サポートセンターホーム


JobMonitorモニタリングの例

例1:LinuxCronジョブの監視

LogicMonitorで監視対象のデバイスが 「app1」、およびコレクターの監視 「app1」 デバイス上で実行 「agenthost」. cron ジョブがあります 「クリーンログ」 毎日8:30、12:30、16:30に実行 app1. ここで、LogicMonitor に以下を監視させます。

  • タスクの場合 クリーンログ 毎日 8:30、12:30、16:30 に定刻に開始します。
  • タスクが正常に終了した場合。

ステップ1:JobMonitor定義を作成する

Linux cronタスクを監視する最初のステップは、LogicMonitorを介してバッチジョブ定義を作成することです。

  1. LogicMonitorアカウントにログオンします。
  2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 設定 > ロジックモジュール > ジョブモニター.
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 追加 [OK]をクリックします ジョブモニター.
  4. JobMonitor 定義を編集します。
  5. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 送信 JobMonitor 定義を保存します。
ステップ1:バッチジョブ定義を作成する

上記の JobMonitor 定義はデバイス app1 に関連付けられており、JobMonitor が 10 分以内に終了しない場合はアラートをトリガーし、15:8、30 のスケジュールされた実行時間から 12 分以上経過した場合にジョブが開始されると警告アラートをトリガーします。 :30、および 16:30。 アカウントの [デバイス] ページに、デバイス app1 に関連付けられている JobMonitor が表示されます。

ステップ2:cronジョブをまとめます

私たちのcronジョブ クリーンログ 現在スクリプトを実行しています」/usr/local/cleanlog.pl」毎日8:30、12:30、16:30:

ステップ2:cronジョブをまとめます

コピー lmbatchjobwrapper.sh(このファイルはに保存されます / usr / local / logicmonitor / agent / lib of コレクターホスト)へ app1.

「crontab-e」(または同等のもの)を実行し、コマンドラインを次のように更新します。 以下

30 8,12,16 * * * /usr/local/lmcollector lmbatchjobwrapper.sh agenthost:7214 app1 "Clean log monitoring" /usr/local/cleanlog.pl

「agenthost:7214」 コレクタが実行されているデバイスの名前と、コレクタが lmJobMonitorwrapper.js から送信されたバッチ ジョブ実行通知を受け入れるためにリッスンするポートです。

「app1」 バッチジョブが実行されている監視対象デバイスの名前です。

「クリーンログモニタリング」 LogicMonitorでこのスケジュールされたタスクに付けた名前です(ステップ1を参照)

/usr/local/cleanlog.pl ログをクリーンアップするために実際のプログラムを開始する方法をラッパーに指示します。

ステップ3:ジョブの実行を確認する

[デバイス] ページから、スケジュールされたタスクのすべての実行を確認できます。 時間通りに開始されなかった、または異常終了した実行は、エラーで表示されます。

例2:Windowsスケジューラタスクの監視

監視対象デバイスが 「app1」、およびコレクターの監視 「app1」 デバイス上で実行 「agenthost」. Windows スケジューラ タスクがあります。 「クリーンログ」 毎日8:30、12:30、16:30に実行 app1. ここで、LogicMonitor に以下を監視させます。

  • タスクの場合 クリーンログ 毎日8:30、12:30、16:30に時間どおりに開始されます。
  • タスクが正常に終了した場合。

ステップ1:JobMonitor定義を作成する

Windowsスケジューラタスクを監視する最初のステップは、LogicMonitorを介してバッチジョブ定義を作成することです。

  1. LogicMonitorアカウントにログオンします。
  2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 設定 > ロジックモジュール > ジョブモニター.
  3. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 追加 [OK]をクリックします ジョブモニター.
  4. JobMonitor 定義を編集します。
  5. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 送信 JobMonitor 定義を保存するには
ステップ1:バッチジョブ定義を作成する

上記の JobMonitor 定義はデバイス app1 に関連付けられており、JobMonitor が 10 分以内に終了しない場合はアラートをトリガーし、15:8、30 のスケジュールされた実行時間から 12 分以上経過した場合にジョブが開始されると警告アラートをトリガーします。 :30 と 16:30。 アカウントの [デバイス] ページに、デバイス app1 に関連付けられている JobMonitor が表示されます。

ステップ2:Windowsのスケジュールされたタスクをまとめる

スケジュールされたタスク クリーンログ スクリプトを実行しますC:\ scripts \ cleanlogs.bat」毎日8:30、12:30、16:30:

ステップ2:Windowsのスケジュールされたタスクをまとめる

コピー lmbatchjobwrapper.js (ファイルはに保存されます \ Agent \ lib of コレクターホスト)へ app1.

スケジュールされたタスク Cleanlogs のプロパティ ダイアログを開き、コマンド ラインを次のように更新します。

cscript.exe C:\lmcollector\lmbatchjobwrapper.js agenthost:7214 app1 "Clean log monitoring" "cmd.exe /C C:\script\cleanlogs.bat"

「agenthost:7214」 は、コレクターが実行されているデバイスの名前であり、コレクターがlmbatchjobwrapper.jsから送信されたバッチジョブ実行通知を受け入れるためにリッスンするポートです。

「app1」 バッチジョブが実行されている監視対象デバイスの名前です。

「クリーンログモニタリング」 LogicMonitorでこのスケジュールされたタスクに付けた名前です(ステップ1を参照)

「cmd.exe / CC:\ script \ cleanlogs.bat」 ログをクリーンアップするために実際のプログラムを開始する方法をラッパーに指示します。

ステップ3:ジョブの実行を確認する

[デバイス]ページから、スケジュールされたタスクのすべての実行を確認できます。 時間どおりに開始されなかった、または異常に終了した実行は、エラーとともに表示されます。  

 
 

記事上で