サポートセンターホーム


ピック&D3

Windows以外のマシンでPick(別名D3)データベースを監視するには、net-snmpがインストールされている必要があります。 デフォルトで異なるsnmpプロセスを実行するオペレーティングシステム(AIXなど)の場合、net-snmpをインストールする必要があります。 WindowsでのPickのサポートは間もなく開始されます。

Pickデータベースを監視する手順には、net-snmpを実行した後のXNUMXつのステップが含まれます。

  1. 小さなシェルスクリプトを作成する
  2. net-snmpを拡張して、このスクリプトを実行します

1.シェルスクリプト

スクリプトはどこにでもインストールできます。 この例では、「/ usr / local / bin /lm-d3stats.sh」にインストールします。

#/ bin / bash PICKUSER = "dm"; エクスポートPICKUSERPICKMD = "dm"; export PICKMD#パスワードを定義している場合は、ここに設定しますPICKUPASS = ""; PICKUPASS / usr / bin / d3tclmaxusersをエクスポートします| 文字列/ usr / bin / d3tcl free | 文字列/ usr / bin / d3tclバッファ| 文字列

これらおよびその他の変数の詳細は、Tigerlogic'sで確認できます。 d3tclコマンド(UNIX) マニュアルページ

2.net-snmpを拡張します

snmpd.confファイル(通常は/etc/snmp/snmpd.confまたは/etc/snmpd.confにあります)に次の行を追加して、net-snmpを拡張します。

extend lm-d3stats /bin/bash /usr/local/bin/lm-d3stats.sh

この行を追加した後、net-snmpプロセスを再起動して、有効にします。

これらの変更を行った後、データベースは3分以内にLogicMonitorのデータベースホストの「D5ステータス」データソースの下に表示されます。