サポートセンターホーム


General DeploymentCollector-26.0

01.03.18に公開

GD Collector 26.0は、4年2018月XNUMX日に利用可能になります。このバージョンには、 GD 25.001, と同様 EA 25.100, EA 25.200, EA 25.300EA 25.400.

GD 25.001と比較して、このバージョンのハイライトは次のとおりです。
 

新機能:

  • NetScanの速度とパフォーマンスが向上しました。 MACアドレスの検出とネットワークインターフェイスメーカーの検索のためのNpcapパケットキャプチャを追加しました。 
  • サービスチェックでSSLの有効期限を追跡し、SSL関連のさまざまなエラーを警告できるようになりました。 エラーの種類は次のとおりです。
    • 期限切れの証明書
    • CAは信頼できません
    • CNの不一致のホスト名
    • SSL接続に失敗しました
  • LMConfigSourcesで構成チェックを定義するためのGroovyスクリプトのサポート。

改善点:

  • ESX Data Collection、SNMP Active Discovery、およびPerfmonとWMICollectionのパフォーマンスが大幅に向上しました。 
  • snmpwalkタイムアウトロジックが改善されました。
  • アクセス許可/インストール手順をよりよく説明するためのWindowsコレクターインストーラーの改善。 コンピュータがドメイン上にあるかどうかを自動的に検出し、この場合にのみ個別のドメインフィールドを表示するようになりました。 
  • 不要なコレクターの再起動を回避するためのいくつかの改善。
  • コレクターキャッシュが使用されている場合のCPU消費を削減するための改善。
  • VMWare APIを使用して、ESXデバイスをより効率的に検出/識別します。
  • カスタムヘッダーを設定するためのHTTP「get()」メソッドに「headers」引数を追加しました。
  • snmp4jjarをバージョン2.5.6にアップグレードしました。
  • CollectorのJDKをバージョン8u144にアップグレードしました。

含まれているものの詳細については、個々のEAリリースノート(上記のリンク)を参照してください。