サポートセンターホーム


アラート配信方法

概要

LogicMonitorは、アラート通知を配信するいくつかの方法をサポートしています。

使用される方法は、アラートの一致するアラートルールに割り当てられたエスカレーションチェーンによって決定されます。 アラートルールは、アラート通知として追加でルーティングされるアラートと、それらのルーティング方法を決定します。 現在のアラート条件にアラートルールが設定されていない場合は、LogicMonitorインターフェイスの[アラート]ページに表示されます。 アラートルールの詳細については、を参照してください。 アラートルール.

LogicMonitorは、音声通話とSMSメッセージに使用されるアカウントの電話番号を生成します。 アカウント用に生成された電話番号を知りたい場合は、LogicMonitorサポートにお問い合わせください。
注意: SMSメッセージングに使用される電話番号は、時間の経過とともに変更される場合があります。

テキストメッセージ(SMS)アラート配信

LogicMonitorは、テキストメッセージを介してアラートを配信するXNUMXつの方法をサポートしています。電子メールからSMSへのゲートウェイ(SMS電子メール)とネイティブSMSを介してです。

テキストメッセージ(SMS)アラート配信

注意: ニュージーランドのお客様は、SMSアラートを介した返信に対して0.20ドルのキャリア料金が発生する場合があります。

SMSメール

SMSゲートウェイへの電子メールは、SMSまたはmmsメッセージの配信に使用できる単なる電子メールアドレスです。 この方法の利点は、一般にキャリア料金がかからないことです。また、SMSゲートウェイや電話へのほとんどの電子メールは返信の件名または本文を保持するため、メッセージに返信するだけでアラートに簡単に応答できます。 欠点は、この電子メールゲートウェイを利用可能にする電話プロバイダーの可用性に依存することです。これは米国で一般的に行われていますが、他のすべての国では行われていません。

SMS電子メールアラート通知は、 デフォルトの電子メールアラートメッセージテンプレート アカウントで、アラートのデータポイント、EventSource、Webサイトなどにカスタムメッセージテンプレートが定義されていない限り。 SMS電子メールアラート通知の形式は、フル(アラートメッセージ全体を表示)またはショート(メッセージを160文字に制限)に設定できます。

SMS電子メールを介してアラート通知をルーティングするには、最初にSMS電子メールアドレスが user アカウントに、を追加します エスカレーションチェーンの受信者 連絡方法をユーザーのSMSメールアドレスに設定します。

SMS電子メールアラート通知に応答する方法については、を参照してください。 このヘルプページ.

ネイティブSMS

ユーザーの電話番号がアカウントで定義されている場合、ネイティブSMSメッセージをユーザーの電話に直接送信できます。 ネイティブSMSの利点は、信頼性が高く、プロバイダーが電子メールからSMSへのゲートウェイアドレスを提供しない場合でも機能することです。 この方法の欠点は、ネイティブSMSメッセージがコンテキストを伝達しないため(元のメッセージの件名が返信とともに返送されないため)、アラートへの応答が困難になることです。そのため、ユーザーは次の場合にアラートIDを入力する必要があります。アラートへの応答。

SMSアラート通知は、 デフォルトのSMSアラートメッセージテンプレート アカウントで、アラートのデータポイント、EventSource、Webサイトなどにカスタムメッセージテンプレートが定義されていない限り。

ネイティブSMSを介してアラート通知をルーティングするには、最初に電話番号が user アカウントに、を追加します エスカレーションチェーンの受信者 連絡方法をユーザーのSMS電話番号に設定します

ネイティブSMSアラート通知に応答する方法については、を参照してください。 このヘルプページ.

電子メールアラート配信

LogicMonitorを使用すると、次のXNUMXつの異なる方法のいずれかを使用して、アラート通知を電子メールアドレスにルーティングできます。

  • 標準の電子メールアラート配信
  • カスタムメールアラート配信

標準の電子メールアラート配信

標準の電子メールアラート配信は、アラート内のデータポイントの定義で定義されたアラートメッセージに従って、またはデータポイントにカスタムメッセージが定義されていない場合はデフォルトのアラートメッセージテンプレートに従ってアラート通知を送信します。 これには、電子メールをアラート専用にフォーマットできるという利点があり、アラートへの対応方法に関する説明情報やアドバイスを含めることができます。 たとえば、次の電子メールアラートについて考えてみます。

