サポートセンターホーム


5. AWSCloudWatchデータソースのカスタマイズ

LogicMonitorのCloudWatchカバレッジとLogicMonitorのコレクターを介して目的のメトリクスが見つからない場合は、CloudWatchデータソースをカスタマイズできます。 CloudWatchデータソースをカスタマイズする方法には次のものがあります。

  • 収集されたメトリックのディメンションの追加または変更: 既存のデータソース定義のメトリックパスにディメンションを簡単に追加できます。 ディメンション値が動的で静的ではない場合、アクティブディスカバリー方式は、ディメンション値をインスタンスとして「検出」し、関連するメトリックを監視するための最も効率的な方法です。 詳細については、を参照してください。 アクティブディスカバリーとは何ですか?
  • 収集する新しいメトリックの追加: もし、あんたが カスタムメトリクスをAWSCloudWatchに公開します、既存のLogicMonitor AWSデータソースをすばやく変更したり、新しいAWSデータソースを作成してこれらの指標を収集したりできます。 

必須条件

  • AWSアカウントがLogicMonitorと統合されていることを確認してください。 詳細については、を参照してください。 AWS環境からLogicMonitorへ.

AWSCloudWatchデータソースのカスタマイズ

新規または既存のデータソースにディメンションを追加するには、次の手順を実行します。

1。 案内する 設定> LogicModules>データソース AWSデータソースを検索します。

注意:LogicMonitorのAWSデータソースのほとんどは、CloudWatchAPIをクエリするようにすでに設定されています。 の場合 コレクタ フィールドの値がAWSCLOUDWATCHの場合、カスタムメトリックを収集するために、フィールドを簡単に変更またはクローン化できます。

2.カスタムデータを収集するデータポイントを選択します。

注意:ディメンションを追加するには、[通常のデータポイント]を選択する必要があります。

3。 クリック 設定 選択したデータポイントの横にあるアイコン。

4. [通常のデータポイントの編集]ダイアログボックスで、[ クローン.

5.複製されたデータポイントの名前を変更し、メトリックパスを編集します。

メトリックパスの構文は次のとおりです。

Namespace>Dimensions>Metric>AggregationMethod

どこ 

  • ディメンションは、次の形式のXNUMXつ以上のキーと値のペアである必要があります。

寸法=
DimensionName1:DimensionValue1>DimensionName2:DimensionValue2

注意: CloudWatchメトリックス名ではスペースが許可されているため、メトリックスパスの空白はLogicMonitorによって指定された名前のスペースとして解釈されます。 CloudWatchメトリクスに含まれていないスペースの使用は避けてください。 また、一部のメトリックには集計メソッドがない場合や、特定の集計メソッドのみが公開される場合があります。 メトリックスパスを正しく構築するための最も簡単な方法は、AWSCLIなどのAWSツールを使用してメトリックスを一覧表示することです。 その後、複製されたデータポイントまたは新しいデータポイントのメトリックパスを編集できます。

6.新しいデータポイントを保存してから、データソースを保存します。 LogicMonitorは自動的にこのデータの収集を開始します
編集したデータソースが適用されるAWSデバイスの場合。

注意: メトリックスパスに「より大きい」および「より小さい」文字を含むカスタムAWSCloudwatchメトリックスを定義できます。 ただし、「>」文字は次元区切り文字として解釈されるため、「<」文字と「>」文字をそれぞれ「[[」と「]]」に置き換える必要があります。 たとえば、メトリックパス cloudwatch> path 次のように入力する必要があります cloudwatch]]パス LogicMonitor内。

次の例は、AWS_Route53データソースにデータポイントを追加してSSLHandshake時間を監視する方法を示しています。 これはカスタムCloudWatchメトリックスではありません。これは最近AWSによって導入され、AWS_Route53データソースに自動的に追加されます。 ただし、データポイントを編集またはAWSデータソースに追加するプロセスが示されています。

AWS CLIを使用したリストメトリクスは、以下を表示します。

AWS_Route53 DataSourceの既存のデータポイントのクローンを作成し、メトリックパスを次のように変更できます。

AWS/Route53>HealthCheckId:##system.aws.resourceId##>Region:##system.aws.region##>SSLHandshakeTime>Average

例2


次の例は、ActiveDiscoveryメソッドを使用して多次元データソースを作成する方法を示しています。 デバイスのディメンションとインスタンスのディメンションのXNUMXつのディメンションが必要です。

デバイスディメンションは、インスタンスがLogicMonitorに表示されるデバイスを指定します。

例:多次元のS3バケットデータソースを作成している場合。 [Device DimensionName]フィールドと[DeviceDimensionValue]フィールドにそれぞれBucketNameと## system.aws.resourceid ##を入力する必要があります。
インスタンスディメンションはインスタンスを検出し、メトリックパスに常に## wildvalue ##値を含みます。 したがって、S3バケットのデータソースの例では、[インスタンスディメンション値]フィールドにStorageTypeと入力します。

注意:Active Discoveryメソッドを使用しているデータポイントのメトリックスパスを編集するために、LogicMonitorのCloudwatchの標準メトリックスパスに従います。

Namespace>Dimensions>Metric>AggregationMethod

S3バケットのデータソースの例を続けましょう。 メトリックパスは次のとおりです。 

AWS/S3>BucketName:##system.aws.resourceid##>StorageType:##wildvalue##>BucketSizeBytes>Average

トラブルシューティング

通常、問題は次の理由で発生します。

1. メトリックパス構文が正しくありません。  AWS CLIなどのツールを使用して、構文が正しいことを確認することを検討してください。

注意:AWS CLIを使用して、メトリクス、ディメンション、およびアグリゲーションタイプの名前を確認できます。 詳細については、を参照してください。 CloudWatchメトリクスを公開するAWSサービス.

2. 誤った集計方法。  使用しようとしている集計方法は、目的のメトリックに対して有効ですか?

3. 不十分な権限。  場合によっては、カスタムCloudWatchメトリクスにユーザー以外のアクセス許可が必要になることがあります
LogicMonitorユーザーにプロビジョニングされている可能性があります。

データソースの[今すぐポーリング]機能を使用すると、発生している特定の問題を特定できます。[今すぐポーリング]オプションは[生データ]タブにあります。 [Raw Data]タブには、LogicMonitorがデータソースに対してAWSに対して行うリクエストと、AWSが返すエラーが表示されます。

記事上で