照してください PowerShellリファレンス Veeam Backup&ReplicationでサポートされているPowerShellコマンドの詳細については。

プロパティとしての資格情報の入力

LogicMonitor Collectorは、Veeam Backup&Replicationリソースに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、次のいずれかを表すことができます。

  • A Veeamユーザーアカウント の最小限の役割で Veeamバックアップビューア、Veeam Backup&Replicationへの読み取り専用アクセスを提供し(つまり、ユーザーは既存の実行済みジョブを表示し、ジョブセッションの詳細を確認できます)、PowerShellリモートアクセス権限を持っています。
  • A WMIユーザーアカウント Veeam Backup&Replicationホストにアクセスする権限があります。 このユーザーアカウントは、LogicMonitorプラットフォーム全体ですでに構成され、使用されている可能性があります。

選択したユーザーに関係なく、ユーザーはリモートPowerShellセッションを作成できる必要があります そして Veeam Backup&Replicationコンソールにアクセスします。

注意: Veeam Backup&ReplicationがCollectorホストにインストールされている場合、リモートPowerShellセッションは開始されず、代わりにスクリプトがローカルで実行されます。資格情報は必要ありません。

クレデンシャルを提供する必要がある場合は、LogicMonitor内のVeeam Backup&Configurationリソースで次のプロパティセットのいずれかを設定する必要があります。 プロパティの両方のセットが提供されている場合、Veeamプロパティが優先されます。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 デバイスのプロパティ.

プロパティ
veeam.user Veeamユーザー名
veeam.pass Veeamパスワード
wmi.user WMIユーザー名
wmi.pass WMIパスワード

考慮事項:インスタンスのマージの防止

同じタイプの複数のVeeamジョブ(バックアップ、コピー、レプリケーションなど)に仮想マシンを持つホストがある場合、マシン名が重複しているためにインスタンスがマージされる可能性があります。 重複する名前の処理を改善し、インスタンスのマージを回避するには、 veeam.instanceフォーマット Veeam Backup&Replicationホストのプロパティを値「重複排除」に設定します。

パッケージ内のLogicModules

Veeam Backup&Replication用のLogicMonitorのパッケージには、次のLogicModuleが含まれています。 これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_Veeam_BackupAndReplication_PowerShell プロパティソース デバイスがVeeamBackup and RecoveryPowerShellコマンドレットを公開するかどうかを決定します。
Veeam Jobs:バックアップ データソース Veeam BackupJobの指標。
Veeam Jobs:バックアップセッション データソース Veeam BackupJobセッションのメトリック。
Veeam Jobs:構成のバックアップ データソース Veeam構成バックアップジョブのメトリック。
Veeam Jobs:コピー データソース Veeam Copy(ファイルおよびVM)ジョブメトリック。
Veeam Jobs:マネージドエージェントのバックアップ データソース Veeam Managed Agent BackupJobの指標。
Veeam Jobs:SureBackup データソース VMWareおよびHyper-VVMのVeeamSureBackupジョブメトリック。
Veeam Jobs:VMWare SureBackups データソース VMWareVMのWVeeamSureBackupジョブメトリック。
Veeam Jobs:Windowsエージェント データソース Veeam BackupandReplicationのWindowsエージェントバックアップメトリック。
Veeamリポジトリ データソース Veeam BackupRepositoriesの指標。
VeeamVMwareプロキシサーバー データソース Veeam Backup VMware ProxyServerのメトリック。
VeeamHyperVプロキシサーバー データソース Veeam BackupHyperVプロキシサーバーのメトリック。

このパッケージによって追跡されるさまざまなメトリックにアラートしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスKPIの推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 アラートしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントのアラートしきい値の調整.

記事上で