サポートセンターホーム


電子メールサービスの監視

概要

多くの場合、お客様は電子メールサービスの状態を監視することを望んでいます。これは、「電子メールが機能していません」という方針に沿ったサポートコールに応答するのに役立ちます。 これは、GoogleAppsやMicrosoftOffice 365などのホストされた電子メールサービスを使用している場合に特に役立ちますが、Exchangeなどのオンプレミスメッセージングサービスの監視にも役立ちます。

XNUMXつの電子メールサービスヘルスメトリックの監視を提供します。

  • メールの往復時間
  • メールの通過時間

これらのメトリックは、 メール_ラウンドトリップ 影響により Email_TransitTime それぞれデータソース。 この記事の手順は、LogicMonitorパブリックリポジトリから入手できるデータソースをすでにインポートしていることを前提としています。

電子メールのラウンドトリップ時間の監視

電子メールのラウンドトリップ時間を監視する場合、コレクターはデスクトップ電子メールクライアント(Outlook、Thunderbird、Mac Mailなど)として機能し、SMTPサービスを介して送信メッセージを送信し、IMAPサービスから同じメッセージを取得します。1。 ラウンドトリップトランザクションの各ステップを完了する時間は、ネットワーク内、またはSMTPサービス、メッセージストア、IMAPサービス間のメッセージハンドオフの遅延を含めて測定および報告されます。

電子メールのラウンドトリップ時間の監視を構成する最初のステップは、値として「email_rtt」をに追加することです。 system.categories アカウント内のデバイスのプロパティ2。 次に、次の表に示すように、デバイスのカスタムプロパティとしてメールサービスの接続情報を追加する必要があります。

プロパティ
smtp.host SMTPサービスのホスト名 smtp.gmail.com
smtp.type SMTPセキュリティタイプ:空白/ SSL / TLS3 SSL
imap.host IMAPサービスのホスト名 imap.gmail.com
imap.type IMAPセキュリティタイプ:空白/ SSL / TLS TLS
email.user アカウント認証に必要なユーザーID テストユーザー
email.pass アカウント認証に必要なパスワード hello123
email.addr このアカウントの実際のメールアドレス [メール保護]

電子メールの通過時間の監視

他社との違いは、 メールの通過時間 DataSourceは、365つの異なる電子メールサービス間(GmailとOffice XNUMXなど)でメッセージを配信するのにかかる時間を測定します。4。 これは、電子メールサービスが他のサービスプロバイダーからのメッセージを適切に配信および受け入れていることを確認するのに特に役立ちます。 と同じように メールのラウンドトリップ時間, メールの通過時間 XNUMXつのプロトコルが含まれます。

  • SMTP。 クライアントからサーバーにメッセージを送信します。
  • IMAP。 サーバーからクライアントへのメッセージを取得します。

例としてGmailとOffice365を使用してメールの通過時間を評価するための完全なプロセスを見てみましょう。

  1. SMTPを使用して、コレクターからプロバイダーA(Gmailなど)にメッセージを配信します。
  2. 引き続きSMTPを使用して、宛先アドレスを365番目のプロバイダー(Office XNUMXなど)に渡します。
  3. 最後に、IMAPを使用して、Office365からコレクターにメッセージを返します。

このプロセスでは、Eメールサービス監視のXNUMXつの重要なコンポーネント、つまり、ビジネスのEメールサーバーから送信されたメッセージが外部に配信されるのにかかる時間と、外部に送信されたメッセージが受信トレイに届くまでにかかる時間に焦点を当てます。 これを念頭に置いて、Email Transit Time DataSourceには、上記のプロセスのどの段階でエラーが発生したかを示すErrorCodeデータポイントが含まれています(存在する場合)。 該当するエラーコードは次のとおりです。

エラーコード 意味 商品の説明
-2 無効なインスタンス 有効なサービスが見つかりません。
-1 不足しているパラメータ 通過時間を適切に検証するための基本的なパラメーター(つまり、ユーザー名/パス)は利用できませんでした。
0 OK 往復検証は成功しました
1 SMTP接続の失敗 コレクターはSMTPサーバーに接続できません。
2 SMTP送信の失敗 SMTPサーバーに接続してメッセージを送信しようとしましたが、サーバーがメッセージを受け入れませんでした
3 IMAP接続の失敗 メッセージを含む受信トレイをホストしている宛先サーバーに接続できません。 これは通常、ホスト名が正しくないか、ユーザーID /パスワードが正しくないか、指定されたセキュリティタイプが正しくないことが原因です。
4 IMAP検索の失敗 Email_TransitTime DataSourceが実行されるたびに、一意の件名のメッセージが生成されます。 ラウンドトリップ/トランジット時間を検証するには、IMAPサーバーからこの一意のメッセージを取得する必要があります。 宛先サーバーで一意のメッセージを取得できません。
5 IMAPクローズエラー ラウンドトリップを検証し、IMAP接続が不要になったら、「close」コマンドを送信してラウンドトリップを終了します。 このエラーは、IMAP接続を適切に終了できなかったことを示しています。

電子メール通過時間監視の設定

応募する メールの通過時間、最初に追加する必要があります email_transit system.categories プロパティ。 次に、両方の電子メールサービス(つまり、送信サービスと受信サービス)の接続プロパティを設定する必要があります。

