サポートセンターホーム


サーバーCPUレポート

概要

サーバーCPUレポートには、デバイスのXNUMXつ以上のグループの最小、最大、および平均CPU値が表示されます。これらのデバイスごとに監視されるCPUデータソースが異なる場合でも(たとえば、WinCPUデータソースはWindowsサーバーおよびNetSNMPCPUwithCoresのCPUを監視するために使用されます)データソースは、LinuxサーバーのCPUを監視するために使用されます)。 これらの値は表形式のデータ形式で表示され、さらにデバイスごとのグラフを含めることができます。 このレポートの柔軟性により、複数のデバイスタイプにわたってグラフと数値データを一緒に表示できるため、このレポートは、デバイスのグループ全体の最近のCPUパフォーマンスをすばやく確認するのに役立つ場合があります。

サーバーCPUレポートの構成

サーバーCPUレポートを構成するには、 レポート| 追加| レポート| サーバーCPUレポート。 さまざまなレポート設定を構成できるレポートダイアログが表示されます。

すべてのレポートタイプに共通の設定の構成

レポートダイアログにある最初のXNUMXつの設定(役職, 製品説明, グループ, フォーマット)、最終設定(スケジュールに従ってこのレポートを生成する)、すべてのレポートタイプに共通です。 これらのグローバルレポート設定の詳細については、を参照してください。 レポートの作成と管理.

サーバーCPUレポート設定の構成

次に表示および説明するレポート構成ダイアログの[サーバーCPUレポート設定]領域で、時間範囲やデバイスグループなど、サーバーCPUレポートに固有の設定を指定します。

時間範囲

このフィールドで、CPU統計を確認する期間を指定します。

グループ

ノーザンダイバー社の グループ フィールドに、XNUMXつ以上のデバイスグループを指定して、このレポートが適用されるデバイスを制限します。 これらのフィールドでは、明示的な名前またはglob式を使用できます。

注意: マルチグローブルックアップはこちらから入手できます。 globと個別の値の両方の組み合わせを選択して、グループを指定できます。 LogicMonitorによるglobのサポートの詳細については、を参照してください。 アカウント全体でGlobを使用する.

トップ10のみ

現在地に最も近い トップ10のみ レポートに表示される結果を上位XNUMX件の結果に制限するチェックボックス。

注意: グラフは、このチェックボックスが選択されている場合にのみ表示されます。

レポートの最後にグラフを表示する

現在地に最も近い レポートの最後にグラフを表示する チェックボックスをオンにすると、レポートの下部(つまり、CPU値のテーブルの下)にCPU値の関連するすべてのグラフが表示されます。

記事上で