サポートセンターホーム


Infobloxモニタリング

概要

InfobloxはDDI(DNS、DHCP、IPAM)プラットフォームです。 LogicMonitorのInfobloxパッケージを使用すると、アプライアンスのCPU使用率、DNSメトリック、ネットワークサービスのステータスなどを監視できます。

セットアップ要件

SNMPが有効

LogicMonitorは、SNMPを使用してInfobloxアプライアンスにメトリックを照会します。 SNMPは、SNMPv1、SNMPv2、およびSNMPv3をサポートするInfobloxアプライアンスで構成する必要があります。 Infobloxを参照してください マルチグリッドマネージャー管理者ガイド SNMP構成手順について。

SNMP資格情報

LogicMonitorは、リソースに正常にアクセスするために、適切なSNMP資格情報を提供する必要があります。 これには、LogicMonitorインターフェイス内のInfobloxホストのプロパティとしてこれらの資格情報を設定する必要があります。 LogicMonitorで説明されているように 認証資格情報の定義 サポート記事では、設定する必要のあるSNMPプロパティは、使用しているSNMPのバージョンによって異なります。

パッケージ内のLogicModules

Infoblox用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

注意: LogicMonitorがデバイスを自動的に識別してタグ付けできるように、最新のSNMPSysOIDマップがインポートされていることを確認してください。

表示名

種類

商品の説明

インフォブロックス SysOIDマップ ホストがInfobloxデバイスであるかどうかを識別します。
InfobloxDHCP SysOIDマップ ホストがInfobloxDHCPデバイスであるかどうかを識別します。
Infoblox製品情報 プロパティソース ハードウェアタイプ、ID、NIOSバージョン、シリアル番号など、Infobloxアプライアンスのメタデータのさまざまなビットを取得します。
インフォブロックスCPU データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスのCPU使用率を監視します。
Infoblox DHCPv4DDNS統計 データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスのDHCPv4DDNS統計を監視します。
InfobloxDHCPv4統計 データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスからDHCPv4統計を収集します。
InfobloxDHCPv4サブネット データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスでのDHCPv4サブネットの使用状況を監視します。
Infobloxディスク データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスのディスク使用量を収集します。
InfobloxDNS統計 データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスからDNS統計を収集します。
Infobloxファン データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスでファンRPMを収集します。
Infobloxメモリ データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスのシステムメモリとスワップスペースの使用量を収集します。
Infobloxネットワークサービスのステータス データソース SNMPを使用して個々のネットワークサービスの動作状態を監視します。
Infobloxノードのステータス データソース SNMPを使用して、指定されたノード上のネットワークサービスの動作状態を監視します。
Infobloxレプリケーションステータス データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスからレプリケーション情報を収集します。
Infobloxの温度 データソース SNMPを使用してInfobloxデバイスのシステムとCPUの温度を監視します。

このパッケージによって追跡されるさまざまなメトリックにアラートしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスKPIの推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 アラートしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で