プッシュメトリクス入門

最終更新日: 04 年 2022 月 XNUMX 日

LogicMonitorプッシュメトリクス機能を使用すると、専用APIを介してメトリクスをLogicMonitorプラットフォームに直接送信できるため、LogicMonitorコレクターを介してデータをルーティングする必要がなくなります。 プッシュメトリックが取り込まれると、 プッシュメトリクスとLogicMonitorによって照合された他のメトリクスは、メトリクスの監視とアラートのための単一のプラットフォームを提供します。

Push Metricsで使用されるプッシュモデルを使用すると、データをLogicMonitorプラットフォームに直接プッシュできます。 詳細については、を参照してください。 使用事例 の項目を検索します。

以下は、Push Metrics REST APIを介してメトリックを取り込み、結果のデータソースを管理するために必要な手順の概要です。

  1. Push Metrics APIの役割を作成し、その役割をAPIのみのユーザーアカウントに割り当てます。 APIのみのユーザーアカウントは、API認証に必要なトークンを生成します。

注意: APIのみのユーザーアカウントに関連付けられたロールには、リソースとデータソースの作成/更新が許可されているため、リソースを管理し、LogicModulesを管理する権限が必要です。 メトリックのみが収集される場合は、「メトリック」(データ取り込み設定)が必要です。 ロールとAPIのみのユーザーアカウントの作成の詳細については、を参照してください。 役割 及び ユーザー それぞれ。

  1. 指標を取り込むためのAPIリクエストを作成します。 リクエストパラメータの詳細については、を参照してください。 Push Metrics RESTAPIを使用したメトリックの取り込み.
  2. 結果のデータソースにカスタマイズを追加します(たとえば、データポイントのしきい値、グラフ、複雑なデータポイントなど)。 APIによって作成されたデータソースの理解と管理の詳細については、を参照してください。 Push MetricsAPIによって作成されたデータソースの管理.
  3. プッシュメトリックを受信するリソースの表示と管理は、LogicMonitorポータルで監視される他のリソースと同様です。 APIによって作成または更新されたリソースの理解と管理の詳細については、を参照してください。 プッシュメトリックを取り込むリソースの管理.