インターフェイス マッピング

最終更新日: 28 年 2024 月 XNUMX 日

インターフェイス マッピングを使用すると、XNUMX つのネットワーク デバイス (スイッチやファイアウォールなど) がインターフェイスを介してどのように接続されているかを確認できます。 

要件

  • LogicMonitor が提供する 'Interface Mapping' パッケージを LM Exchange にインポートします。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitor リポジトリから、すべてのインターフェイス マッピング LogicModules をインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

パッケージ内のLogicModules

Network Topology 用の LogicMonitor のパッケージは、次の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名タイプDescription
SNMP_ネットワーク_インターフェースデータソースネットワーク インターフェイスのパフォーマンスと運用統計を収集します。
WinIf-データソースWindows インターフェイス統計
addCategory_TopoSwitchプロパティソーストポロジ検出をサポートできるスイッチを検索してタグ付けします。コレクタ バージョン 30.000 以降が必要です。
addERI_Device (および addERI_Cisco のようなその他のベンダー固有の ERISource)プロパティソースCISCO-CDP-MIB を使用した CDP グローバル デバイス ID、LLDP-MIB を使用した LLDP ローカル システム名、RFC2-MIB を使用した MAC アドレスなど、シスコ デバイスのレイヤ 1213 トポロジ マッピング用にデバイスの外部リソース ID (ERI) を設定します。  
定義されたキーワードのデバイスのプロパティを解析することにより、ERI タイプ (ERT) を設定します。決定されない場合、デフォルトは「不明」です。 

addERI_Windowsプロパティソースデバイス インターフェイス MAC アドレスを含む、レイヤー 2 トポロジ マッピング用の WMI を使用して、isWindows() のデバイス外部リソース ID (ERI) を設定します。
定義されたキーワードのデバイスのプロパティを解析することによって、ERI タイプ (ERT) を設定します。決定されない場合、デフォルトは「PhysicalServer」です。コレクタ バージョン 30.000 以降が必要です。
Networking_L2_snmpSwitchトポロジーソースSNMP 対応スイッチからレイヤ 2 トポロジを抽出します。コレクタ バージョン 30.000 以降が必要です。

インターフェイス マッピングの表示

1。 案内する マッピング > 保存されたマップ 必要なマップを選択します。

2. 接続の詳細を確認したい接続をクリックします。

Note: 現在、接続の詳細はネットワーク接続とルーティング接続についてのみ利用可能です。

A 接続の詳細 タブと接続の詳細マップが表示されます。

3。 クリック 接続の詳細 タブをクリックして、インターフェイスのプロパティを表示します。

Note注: LogicMonitor ポータルでインターフェイスを使用できない場合、プロパティ情報は表示されません。

4. XNUMX つのリソース間の接続を示す接続詳細マップを表示できます。

5。 クリック その他のオプション マッピングページの右上隅にあるアイコンをクリックし、「ヘッダーグラフ」を選択します。

6。 クリック ヘッダーグラフ 視覚的なグループ化アラートを表示します。

さまざまな時系列の接続の詳細マップでアラートを確認できます。

記事上で