ホストprod5で、異常な数のTCP接続(おそらく着信接続)が失敗しています。 現在、毎秒4.16の失敗した接続があり、ホストは警告レベルになっています。

これは、アプリケーションのバックログパラメータが正しくないか、OSTCPリッスンキューの設定が正しくないことが原因である可能性があります。

電子メールアラート通知は、 メールアラートメッセージテンプレート アカウントで、アラートのデータポイント、EventSource、Webサイトなどにカスタムメッセージテンプレートが定義されていない限り。


アラートがデータポイントによってトリガーされた場合、結果の電子メールアラート通知には、解決までの時間を短縮するためのデータソースグラフが含まれます。 アラートのインスタンスとデータポイントに関連するすべてのグラフが含まれ、アラートの直前の60分のデータが特徴です。 データソースグラフの詳細については、を参照してください。 データソースグラフ.

アラート通知を電子メールでルーティングするには、次のいずれかを行います。

  • としてユーザーを追加します エスカレーションチェーンの受信者 連絡方法をメールに設定します。 または
  • エスカレーションチェーンの受信者フィールドのCCフィールドに任意の電子メールアドレスを追加します

電子メールアラート通知に応答する方法については、を参照してください。 このヘルプページ.

カスタムEメールアラート配信

カスタム電子メールアラート配信を使用すると、説明テキストなしで、アラート通知電子メールをより一貫性のある形式でフォーマットできます。 これは、たとえば、チケットシステムにアラート通知を送信する場合に有利です。 カスタム電子メールアラート配信を使用すると、トークンを使用して電子メールの件名と本文の正確な形式を定義できるため、受信者のシステムで簡単に解析できます。 たとえば、次のカスタム電子メールアラートについて考えてみます。

ホスト:ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internalデータソース:Pingデータポイント:平均レベル:警告開始:2015-10-09 14:44:13 PDT期間:0時間0分値:いいえデータ理由:平均

カスタム電子メールアラート通知は、カスタム電子メールアラート配信方法の定義の件名と電子メール本文に基づいてフォーマットされます。

カスタム電子メール配信を介してアラート通知をルーティングするには:

  1. 定義する カスタムメールアラート配信方法、および
  2. としてユーザーを追加します エスカレーションチェーンの受信者 連絡方法を、定義したカスタムの電子メールアラート配信方法に設定します。

電子メールアラート通知に応答する方法については、を参照してください。 このヘルプページ.

音声通話アラート配信

LogicMonitorアラート通知をアカウントのユーザーに音声通話で配信するように選択できます。 これらの通知は、に基づいてフォーマットされます デフォルトの電子メールアラートメッセージテンプレート アカウントで、アラートのデータポイント、EventSource、Webサイトなどにカスタムメッセージテンプレートが定義されていない限り。

音声通話を介してアラート通知をルーティングするには、ユーザーをとして追加します エスカレーションチェーンの受信者 連絡方法をそのユーザーの音声に設定します。 音声アラートは国際電話をサポートしていることに注意してください。E.164番号のフォーマットを使用して国際電話番号をフォーマットするだけです。 E.164番号は最大XNUMX桁で、通常は次のように記述されます:[+] [国コード] [市外局番を含む加入者番号]。

  • たとえば、米国の電話番号(415 599 2671)をE.164形式に変換するには、番号(+1 1 415 599)の前に「+」プレフィックスと国コード(2671)を追加する必要があります。 )。 英国およびその他の国際的な多くの国では、ローカルダイヤルでは、加入者番号の前に0を追加する必要があります。 ただし、E.164フォーマットを使用するには、この0を削除する必要があります。 英国の020 7183などの番号は、+ 8750 44 20の形式になります。


電話機のキーパッドで応答することにより、音声通知を介して配信されたアラートを確認、SDT、またはエスカレーションできます(通知メッセージはそのための指示を提供します)。

アラート統合配信

LogicMonitorは、ほとんどのチャットツール、チケットシステム、および社内で利用できるその他のサービスと連携するように作成できます。 これらのアラート統合により、LogicMonitorはサードパーティのコラボレーションツールと対話し、LogicMonitorアラートに基づいて、これらのツールでインシデントを開く、更新する、閉じるなどのアクティビティをサポートできます。

前述のように アラート統合の概要、LogicMonitorは、いくつかの事前構成されたアラート統合、およびカスタム統合を作成する機能を提供します。

記事上で