Helm チャートのリリースのモニタリング

最終更新日: 02 年 2023 月 XNUMX 日

Helm チャートは、Kubernetes アプリケーションの管理、インストール、定義、およびアップグレードに役立ちます。 したがって、Helm Chart リリースのステータスを監視する必要があります。 さらに、Helm リリース チャートごとに、複数のシークレットが生成されます。

注: Helm チャートのデプロイ中に生成されたシークレットは、スタンドアロン リソースとして監視されません。 Helm チャートのみが監視されます。

Helm チャート v3 以降のポータルで Helm リビジョンと Helm ステータスを表示できます。 Helm リリースのデプロイの失敗など、さまざまなイベントに関するアラートを受け取ることもできます。

要件

  • LM Container Chart バージョン 3.3.0 以降をインストールします。
  • Helm チャートを監視するために、シークレットの監視が無効になっていないことを確認します。
    デフォルトでは、Secrets モニタリングは有効になっています。 ただし、シークレットの監視を無効にするには、次を参照してください。 シークレット モニタリングの無効化.
  • Kubernetes Helm Status DataSource と Kubernetes Helm チャートをダウンロードします。 からのConfigSource LogicMonitor ポータル > LogicModules > My Module Toolbox > Exchange.

Helm チャート監視の詳細の表示

  1. LogicMonitor ポータルにログインします。
  2. MFAデバイスに移動する リソース > 必要な DataSource リソースを選択しますを選択し、 インフォ タブには何も表示されないことに注意してください。



  3. ソフトウェア設定ページで、下図のように インフォ タブでは、次の Helm チャート リリース データを表示できます。
    • プロパティ – Helm リリースのプロパティを表示します。
    • グループのメンバーs – Helm リリースが属するグループを表示します
    • 外部リソースID(ERI) – Helm リリースの ERI を表示します。
      詳細については、以下を参照してください [情報]タブ.



      Note注: リリースのデプロイが失敗すると、警告エラー メッセージが生成されます。
  4. 選択 アラート Helm Chart リリース リソースのステータスを確認する際に生成されたアラートを表示します。



  5. 選択 グラフをクリックし、必要なリソースを選択して、Helm リリースのステータスまたは詳細をグラフィカル形式で表示します。



  6. 選択 すべてのデータソース、すべての DataSources のグラフを表示します。
    グラフをフィルタリングして必要な時間範囲を選択し、Helm リリースのステータスを確認することもできます。



  7. MFAデバイスに移動する リソース > 必要な ConfigSource リソースを選択します をクリックして 構成.

  8. 構成 タブを選択 必要な Helm リリース チャートのバージョン 構成の詳細を表示します。
    構成パネルが表示されます。



  9. 構成 セクション、選択 比べる 必要な Helm チャートのリリース バージョンを比較します。
    Note: デフォルトでは、選択したバージョンと以前のバージョンを比較します。 ドロップダウン リストから必要なバージョンを手動で選択できます。

    Note: コピー、ダウンロード、またはその両方が可能です。 構成を表示 および 比べる 詳細。
  10. 構成 セクション、選択 アラートの概要 アラートの詳細を表示します。

  11. 現在地に最も近い 最終チェック アイコンをクリックして、構成チェックをオンデマンドで実行します。

モニタリングからの Helm リリース リソースの除外

次のように、複数の Helm リリース リソースまたは単一の Helm リリース リソースを監視から除外できます。

複数の Helm リソースの除外

Helm リリース リソースを監視から除外するには、Helm チャートに次の構成フィルターを追加し、Helm のアップグレードを実行します。

argus:
 filters:
   - 'type == "secret" && jsonGet(object, "type") == "helm.sh/release.v1"'

単一の Helm リソースの除外

単一の Helm リリース リソースを監視から除外するには、Helm チャートに次の構成フィルターを追加し、Helm のアップグレードを実行します。

argus:
 filters:
 - 'type == "secret" && jsonGet(object, "type") == "helm.sh/release.v1" && jsonGet(object, "metadata.labels.name") == "<HELM_RELEASE_NAME>" && namespace == "<HELM_RELEASE_NAMESPACE>"'

ダッシュボードの作成

Helm リリースのステータスを監視するためのダッシュボードを作成できます。

要件

ダウンロード Kubernetes_Helm_Charts.json ファイルにソフトウェアを指定する必要があります。

手順

  1. MFAデバイスに移動する ダッシュボード > 追加.
  2. ノーザンダイバー社の Add ドロップダウンリスト、選択 ファイルから.
  3. ダウンロードした JSON ファイルをインポートして Helm リリース ダッシュボードを追加し、選択します。 送信.
  4. [JSON ファイルからダッシュボードを追加] ダイアログ ボックスで、 名前ダッシュボードグループ フィールドと選択 Save.


  5. ソフトウェア設定ページで、下図のように ダッシュボード ページで、仕様から作成された新しい Kubernetes Helm Charts ダッシュボードを次のように表示できるようになりました。

  1. (オプション)選択 運用上の注意 Helm チャートのリリースを監視し、チャートのバージョンの更新を追跡します。
    Note: デフォルトでは、OpsNote 機能は無効になっています。 OpsNotes を追加する権限が必要です。 詳細については、次を参照してください。 OpsNotesの使用.

  2. (オプション) ダッシュボードに OpsNotes を追加するには、ヘルム チャートに次の構成を追加する必要があります。
argus:
 lm:
   opsNotes:
     secrets:
       helmCharts:
         enabled: true

注: OpsNote 機能を無効にする場合は、Helm チャートで enabled パラメータを false に設定します。

付録

シークレット モニタリングの無効化 

Helm チャートでリソース タイプを構成して、リソースの監視を無効にすることができます。

例:

argus:
 monitoring
    disable:
      - Secret

注: Helm リソースはシークレットを使用して追加されるため、シークレットの監視を無効にしないでください。

記事上で