次の表に、GmailとMicrosoft Office 365を例として使用して、サービスの送信と受信の両方に必要なXNUMXつの接続プロパティを示します。

プロパティ
Gmailサービスのプロパティの例
トランジット.gmail.imapHost Gmailimapサービスのホスト名
(Gmailのメール検索を行うときに使用されます)
imap.gmail.com
トランジット.gmail.imapType Gmailimapサービスの暗号化タイプ
(Gmailのメール検索を行うときに使用されます)
SSL(ポート993)
Transit.gmail.smtpHost GmailSMTPサービスのホスト名
(Gmailのメール配信を行うときに使用されます)
smtp.gmail.com
トランジット.gmail.smtpType GmailSMTPサービスの暗号化タイプ
(Gmailのメール配信を行うときに使用されます)
空白(ポート25)3
SSL(ポート465)
TLS(ポート587)
トランジット.gmail.addr Gmailアカウントのメールアドレス [メール保護]
トランジット.gmail.user GmailアカウントのユーザーID [メール保護]
トランジット.gmail.pass Gmailアカウントのパスワード [メール保護]
Office365サービスのプロパティの例
Transit.o365.imapHost Office 365imapサービスのホスト名
(Gmailのメール検索を行うときに使用されます)
outlook.office365.com
Transit.o365.imapType Office 365imapサービスの暗号化タイプ
(Gmailのメール検索を行うときに使用されます)
SSL(ポート993)
Transit.o365.smtpHost Office 365SMTPサービスのホスト名
(Office 365の電子メール配信を行うときに使用されます)
smtp.office365.com
Transit.o365.smtpType Office 365SMTPサービスの暗号化タイプ
(Office 365の電子メール配信を行うときに使用されます)
空白(ポート25)3
SSL(ポート465)
TLS(ポート587)
Transit.o365.addr Office365アカウントの電子メールアドレス [メール保護]
Transit.o365.user Office365アカウントのユーザーID [メール保護]
トランジット.o365.pass Office365アカウントのパスワード [メール保護]

これは、 本質的な 上記のデバイスプロパティ(トランジットなど)でGmailおよびOffice365サービスに使用される「キー」。Gmailの.smtpHost)は、各サービスで一貫しています。

最後に、各サービスに必要なXNUMXつのデバイスプロパティをすべて追加したら、各通過方向のモニタリングインスタンスを作成する必要があります。 これを行うには、 監視対象インスタンスの追加 から デバイスの管理 ドロップダウンメニューを使用して、[監視対象インスタンスの追加]ダイアログを表示します。 前の表にリストされているGmailとOffice365のプロパティの例を続けて、このダイアログのフィールドに次のように入力します。

フィールド名
データソース メールの通過時間
お名前 Gmail-> Office365
ワイルドカード値(送信者:受信者) gmail:o365

メディア ワイルドカード値 フィールド、コロンで区切られたキー しなければなりません 送信サービスと受信サービスを表すために使用されるキーと一致します。

XNUMXつの通過方向のインスタンスを追加した後、次の設定でXNUMX番目の監視対象インスタンスを作成して、逆方向を測定するインスタンスを作成します。

フィールド名
データソース メールの通過時間
お名前 Office365-> Gmail
ワイルドカード値(送信者:受信者) o365:gmail

これらのデータソースの診断ログはデフォルトで有効になっており、コレクターの「ログ」ディレクトリにあります。通常は次のいずれかです。

  • /usr/local/logicmonitor/agent/logs or
  • "C:\Program Files (x86)\LogicMonitor\Agent\logs

電子メールのラウンドトリップ時間のログは、次のように保存されます。

  • [ホスト名] -emailRTT-protocol.log
  • [ホスト名] -emailRTT-debug.log

一方、Eメール通過時間のログは次のとおりです。

  • [ホスト名]-[インスタンス] -emailTransit-protocol.log
  • [ホスト名]-[インスタンス] -emailTransit-debug.log

プロトコルログには、コレクターによって発行された基になるSMTPコマンドとIMAPコマンド、およびターゲットサーバーによる対応する応答が表示されます。 ここで何が起こっているのかを理解するには、SMTPおよびIMAPプロトコルの専門知識が必要になる場合がありますが、多くの場合、これらには役立つ情報がたくさん含まれています。 デバッグログには、データソース自体のテレメトリが表示されます—試行されたステップと、成功または失敗した場所が示されます。

脚注

1 このデータソースはメッセージの取得にIMAPを使用するため、MicrosoftExchangeまたはOffice365環境では、このデータソースを使用するためにIMAPを介したアクセスを明確に有効にする必要があります。

2 これらの測定は、 コレクタ これらのデータソースが適用されるデバイスを監視するために割り当てられます。 意味:メッセージは、デバイス自体ではなく、デバイスのコレクターから送信および取得されます。 これらのデータソースは、コレクターがインストールされているサーバーに適用できます(監視に追加されている場合)。または、他の監視対象デバイスに適用できます。

3 smtpTypeがポート25を使用するように構成されている場合、TLSは無効になります。ポート25を使用するように構成されているリソースでTLSを有効にする必要がある場合は、 smtp.force.TLS.25 そのリソースに対してTRUEに設定できます。

4 パブリックメールサービス(Yahoo Mail、Gmail、Outlook.comなど)を使用してメールの通過時間を監視する場合、これらのサービスで採用されているスパム対策が監視手段に干渉する可能性があることに注意してください。 この目的でGmailサービスを使用することは幸運でしたが、メッセージ衛生サービスは時間とともに進化します。 そのため、これらのデータソースを公共サービスに対して使用することを保証することはできません。 最良の結果を得るには、ビジネスパートナーの電子メールサービスをサードパーティとして使用して、通過時間を検証します。

記事上で