連絡先と使用状況の概要情報

最終更新日: 29 年 2023 月 XNUMX 日

を使用して、ポータルの現在のバージョンと使用状況の概要情報を表示できます。 連絡先情報 ページイン 口座情報. さらに、請求およびアカウントに関する連絡を受け取るためのプライマリおよびセカンダリの連絡先などの連絡先情報を変更できます。

注: プライマリ連絡先情報は、LogicMonitor ポータルのセットアップ中にウィザードで作成した最初のユーザーです。

使用状況の概要

  使用状況の概要 表は、モニタリング アクティビティの使用情報と、デバイス モニタリングや動的しきい値などの使用制限があるアカウント機能を提供します。 各テーブルは、LogicMonitor の操作のさまざまな側面に専念しています。

次に、リソース、アラートとマップ、ユーザーとロール、およびしきい値とデータポイントの使用概要情報について説明します。

ワンランク上の説明
リソース
クラウドリソースLogicMonitor の Cloud Collector を使用して監視されているすべてのリソースの数。 全体的なクラウド リソース数は、パブリック クラウドごとに分類されます。

注: AWS および Azure クラウド リソース カウントの式: クラウド デバイスの合計 – 結合されたクラウド デバイスの数 – アカウントまたは課金デバイスの数。

GCP クラウド リソース数の式: GCP リソース = GCP デバイスの合計。
構成デバイスConfigSource LogicModules が適用されるすべてのリソースの数。

注: このカウントは、構成ファイルを監視およびアラートする機能を持つポータルにのみ適用されます。 この機能が LogicMonitor プラットフォームで現在利用できない場合は、カスタマー サクセスにお問い合わせください。

ダッシュボード*既存のすべてのパブリックおよびプライベート ダッシュボードの数。
Devicesモニタリングに追加されたすべてのデバイスの数。 デバイスは、標準の LogicMonitor コレクタによって監視される任意のリソースです。 さらに、標準デバイスとパブリック クラウド リソースごとに分類された全体的なデバイス数を表示できます。

注: Kubernetes リソースには専用の数があり、デバイス数には含まれません。

インスタンス*すべてのデバイス、クラウド、および Kubernetes リソースで監視されているすべての DataSource インスタンスの数。 XNUMX つのリソースは少なくとも XNUMX つのインスタンスを表しますが、DataSource がリソースごとに複数のインスタンスを検出した場合は、それ以上のインスタンスを表す場合があります。 たとえば、XNUMX つのリソースに複数のディスク、サーバー ボリューム、インターフェイス、または監視が必要なその他の同一のコンポーネントを含めることができ、これらのそれぞれがインスタンスと見なされます。 さらに、DataSource ごとに分類された全体的なインスタンス数を表示できます。
Kubernetesリソースモニタリング中のすべての Kubernetes、ノード、デプロイメント、サービス、およびポッドの数。
過去24時間のレポート*レポート数には、手動またはレポート スケジュールを使用して、過去 24 時間に正常に生成されたすべてのレポートが含まれます。
リソースグループ*から作成されたすべてのリソース グループの数 リソース ページ。 さらに、静的グループと動的グループ別に分類されたグループ全体の数を表示できます。 グループ タイプごとに、グループ レベルで設定されたプロパティの総数を確認できます。
サービスサービス数には、LogicMonitor で作成されたすべてのサービスが含まれます。 サービスは、XNUMX つ以上の監視対象リソースにわたるインスタンスのグループです。 このカウントは、LM Service Insight 機能を備えたポータルにのみ適用されます。
ウェブサイト監視対象のすべての Web サイトの数。 これには、内部と外部の両方の Web チェックと ping チェックが含まれます。
ウィジェット*複製されたウィジェットや複数のダッシュボードに追加されたウィジェットを含む、すべてのダッシュボードのすべてのウィジェットがウィジェット数に含まれます
アラートとマップ
アラートルール*保存された各アラート ルール定義の数。
未解決のアラート現在開いているアラートの数。
前日のアラート前日 (00:00 ~ 12:00) にトリガーされたすべてのアラートの数。
根本原因分析ルール保存された各根本原因分析定義の数。 このカウントは、LogicMonitor Enterprise ポータルにのみ適用されます。
保存されたマップ保存されたマップの数には、保存されたすべてのトポロジ マップが含まれます。
ユーザーと役割
外部APIユーザーREST API を使用して現在 (過去 XNUMX 分間) ポータルにアクセスしているすべてのユーザーの数。
セッションユーザーLogicMonitor ユーザー インターフェイスを使用して現在ポータルにアクセスしているすべてのユーザーの数。
ユーザーの役割*保存された役割の数。
しきい値とデータポイント
複雑なデータポイント*使用中の複雑なデータポイントの数。 通常のデータポイントの数は、合計データポイント数からこの数を差し引くことで推測できます。
動的しきい値動的しきい値カウントは、使用中の動的しきい値の現在の数と、アカウントに許可されている最大数の両方を提供します (LogicMonitor Enterprise ポータルにのみ適用されます)。 現在の動的しきい値の合計数は、構成された動的しきい値が潜在的に評価される回数を表します。 たとえば、動的しきい値が一度設定されると、複数のインスタンスに継承され、合計に影響します。

アカウントごとに許可される動的しきい値の最大数は、許可された監視対象リソースごとに 100 つに制限されています (監視対象リソースごとに、監視対象のすべてのデバイス、クラウドと Kubernetes リソース、およびサービスの合計です)。 この制限は、リソースごとのレベルではなく、アカウント レベルで適用される総制限です。 たとえば、アカウントで合計 800 個のリソースの監視が許可されている場合、ポータル全体で合計 XNUMX 個の動的しきい値が許可されます。
注: ポータル全体で動的しきい値が適用されている場所を確認するには、アラートしきい値レポートを実行し、[カスタムしきい値のみを表示] オプションが有効になっていることを確認します。 詳細については、次を参照してください。 アラートしきい値レポート.
合計データポイント*使用中のすべてのデータポイント (ノーマルおよびコンプレックス) の数。 このカウントは、データポイントがリソースのデータを収集している可能性がある回数を表します。 たとえば、合計 25 つのインスタンスに適用される XNUMX つのデータポイントを持つ DataSource は、この数を XNUMX 増やします。
※更新はXNUMX時間ごとに行われるため、変更がすぐに反映されない場合があります。

連絡先情報を変更するための要件

連絡先情報を設定するには、アカウント情報の「管理」ロールを持つ LogicMonitor ユーザーが必要です。 詳細については、次を参照してください。 ユーザー および 役割.

連絡先情報の設定

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 設定 > 口座情報.
  2. 一次連絡先情報を変更するには、 主な連絡先を編集 セクションに お問い合わせ先 設定し、次の操作を行います。
    1. 該当する設定で、名前、電子メール、電話番号を入力します。
    2. 選択 Save.
      一次連絡先情報はすぐに更新され、一次連絡先情報に表示されます。
  3. を変更するには 追加の連絡先 次のいずれかを実行します。
    • 連絡先を追加するには、 加えます ( + ) の中に 追加連絡先 設定し、次の操作を行います。
      1. 該当するテキスト フィールドに名前、電子メール、電話番号を入力します。
      2. 選択 Save.
        追加の連絡先が 追加の連絡先 情報テーブル。
    • 連絡先を複製するには、  .
      連絡先が複製され、 追加の連絡先 情報テーブル。
    • 連絡先を削除するには、 削除、次に選択 削除 プロンプトが表示されたら
      連絡先はすぐに削除されます 追加の連絡先 情報テーブル。
記事上で