サポートセンターホーム


VMware Horizo​​n Monitoring

概要

VMware Horizo​​nは、情報技術(IT)管理者がデスクトップとアプリケーションを提供し、さまざまなエンドポイントデバイスでデータを保護できるように設計された製品とテクノロジーのスイートです。LogicMonitorのVMware Horizo​​nパッケージを使用すると、永続ディスク、データストアの状態、デスクトップを監視できます。プール、vSphereホストの状態など。

セットアップ要件

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのVMware Horizo​​nLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

監視にデバイスを追加する

VMwareHorizo​​nデバイスを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

コレクターホストにHorizo​​nPowerCLIモジュールをインストールします

Horizo​​nPowerCLIモジュールをコレクターホストにインストールする必要があります。

Import-Module VMware.VimAutomation.HorizonView
Import-Module VMware.VimAutomation.Core

見ます Horizo​​nPowerCLIモジュールの使用 詳細については、VMware Horizo​​n7製品ドキュメントのセクションを参照してください。

プロパティとしての資格情報の入力

LogicMonitorは、リソースに正常にアクセスするために適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、次の最小権限を持つVMwareHorizo​​nユーザーアカウントに属している必要があります。

仕事の内容

製品説明

管理者(読み取り専用) 見ます 事前定義された管理者の役割 管理者(読み取り専用)の役割の詳細については、VMware Horizo​​n7製品ドキュメントのセクションを参照してください。

VMware Horizo​​nの管理者(読み取り専用)ユーザーアカウントを確立したら、LogicMonitor内のVMwareHorizo​​nリソースに次のカスタムプロパティを設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ

horizo​​n.user VMwareHorizo​​nのユーザー名
horizo​​n.pass VMwareHorizo​​nのパスワード
horizo​​n.force (オプション)このプロパティは、Connect-HVServerコマンドで-Forceを使用してバイパスするために使用されます。これにより、一部のユーザーにタイムアウトが発生します。 接続で-forceを使用しない場合は、この値をfalseに設定します。

トラブルシューティング

このパッケージには、VMware Horizo​​n Troubleshooter DataSourceが含まれています。これは、必要なプロパティが欠落している場合に検出されたインスタンスを返します。

パッケージ内のLogicModules

VMware Horizo​​n用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 製品説明
addCategory_VMwareBlastプロパティソースBLASTに関連するWMIクラスが検出されたホストに「VMwareBlast」プロパティを追加します。
addCategory_VMwareHorizo​​nConnectionServerプロパティソース「VMwareHorizo​​nConnectionServer」の値をに適用します system.categories WMIを介してVMwareHorizo​​n ConnectionServerを実行していると識別されたマシンのプロパティ。
VMware_Horizo​​n_Product_InfoプロパティソースHorizo​​n製品バージョンを検出し、それをプロパティに書き込みます。
VMwareHorizo​​n永続ディスクデータソースVMwareHorizo​​n永続ディスクを監視します。
VMwareHorizo​​nアプリケーションデータソースVMwareHorizo​​nアプリケーションを監視します
VMwareHorizo​​nデータストアデータソースHorizo​​n環境を支えるデータストアの状態を監視します。
VMware Horizo​​nvSphereホストデータソースHorizo​​n環境を支えるvSphereホストの状態を監視します。
VMwareHorizo​​nのトラブルシューティングデータソース–必要なプロパティが欠落している場合にのみ、検出されたインスタンスを返します。
VMwareHorizo​​n証明書データソース個々の証明書の有効性と有効期限のメトリックを監視します。
VMware Horizo​​nADドメイン接続データソースADサーバーへの接続サーバーの接続を監視します。
VMware Horizo​​n MachinesデータソースVMware Horizo​​nMachinesの状態を監視します。
VMwareHorizo​​nセッションデータソースこの接続サーバー上のセッションの基本的な状態を監視します。
VMwareHorizo​​n接続データデータソースPowerCLIを介した接続データの概要
VMware Horizo​​nRDSサーバーデータソースVMware環境でリモートデスクトップサービスサーバーを監視します。
VMwareHorizo​​nイベントデータベース接続データソースイベントデータベースへの接続の状態を監視します
VMware Horizo​​nPCoIPセッションデータソースWMIを介してPCoIPセッションメトリックを監視します。
VMwareHorizo​​nデスクトッププールデータソースVMwareHorizo​​n環境のデスクトッププールを監視します
VMwareHorizo​​nライセンス情報データソースライセンスの有効期限と有効な機能を監視します。
VMware Horizo​​nBlastセッションデータソースWMIを介してVMwareBLASTセッションに関する詳細情報を監視します。
VMwareHorizo​​nサービスデータソースHorizo​​nViewWindowsサービスの状態を監視します。

この統合パッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で