サポートセンターホーム


APIトークン

概要

APIトークンを使用して リクエストの認証 〜へ LogicMonitorのRESTAPI。 APIトークンを使用すると、アカウント内のどのユーザーがREST APIを使用するかを制御し、ユーザーがRESTAPIを使用する頻度を監視できます。

APIトークンの作成

APIトークンは、ユーザーごとに、 ユーザーの管理 ダイアログ。 ユーザーは持っている必要があることに注意してください 十分な許可 APIトークンを作成するため。

APIトークンの表示

[設定]の[APIトークン]タブ| ユーザーアクセスは、すべてのアカウントユーザーのすべてのAPIトークンを表示します。 表示されたトークンごとに、関連付けられたユーザー、役割、メモ、作成日、最終使用日、および有効/無効のステータスを確認できます。 列ヘッダーで並べ替えたり、表示されるものを有効なトークンに制限したり、検索して探しているものをすばやく見つけたりします。

>

検索とソート

検索フィールドを使用して、XNUMXつ以上のトークンに関連付けられているアクセスID、ユーザー、ロール、またはメモを検索します。 有効なトークンのみを表示するには、検索フィールドの下にある[有効なもののみを表示する]チェックボックスを選択します。 列ヘッダーを選択して、表示されているトークンをその列で並べ替えます。

トークンの無効化と削除

トークンの[有効]チェックボックスをオンにして、トークンを無効にします。 無効にしたトークンは、「有効」チェックボックスを選択するだけで再度有効にできます。

APIトークンテーブルの右端にある「削除」アイコンを選択すると、トークンを削除できます。

記事上で