JobMonitorモニタリングの例

最終更新日: 08 年 2023 月 XNUMX 日

次の JobMonitor の例を使用します。 Linux Cron ジョブの監視 > Windows スケジューラ タスクの監視を参照して、ジョブの監視プロセスについて理解を深めてください。 このプロセスには通常、次の XNUMX つの手順が含まれます。

  1. ジョブ・モニター定義の作成
  2. ジョブまたはタスクのまとめ
  3. 環境変数の設定
  4. 実行の確認

警告: コマンドラインでユーザー名やパスワードなどの機密情報を提供しないでください。 この情報は、シークレット管理ツールまたは環境変数を使用して、スクリプト内で処理する必要があります。 (環境変数は、コード内のプレーン テキストの資格情報よりも優先されます。) LogicMonitor は、環境変数を使用するよりも、専用のシークレット管理ツールを活用することをお勧めします。

例1:LinuxCronジョブの監視

LogicMonitorで監視対象のデバイスが app1、およびコレクターの監視 app1 デバイス上で実行 agenthost. cron ジョブがあります cleanlogs 毎日8:30、12:30、16:30に実行 app1. LogicMonitor は次の場合に監視する必要があります。

  • タスク cleanlogs 毎日 8:30、12:30、16:30 に定刻に開始します。
  • タスクは正常に終了しました。

ステップ 1: JobMonitor 定義を作成する

Linux cron タスクを監視する最初の手順は、バッチ ジョブ定義を作成することです。

  1. LogicMonitorアカウントにログオンします。
  2.   設定 > ロジックモジュール > ジョブモニター.
  3. Add [OK]をクリックします ジョブモニター.
  4. JobMonitor 定義を編集します。
  5. 送信 JobMonitor 定義を保存します。
ステップ1:バッチジョブ定義を作成する

JobMonitor 定義はデバイスに関連付けられています app1. JobMonitor が 15 分以内に終了しない場合はアラートをトリガーし、8:30、12:30、および 16:30 のスケジュールされた実行時間から XNUMX 分以上経過してジョブが開始される場合は警告アラートをトリガーします。 デバイスに関連付けられた JobMonitor app1 アカウントの [デバイス] ページに表示されます。

ステップ 2: cron ジョブをまとめる

cron ジョブ cleanlogs 現在スクリプトを実行しています /usr/local/cleanlog.pl 毎日 8:30、12:30、16:30:

ステップ2:cronジョブをまとめます
  1. lmbatchjobwrapper.sh をコピーします (このファイルは /usr/local/logicmonitor/agent/lib に保存されています)。 collectorhost)へ app1.
  2. ラン crontab -e (または同等のもの) を実行し、コマンド ラインを次のように更新します。
30 8,12,16 * * * /usr/local/lmcollector lmbatchjobwrapper.sh agenthost:7214 app1 "Clean log monitoring" /usr/local/cleanlog.pl
  1. コード サンプルの要素を確認します。
    • agenthost:7214 コレクタが実行されているデバイスの名前と、送信されたバッチ ジョブ実行通知を受け入れるためにコレクタがリッスンするポートです。 lmJobMonitorwrapper.js.
    • app1 バッチジョブが実行されている監視対象デバイスの名前です。
    • Clean log monitoring LogicMonitor でこのスケジュールされたタスクに付けられた名前です。
    • /usr/local/cleanlog.pl プログラムを開始してログを消去する方法をラッパーに指示します。

ステップ 3: Linux 環境変数を設定する

変数を設定します /etc/environment. これらの変数は、すべてのユーザーがアクセスでき、電源オフ後も保持されます。

注: /etc/environment では、変数の展開はサポートされていません。 

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。 $ sudo -H vi /etc/environment
  2. パスワードを入力します。 
  3. 開いているファイルに変数を追加します。 (パスワード=pass1234)
  4. ファイルを保存して閉じます。
  5. ログアウトしてから、再度ログインします。

注: パスワードは、$PASSWORD を使用してスクリプトで使用できます。 詳細については、次を参照してください。 Linux/Unix の環境変数.

ステップ 4: ジョブの実行を確認する

[デバイス] ページから、スケジュールされたタスクのすべての実行を確認できます。 時間どおりに開始されなかった実行、または異常終了した実行は、エラーと共に表示されます。

例2:Windowsスケジューラタスクの監視

監視対象デバイスが app1、およびコレクターの監視 app1 デバイス上で実行 agenthost. Windows スケジューラ タスクがあります。 cleanlogs 毎日8:30、12:30、16:30に実行 app1. LogicMonitor は次の場合に監視する必要があります。

  • タスク cleanlogs 毎日8:30、12:30、16:30に時間どおりに開始されます。
  • タスクは正常に終了しました。

ステップ 1: JobMonitor 定義を作成する

Windows スケジューラ タスクを監視する最初の手順は、バッチ ジョブ定義を作成することです。

  1. LogicMonitorアカウントにログオンします。
  2.   設定 > ロジックモジュール > ジョブモニター.
  3. Add [OK]をクリックします ジョブモニター.
  4. JobMonitor 定義を編集します。
  5. 送信 JobMonitor 定義を保存するには

JobMonitor 定義はデバイスに関連付けられています app1. JobMonitor が 10 分以内に終了しない場合はアラートをトリガーし、15:8、30:12、および 30:16 のスケジュールされた実行時間から 30 分以上経過してジョブが開始される場合は警告アラートをトリガーします。 デバイスに関連付けられた JobMonitor app1 アカウントの [デバイス] ページに表示されます。

手順 2: Windows のスケジュールされたタスクをまとめる

スケジュールされたタスク cleanlogs スクリプトを実行します C:\scripts\cleanlogs.bat 毎日 8:30、12:30、16:30:

ステップ2:Windowsのスケジュールされたタスクをまとめる
  1. lmbatchjobwrapper.js をコピーします ( \Agent\lib の collectorhost)へ app1.
  2. スケジュールされたタスクの [プロパティ] ダイアログを開く Cleanlogsで、コマンド ラインを次のように更新します。

    cscript.exe C:\lmcollector\lmbatchjobwrapper.js agenthost:7214 app1 "Clean log monitoring" "cmd.exe /C C:\script\cleanlogs.bat"

    どこ:
    • agenthost:7214 コレクタが実行されているデバイスの名前と、lmbatchjobwrapper.js から送信されたバッチ ジョブ実行通知を受け入れるためにコレクタがリッスンするポートです。
    • app1 バッチジョブが実行されている監視対象デバイスの名前です。
    • Clean log monitoring LogicMonitor でこのスケジュールされたタスクに付けられた名前です。
    • cmd.exe /C C:\script\cleanlogs.bat プログラムを開始してログを消去する方法をラッパーに指示します。

ステップ3: Windows 環境変数の設定

  1. コントロール パネルを開き、 エントルピー.
  2. 選択 高機能 システム設定。
  3. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細設定] で、 環境変数.
  4. ユーザー変数の下で、 NEW キーと値を入力します。 (PASS pass1234)
  5.  Save.

注: 変数は、PowerShell スクリプトで次のように指定できます。 $PASSWORD=$env:PASS.

ステップ 4: ジョブの実行を確認する

[デバイス] ページから、スケジュールされたタスクのすべての実行を確認できます。 時間どおりに開始されなかった実行、または異常終了した実行は、エラーと共に表示されます。

記事上で