サポートセンターホーム


ConfigSourceの管理

概要

From 設定| LogicModules | ConfigSources、ConfigSourceを検索、追加、編集、および作成できます。 各ConfigSourceには、LogicMonitor CollectorにデバイスへのSSH接続方法、構成ファイルの収集方法、およびアラートをトリガーするタイミングを指示する定義があります。

注意: 構成ファイルを監視および警告する機能が現在LogicMonitorプラットフォームで利用できない場合で、詳細を知りたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーに連絡してください。

ConfigSourceの表示と検索

ConfigSourceナビゲーションペイン。 設定| LogicModules | ConfigSources すべてのConfigSourceグループを表示します。 特定のConfigSourceの定義を表示するには、手動で検索するか、検索バーを使用します(ConfigSourceの定義に検索キーワードを含めると、ConfigSourceの検索が簡単になります)。 目的のConfigSourceを選択すると、その定義がナビゲーションペインの右側の詳細に表示されます。

ConfigSourceの追加

LogicMonitorアカウントには、ConfigSourcesのリポジトリが事前に構成されています。 次のいずれかの方法を使用して、このライブラリに追加できます。

  • ConfigSourceを手動で作成する
  • LogicMonitorのリポジトリからのConfigSourceのインポート
  • XMLファイルを使用したカスタムConfigSourceのインポート
追加

ConfigSourceの編集

必要に応じて、選択したConfigSource定義を編集できます。 ただし、次の点に注意してください。

  • ConfigSourceが作成されると、シングルインスタンスとマルチインスタンスを切り替えることはできません。
  • ベストプラクティスでは、大きな変更を加える前にConfigSourceのクローンを作成する必要があります。 これを行うには、クリックするだけです クローン、ConfigSource定義の下部にあります。
編集

記事上で