サポートセンターホーム


PowerShellスクリプトデータソースの作成

LogicMonitorでのPowerShellデータソースの設定は、他のプロセスと同様のプロセスです。 スクリプトデータソース.

アクティブディスカバリー

PowerShellデータソースがマルチインスタンスになる場合は、アクティブディスカバリーを使用してタスクを自動化できます。 これは、上記の形式で出力を返すPowerShellスクリプトを使用して実行できます。 引数を使用して、ホストプロパティをスクリプトに渡し、資格情報または特定のホスト情報をスクリプトに渡すことができます。

LogicMonitorで使用するPowerShellスクリプトを指定する場合は、スクリプトコレクターを選択したときに表示される[スクリプトのアップロード]ボタンを使用してアカウントにアップロードし、すべてのコレクターでスクリプトを使用できるようにする必要があります。 アップロードするときに覚えておくべきもう00つのことは、バージョン管理がないため、スクリプトの新しいバージョンには別の名前を付ける必要があります。 たとえば、PS-AD-1.ps01、PS-AD-1.psXNUMXです。 以下は、PowerShellスクリプトのアクティブな検出セットアップの例です。

注意: 引数を渡す場合、引数でスペースはサポートされません。 domain \ userなどの\を含む引数では、\をエスケープする必要があります。 例:domain \\ user。 これには、アクティブディスカバリーとコレクションに異なるプロパティが必要になる場合があります。 これらは、将来のリリースで解決される予定です。

アクティブディスカバリー

コレクション

収集は、アクティブディスカバリーのセットアップと同じ手順です。 例については、以下のスクリーンショットを参照してください。

注意: ここでは、引数でスペースがサポートされています。 これを可能にするには、引数を引用符で囲みます。 \ ActiveDiscoveryのようにエスケープする必要もありません

コレクション

データポイントの作成

スクリプトが複数の値を返す場合は、前のセクションの例で使用した形式で出力することをお勧めします。 次に、正規表現を使用して値を抽出できます。

以下の出力を例として使用した場合、次の正規表現を使用してデータを返すことができます

match =(\ d +)

updateSuccessfull =(\ d +)

等..

データポイントの作成

記事上で