サポートセンターホーム


デバイスリソースについて

デバイスリソースを使用すると、LogicMonitorデバイスをプログラムで管理できます。

すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

リソースURI

/ device / devices

リソースのプロパティ

すべてのデバイスには、次のプロパティがあります。

プロパティ

製品説明

種類

id デバイスのID 整数
デバイスのホスト名またはIPアドレス 文字列
displayName デバイスの表示名 文字列
デバイスタイプ デバイスのタイプ:0は通常のデバイス、2はAWSデバイス、4はAzureデバイスを示します 整数
relatedDeviceId LogicMonitorアカウントに存在する場合、このデバイスに関連するAWSEC2インスタンスのID。 この値のデフォルトは-1で、関連するデバイスがないことを示します。 整数
currentCollectorId 現在デバイスを監視し、インスタンスを検出しているコレクターのID 整数
PreferredCollectorId デバイスを監視するために割り当てられた優先コレクターのID 整数
PreferredCollectorGroupId デバイスの優先コレクターに関連付けられているコレクターグループのID 整数
PreferredCollectorGroupName デバイスの優先コレクターに関連付けられているコレクターグループの名前 文字列
説明 デバイスの説明 文字列
作成日 デバイスがLogicMonitorアカウントに追加された時間(エポック秒形式) 長い
updateOn デバイスが最後に更新された時刻(エポック秒形式) 整数
無効にするアラート このデバイスでアラートが無効(true)か有効(false)かを示します ブーリアン
autoPropsAssignedOn このデバイスのプロパティが最初に検出された時間(エポック秒形式) 整数
autoPropsUpdatedOn 自動プロパティが最後に実行され、このデバイスのプロパティテーブルが更新された時間(エポック秒単位) 整数
scanConfigId このデバイスの検出に使用されたネットスキャン構成のID。 0は、デバイスがスキャンによって検出されなかったことを示します。 整数
リンク デバイスに関連付けられているURLリンク 文字列
enableNetflow Netflowがデバイスに対して有効(true)か無効(false)かを示します ブーリアン
netflowCollectorId デバイスに関連付けられているNetFlowコレクターのID 整数
netflowCollectorGroupId デバイスのNetFlowコレクターに関連付けられているコレクターグループのID 整数
netflowCollectorGroupId デバイスのNetFlowコレクターに関連付けられているコレクターグループの名前 文字列
lastDataTime デバイスがNetflowデータを受信した最後の時間(エポック秒単位) 整数
lastRawdataTime 前回、エポック秒単位で、生のNetflowデータが報告されました 整数
hostGroupId デバイスが属するグループのID。複数のグループIDはコンマで区切られます。 文字列
sdtステータス このパラメーターには、「-」で区切られたXNUMXつの値があります。 最初の値は、デバイスが属するグループにアクティブなSDTがあるかどうかを示し、XNUMX番目の値は、デバイス自体にアクティブなSDTがあるかどうかを示し、XNUMX番目の値は、上のデータソースまたはインスタンスにアクティブなSDTがあるかどうかを示します。デバイス 文字列
userPermission APIリクエストを行ったユーザーに付与されるこのデバイスの読み取りおよび/または書き込み権限 文字列
ホストステータス このデバイスのステータス。可能なステータスは、正常、デッド、デッドコレクターです。 文字列
アラートステータス このデバイスにアクティブなアラートがあるかどうかを示します。アクティブなアラートがある場合は、アラートの重大度(警告|エラー|クリティカル)と確認ステータス(確認済み|未確認)を示します。 文字列
alertStatusPriority アラートの表示優先度を反映する数値インジケータ。デバイスツリーの特定のアイテムに表示されるアラートアイコンを決定するために使用されます。 整数
awsState AWSインスタンスの状態(該当する場合):1はインスタンスが実行中であることを示し、2はインスタンスが停止していることを示し、3はインスタンスが終了していることを示します。 整数
alertDisableStatus このパラメーターには、「-」で区切られたXNUMXつの値があります。 最初の値は、デバイスが属するグループに対してアラートが無効になっているかどうかを示し、XNUMX番目の値は、デバイス自体に対してアラートが無効になっているかどうかを示し、XNUMX番目の値は、デバイスのデータソース、インスタンス、またはデータポイントに対してアラートが無効になっているかどうかを示します。 文字列
alertingDisabledOn アラートが無効になっている場合、無効になっている場合 文字列
コレクター説明 このデバイスのコレクターの説明/名前 文字列
netflowCollectorDescription このデバイスのNetFlowコレクターの説明/名前 文字列
カスタムプロパティ このデバイスに定義されているシステム以外のプロパティ(system.categoriesを除く) JSONオブジェクト
upTimeInSeconds デバイスの稼働時間(秒単位)。 この値は、常に次のデータソースによって報告される最大値になります。

  • ホストの稼働時間-
  • SNMP稼働時間-
  • SNMP_Engine_Uptime-
  • WinSystemUptime-
  • NimbleUptime-
整数
deleteTimeInMS デバイスが停止してから、またはAWSデバイスがフィルターで除外されてからのミリ秒単位の時間 整数
toDeleteTimeInMS デバイスがLogicMonitorアカウントから自動的に削除されるまでのミリ秒数(値XNUMXは、将来の削除日時がスケジュールされていないことを示します) 整数
hasDisabledSubResource デバイスに関連付けられているデータソース、インスタンス、またはデータポイントの監視がデバイスで無効になっているかどうかを示します ブーリアン
manualDiscoveryFlags デバイスの監視対象プロセス/サービスに関連する読み取り専用フィールド 文字列

記事上で