サポートセンターホーム


クラウド支出の最適化

LogicMonitorを使用すると、 AWS or Azure 毎月の請求額を最適化する方法を支出して特定します。 まず、の請求監視が有効になっていることを確認します AWS or Azure アカウントと 輸入された アカウントへの請求データソース。 この一環として、アクティブディスカバリーを使用してAWSおよびAzureのタグ別コストデータソースを設定することを強くお勧めします。これにより、タグ値が自動検出され、それぞれの費用が追跡されます(上記のリンクされたページの手順)。 これを行ったら、次のことをお勧めします。

1.しきい値を設定します

デフォルトでは、LogicMonitorのAWSおよびAzure Billingデータソースには、コストがケースごとに大きく異なるため、アラートしきい値が設定されていません。 サービスと地域のしきい値を設定して、予算または平均月額コストを超えそうな時期を特定できます。 これにより、アラートが日次レポートで送信されるか、財務チームに個別に送信されるか、クラウドでサービスをプロビジョニングして実行しているエンジニアに送信される可能性があります。

2.ダッシュボードを設定して支出を監視します

支出データのしきい値を設定すると、毎月の請求額を管理する価値が得られますが、コストの傾向を把握するダッシュボードを設定することも同様に価値があります。 表示するウィジェットを追加できます。

  • どのサービスが最も費用がかかりますか –使用を検討してください 円グラフウィジェット または 高度なカスタムグラフウィジェット 各AWS / Azureサービスに費やしている金額を比較する
  • どの地域が最も費用がかかりますか –使用を検討してください 円グラフウィジェット または 高度なカスタムグラフウィジェット 各AWS / Azureリージョンのサービスに費やしている金額を比較する
  • 今月の費用と先月の費用の比較 –使用を検討してください 高度なカスタムグラフウィジェット 過去数か月にまたがって、毎月の請求額を比較します
  • 設定したしきい値にコストがどれだけ近いか –使用を検討してください ゲージウィジェット 個々のサービスまたはリージョン、またはすべてのサービスまたはリージョンの現在のコストを表示し、ゲージの最大値をそのコストメトリックのしきい値に設定します
  • トリガーされた請求アラート –使用を検討してください アラートウィジェット 請求のためにトリガーされたアラートのみが表示されるようにフィルタリングします
  • 今月これまでに発生したAWSの総コスト –使用を検討してください 大きな数のウィジェット その月の現在の総費用を注意深く監視する
  • 今月これまでに発生したAWSCloudWatchのコスト –使用を検討してください 大きな数のウィジェット AWSアカウントに対して行われたCloudWatchAPI呼び出しに関連するコストを表示します。 AWSデータソースのポーリング間隔を増やすことで、AWSアカウントに対して行われるCloudWatchAPI呼び出しの数を減らすことができることに注意してください
2.AWS請求ダッシュボードを設定します

3.過剰にプロビジョニングされたリソースを特定します

2で作成したダッシュボードにウィジェットを追加するか、未使用および過剰に使用されているリソースを識別するための専用の新しいダッシュボードを作成することを検討してください。 使用できます 仮想データポイント 自分で トップXNUMXグラフ 最も使用率の低いリソース(つまり、下位100個)を表示します。 たとえば、「2 – CPU使用率」という式を使用して仮想データポイントを追加し、ECXNUMXインスタンスのCPUアイドル率を取得できます。 次の下位XNUMX個のグラフを使用してダッシュボードを作成することをお勧めします。

  • 下位10個のEC2CPU – EC2インスタンスをオーバープロビジョニングした場合は、AWSのコストを削減するために、追加のインスタンスを終了することを検討することをお勧めします
  • ボトム10DynamoDBでプロビジョニングされた読み取りおよび書き込み容量の使用量 – DynamoDBインスタンスの読み取りおよび/または書き込み容量ユニットをオーバープロビジョニングした場合は、プロビジョニング容量を減らしてAWSコストを削減することを検討してください。
  • 下位10個のEBSプロビジョニング済みIOPSボリュームスループットのパーセンテージ値 – EBSプロビジョンドIOPSボリュームにIOPSをオーバープロビジョニングした場合は、プロビジョニングされたIOPSを減らしてAWSコストを削減することを検討してください。

過剰にプロビジョニングされたリソースは、アラート通知を受け取りたいとは思わないかもしれませんが、それらを特定することで、毎月のAWSの請求を最小限に抑えることができます。 エンジニアがLogicMonitorダッシュボードを使用して、使用率の低いAWSリソースを特定する方法については、をご覧ください。 このブログ記事.

2.ダッシュボードを設定して、使用率が最も低いリソースを確認します
未使用のリソースを特定するには、BigNumberウィジェットの「count」オプションを使用してリソースを特定のプロパティ値(停止したインスタンス(system.aws.stateName ==“ stopped”)や接続されていないEBSボリューム(startsWith(system))などと照合します。 .aws.attachments、“ []”)):

記事上で