サポートセンターホーム


EAコレクター-27.300

07.25.18に公開

注:このバージョンには、でリリースされた修正も含まれています 27.002 リリース。

改善点:

  • 現在提供されているバージョンに、特定のMySQLJDBCドライバーjarとして指定する機能が追加されました。
  • JSONデータのWebページコレクションがローカルにキャッシュされるようになり、大規模なデータセットの読み取りパフォーマンスが向上しました。

修正:

  • SSL証明書の検証により、特定のGroovyスクリプトが正常に実行されない問題を修正しました。
  • ウォッチドッグプロセスがSBProxyプロセスを頻繁に再起動する問題を修正しました。
  • 26.XXXから27.XXXにアップグレードすると、データ収集タスク数の変動が大きくなる問題を修正しました。 collecter.max.init.delay.in.secondsのタイムアウト値はデフォルトで600になりました。
  • 遅いエンドポイントに対するperfmonの初期化により、sbroxyサービスが再起動する可能性がある問題を修正しました。
  • Groovyスクリプトのテスト実行を更新して、検出およびデータ収集プロセスと同じ方法を使用するようにしました。
  • TCP接続が正しく再利用されず、以前のバージョンよりも大幅に多くのオープン接続が作成される問題を修正しました。