MongoDB Atlas プロジェクトの統合

最終更新日: 30 年 2023 月 XNUMX 日

MongoDB Atlas は、AWS、GCP、および Azure のオプションを備えたデータベース クラスター サービスです。 LogicMonitor は、XNUMX つのクラウド プロバイダーすべての MongoDB および LM ポータルを介して MongoDB Atlas と統合できます。 これにより、MongoDB Atlas マネージド クラスターを、LogicMonitor 環境の残りの部分と共に可視化できます。

要件

  • MongoDB アカウントを作成して構成します。 詳細については、MongoDB を参照してください。 「アトラス入門」 のドキュメントで詳しく説明されています)。
  • MongoDB Atlas プロジェクトとプロジェクト API キーに対するユーザー権限。 詳細については、MongoDB を参照してください。 「プロジェクトの API キーを作成する」 のドキュメントで詳しく説明されています)。
  • LogicMonitor ポータルでメトリクスを表示するには、有料レベルの MongoDB Atlas データベース クラスターが適切なプロジェクトで実行されている必要があります。

注: MongoDB Atlas 無料利用枠ではメトリクスは提供されません。 LogicMonitor と MongoDB Atlas 無料利用枠の統合手順は完了できますが、ダッシュボードまたは関連する監視ページにはデータが表示されません。

MongoDB Atlas プロジェクトを LM ポータルに追加する

1. LM ポータルのホームページから、 リソース。

2。 から リソース ページ、クリック Add をクリックして クラウドアカウント.

3。 から クラウド統合 ページで、スクロールして MongoDBアトラス 選択して、 Add 

4.入力します 名前 オプションで 説明。 右下隅にある 次:パーミッション 

5. MongoDB Atlas Project API キー ペアを入力します。

6。 クリック テスト権限 そして待つ 成功 バナーが表示されます。

7。 クリック サービスを追加 

MongoDB Atlas プロジェクトが監視用に LM ポータルに追加されました。 Atlas クラスターが Atlas プロジェクト内にある場合、各クラスター ノードは個別に監視されます。 MongoDB Atlas は、デフォルトで XNUMX つのクラスター ノードを作成します。

MongoDB アトラス リソースの監視

監視は、LM リソース ツリーの選択を通じて表示するか、ダッシュボード用に構成できます。 下の写真は、 プロセス の監視グラフ シャード 0. デフォルトの MongoDB Atlas クラスターには XNUMX つのシャードがあり、下の左側のリソース ツリーにリストされています。 ノードとも呼ばれるシャードは、次のようにリストされ、索引付けされます。 012. Atlas クラスターは伸縮自在であるため、ワークロードが増加するとシャードが追加される可能性があります。 各シャードには、次の XNUMX つの領域に関連する監視統計があります。 データベース構成 (クラスター全体)、 データベース ローカル (単一のシャードまたはノード)、 ディスクプロセス. データベース領域は MongoDB に固有であり、ディスクおよびプロセス領域はサーバーに関連しています。 XNUMX つの領域のそれぞれには、いくつかの異なるタブがあります。 インフォアラートSDTグラフRawデータ.

マウスをグラフの線部分に合わせると、グラフ キーが表示されます。 右下の写真。 約 XNUMX の監視要因があります。 プロセス を含むグラフ プロセスCPUユーザー および システムCPUユーザー

記事上で