サポートセンターホーム


ログ処理パイプライン

すぐに解決するために通知する必要があるエラーや例外など、常に追跡してアクションを実行したい特定のタイプのログイベントまたは異常があります。

ログパイプライン は、特定のフィルターセットに一致するログイベントに対して実行される一連の処理ステップです。 追跡するログのフィルターを定義したら、アラート条件の設定など、他の処理ステップを定義できます。

パイプラインのレビュー

[ログ]ページで、[ パイプライン アイコンをクリックして[パイプライン]ページを開きます。このページでは、既存のログパイプラインを確認および管理したり、新しいパイプラインを追加したりできます。 

  • アクション パイプライン設定を編集したり、パイプラインを削除したりできます。
  • フィルタ パイプラインのログイベントを定義するフィルタリング条件を一覧表示します。 たとえば、ログの受信元のリソース。
  • アラート条件 そのパイプラインに定義されているアラート条件の数を一覧表示します。 アイコンまたはカウントをクリックして、そのパイプラインの[アラート条件]ページを開きます。 見る ログアラート.

新しいパイプラインの追加

新しいログパイプラインを定義するには:

  1. メディア パイプライン ページで、プラス記号をクリックして新しいパイプラインを追加します。
  2. メディア パイプラインを追加 ダイアログで、 お名前 (必須)および 製品説明.
  3. を使用してログを照合します、パイプラインがイベントと一致するリソースまたはグループを選択します。
  4. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 追加.

[パイプライン]ページに戻ると、テーブルで作成したパイプラインを確認できます。

パイプラインを追加した後、パイプラインで特定のログが受信されたときに通知するアラート条件を定義することができます。 見る ログアラート.

記事上で