サポートセンターホーム


Cisco Unified Call Manager(CUCM)APIモニタリング

概要

LogicMonitorのCiscoUnified Call Manager(CUCM)APIモニタリングパッケージは、シスコの パフォーマンス監視API、PerfMon APIとも呼ばれ、サービス、リソース、呼び出し、およびその他の高レベルのメトリックのステータスを監視および警告します。

互換性

2021年XNUMX月の時点で、LogicMonitorのCUCM監視パッケージは以下と互換性があることがわかっています。

  • perfmonservice2エンドポイントをサポートするすべての既知のバージョン。

シスコが新しいバージョンのCUCMをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

CallManagerホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加。 これらのモジュールを適用して監視を開始するには、PerfMon APIにアクセスするための十分な権限を持つ資格情報をこのホストにプロパティとして追加する必要があります(詳細は次のXNUMXつのセクションにあります)。

資格情報を取得する

LogicMonitorは、Call Managerリソースのデータに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、LogicMonitorのリソースのプロパティとして保存され、PerfMonAPIへの完全な読み取りアクセスを提供する必要があります。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のCUCMリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ
cucm.api.user PerfMon RESTAPIユーザー名
cucm.api.pass PerfMon RESTAPIパスワード
cucm.api.port CUCMがPerfMonAPIを公開するTCPポート。 デフォルトでは、LogicMonitorはポート8443でアクセスを試みますが、このプロパティを使用して、別のポートを介したアクセスを構成できます。

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorパブリックリポジトリから、にリストされているすべてのCUCM APILogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、データ収集が自動的に開始されます。

トラブルシューティング

LogicModulesの適用に失敗した場合、チェックする最初のLogicModuleは addCategory_CiscoCUCMAPI PropertySourceは、他のLogicModuleが適用される前に、アクセスをテストおよび検証します。 診断するデバッグ出力でエラーを探します。 最も一般的なエラーは、資格情報または権限が正しくないことです。

パッケージ内のLogicModules

CUCM APIモニタリング用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

お名前 種類 製品説明
addCategory_CiscoCUCMAPI プロパティソース ホストがPerfMonAPIアクセスを備えたCUCMデバイスであるかどうかを識別します。 「CiscoCUCMAPI」の値をに割り当てます system.categories 有効な場合はホストのプロパティ。
Cisco_CUCM_LBM データソース Location BandwidthManagerを監視します。
Cisco_CUCM_MTPDeviceStatistics データソース メディアターミネーションポイントデバイスのリソース情報を提供します。
Cisco_CUCM_レプリケーション データソース レプリケートとその現在の状態に関する情報を提供します。
Cisco_CUCM_Services データソース コントロールセンターのサービスを監視します。
Cisco_CUCM_SIP データソース 音声通話とビデオ通話のSIP情報を提供します。
Cisco_CUCM_SystemPerformance データソース さまざまなグローバルシステムパフォーマンスメトリックを監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で