サポートセンターホーム


Cassandraモニタリング

LogicMonitorは、JMXを使用してCassandraクラスターを監視します。 次のデータソースを使用できます。

  • Cassandra JVMガベージコレクション–
  • Cassandra JVMのヒープとスレッドおよび稼働時間–
  • Cassandra JVMメモリプール–
  • Cassandraキースペースキャッシュ–
  • CassandraColumnFamilyStore –
  • CassandraCommitLog
  • CassandraCompactionManager
  • CassandraConcurrent –

LogicMonitorでこれらを使用するには、 cassandra-env.sh Cassandraサーバー上のファイルを使用して、ユーザー、パスワード、JMXポートなど、RMI認証用に構成したものを確認します。 次に、Cassandraサーバーを監視対象デバイスとして追加します。

追加したら、デバイスツリーでこのサーバーを見つけて そのプロパティを構成します 次のように:

  • をセットする system.categories プロパティへ カサンドラ
  • 次のXNUMXつのプロパティを設定して、で構成した内容を反映します。 cassandra-env.sh ファイル:
    1. cassandra.jmx.port =
    2. jmx.user =
    3. jmx.pass =
  • 注:XNUMXつのデータソース(CassandraColumnFamilyStoreとCassandraConcurrent)は jmx.port 上記の#1の場合。 これらを使用する場合は、これらのデータソースの「URL」フィールドを編集して「cassandra.jmx.port」を指定して一貫性を持たせるか、 jmx.port 代わりにプロパティ。

カサンドラのトラブルシューティング

世界 nodetool ユーティリティは、JMXを介してCassandraによって公開されたデータにアクセスするためのコマンドラインインターフェイスです。 これを使用して、次のようにパフォーマンスデータにアクセスできることを確認できます。

nodetool -h host -p ポート -u user -pw パスワード command

使用可能なコマンド:info-ノード情報(稼働時間、負荷など)を出力しますcfstats-列ファミリーの統計を出力しますcfhistograms-特定の列ファミリーの統計ヒストグラムを印刷しますcompactionstats-圧縮の統計を印刷しますnetstats [ホスト]-提供されたネットワーク情報を印刷しますhosttpstats-スレッドプールの使用統計を出力します

見る ApacheNodetoolのドキュメント 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。

記事上で