ApacheHiveモニタリング

最終更新日: 27 年 2022 月 XNUMX 日

LogicMonitor は、デフォルトで Apache Hive の監視を提供します。 モニタリング スイートは、JMX を使用して Apache Hive にクエリを実行し、さまざまなヘルスおよびパフォーマンス メトリックを取得します。

要件

Apache Hive バージョン 2.3.8 以降を使用する必要があります。

Apache Hive リソースの追加

次のカスタム プロパティは、LogicMonitor 内の Apache Hive リソースで設定する必要があります。 リソースを監視に追加する方法の詳細については、次を参照してください。 デバイスの追加.

プロパティ
jmx.portsJMX メトリックが使用可能なネットワーク ポート番号。 によって使われた addCategory_ApacheHive Apache Hive 構成を検証して設定する system.category.

注: デフォルトでは、ポート番号 8808 が JMX メトリックに使用されます。

LogicModule のインストール

LogicMonitor の Apache Hive 用パッケージは、次の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。 詳細については、次を参照してください。 モジュールとパッケージのインストール.

お名前タイプDescription
addCategory_ApacheHiveプロパティソース構成された JMX ポートで Apache Hive が実行されているかどうかを確認します。
Hive MetastoreAPIイベントデータソースXNUMX 秒あたりの追加、変更、作成、ドロップ イベントを含む Apache Hive メタストア API イベント。
Hive MetastoreAPIのアクティブな呼び出しデータソースイベントの追加、変更、作成、ドロップを含む、Apache Hive メタストア API のアクティブな呼び出し。
HiveメタストアデータソースApache HiveServer2 メタストア データベース、テーブル、およびパーティションのメトリック。
ハイブJVMデータソースApache HiveServer2 JVM メモリおよびスレッド使用率の指標。
Hive HiveServer2APIイベントデータソースHS2 操作と SQL 操作を含む Apache HiveServer2 API イベント。
Hive HiveServer2APIアクティブコールデータソースHS2 操作と SQL 操作を含む、Apache HiveServer2 API のアクティブな呼び出し。
ハイブHiveServer2データソースSQL 操作、実行中および完了したクエリ、セッションなどの Apache HiveServer2 操作メトリック。

このパッケージの DataSources によって追跡されるさまざまなメトリックに静的なデータポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitor はテクノロジ所有者のベスト プラクティス KPI の推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの定義済みのしきい値を調整して、環境固有のニーズに合わせてください。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、次を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

注: すべてのモジュールがデータを返すわけではなく、一部の Apache Hive および Metastore 構成ではすべてのメトリックが提供されない場合があります。 HiveServer インストールのバージョンによって、返されるメトリックの数が決まる場合があります。

記事上で