サポートセンターホーム


LogicMonitorのトレーニングと認定

LogicMonitorトレーニング

LogicMonitorのトレーニングポータルには、LogicMonitorポータル内からアクセスできます。

LogicMonitorポータルのXNUMXつの場所のいずれかからトレーニングポータルにアクセスします
製品の現在アクティブな領域に応じて、ヘッダーメニューの右上にあるトレーニングアイコン(上の画像で強調表示)をクリックするか、を選択してトレーニングにアクセスできます。 プロフィール| トレーニング 左側のナビゲーションメニューから(下の画像で強調表示)。

ポータルに初めてアクセスすると、学習管理システム(LMS)であるSkilljarを使用してトレーニングユーザーアカウントを作成するように求められます。 名、名前、メールアドレスの確認を求められます。 の値は変更できないことに注意してください ユーザー これは、プログラムでLogicMonitorユーザーアカウントに関連付けられているためです。

トレーニングアカウントの作成ダイアログ

クリックした後 してアカウントを作成、入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。 確認メールは、LogicMonitorアラートと同じメールアドレスから送信されます([メール保護] ここで、accountNameはLogicMonitorアカウントの名前です)。 最初に電子メールが表示されない場合は、スパムフォルダまたはアラート通知用に構成した可能性のある電子メールフィルタを確認してください。 徹底的に検索してもメールが見つからない場合は、サポートにお問い合わせください。

トレーニングユーザーアカウントを作成して確認すると、LogicMonitorポータルからトレーニングにアクセスするたびにトレーニングポータルに直接移動します。

認証プログラム

無料のオンデマンドeラーニングコンテンツに加えて、LogicMonitorはXNUMXつの技術認定プログラムを開発しました。

  • LogicMonitor認定アソシエイト(LMCA)
  • LogicMonitor認定プロフェッショナル(LMCP)

各認定コースは、LogicMonitor UIの多数の例に基づいて、グラフィカルコンテンツやビデオコンテンツを含む独自の学習体験を提供します。 すべてのコンテンツは、シニアトレーニングエンジニアによって開発されており、新製品ユーザーのオンボーディングとトレーニングの長年の経験に基づいています。

コースの内容を完了した後、ユーザーは認定試験を受けます。 認定を受けるには、ユーザーは80%以上のスコアを獲得する必要があります。 認定試験に合格すると、ユーザーはチームやソーシャルメディアで共有できる達成度を文書化した電子証明書を受け取ります。

認定プログラムの購入

LMCAおよびLMCPプログラムは、トレーニングポータルから直接クレジットカードで購入できます。 アカウントマネージャーからトレーニングパッケージを購入して請求された場合、カスタマーサクセスマネージャーがプログラムに登録し、トレーニングポータルにログインしたときに自動的にアクセスできるようにします。 XNUMX人以上のエンドユーザーの認定を購入した管理者の場合は、プログラムへのアクセスが必要な個人の電子メールアドレスをCSMに通知するだけです。 エンタープライズまたはプロのトレーニングバンドルを購入した場合、CSMは、複数のユーザーが認定プログラムに無料で登録するために使用できるコードを提供します。

認定プログラムに登録すると、XNUMX年間のトレーニング資料と試験にアクセスできるようになります。

LogicMonitor認定アソシエイト(LMCA)

LMCAは、LogicMonitorの新規ユーザー向けの入門および基礎認定です。 このプログラムは、概念と実用の両方の観点からLogicMonitorを提示します。 エンドユーザー向けに設計されたLMCAは、基本的な概念、使用法、およびベストプラクティスをカバーしています。 初期設定、構成、または管理タスクについては説明していません。

LMCAコースと認定試験の両方のおおよその期間はXNUMX時間です。 新規のお客様の場合、LMCAを正常に完了することは、LMCPに登録するための推奨される前提条件です。

トピックは次のとおりです。

  • LogicMonitorプラットフォームアーキテクチャ
  • UIのナビゲート
  • リソースとグラフの表示と操作
  • アラートの分析と対応
  • ダッシュボードとレポートの構成

LMCA試験

LMCA試験は、20問の多肢選択問題で構成されています。 合格点は80%(16/20)です。

LMCAプログラムの購入には、試験に合格するためのXNUMX回の試行が含まれます。 両方の試みで試験に不合格になった場合は、 [メール保護]。 試験結果を確認してから、プログラムと試験に再登録するための次のステップに関するガイダンスと情報を提供するためにご連絡します。

すべての質問は同じ重みが付けられます。 複数回答の質問の場合、質問に正解のマークを付けるには、すべての正解を選択する必要があります。 間違った答えにはマイナスの点はないので、答えがわからない場合は推測できます。 時間制限はありませんが、XNUMX回のセッションで試験を完了する必要があります。 作業内容を保存して後で戻ることはできません。

LMCA試験はオープンブックです。 試験を進める際には、コースの内容とLogicMonitorのサポートドキュメントを自由に参照できます(また、推奨されています)。また、他のオンライン資料を検索することもできます。 試験中は、アクティブなLogicMonitorアカウントにログインすることをお勧めします。

試験に役立つオンライン資料を参照することをお勧めしますが、試験は独自に完了し、他の個人から試験に関する支援を受けることはないと確信しています。

LogicMonitor認定プロフェッショナル(LMCP)

LMCAに基づいて構築されたLMCPは、LogicMonitor管理者および上級ユーザー向けに設計されています。 このプログラムは、LogicMonitorポータルの初期セットアップ、構成、および管理タスクをカバーしています。 LogicMonitorソリューションを展開および保守するためのベストプラクティスが含まれています。

LMCPコースと認定試験の両方のおおよその期間はXNUMX時間です。 経験豊富なLogicMonitor管理者は、前提条件としてLMCAをスキップし、LMCPに直接ジャンプすることをお勧めします。

LMCPプログラムを購入すると、17の個別トレーニングモジュールにアクセスでき、最終試験でXNUMX回試行できます。

トレーニングモジュール

製品分野ごとに分類されたLMCPトレーニングモジュールには、次のものが含まれます。

  • はじめにと概要
  • グループ構造の設計
  • ユーザーと権限の管理
  • コレクター
  • デバイスの追加
  • ロジックモジュール
  • NetFlow
  • LMクラウド
  • LMコンテナ
  • LMサービスインサイト
  • トポロジーマッピング
  • ウェブサイトの監視
  • アラートチューニング
  • アラートルーティングダッシュボード
  • レポート
  • API

LMCP試験

LMCP試験は、50問の多肢選択問題で構成されています。 合格点は80%(40/50)です。

LMCPプログラムの購入には、最終試験に合格するためのXNUMX回の試行が含まれます。 すべての試行で試験に不合格になった場合は、 [メール保護]。 試験結果を確認してから、プログラムと試験に再登録するための次のステップに関するガイダンスと情報を提供するためにご連絡します。

すべての質問は同じ重みが付けられます。 複数回答の質問の場合、質問に正解のマークを付けるには、すべての正解を選択する必要があります。 間違った答えにはマイナスの点はないので、答えがわからない場合は推測できます。 時間制限はありませんが、XNUMX回のセッションで試験を完了する必要があります。 試験の進行状況を保存して後で戻ることはできません。

LMCP試験はオープンブックです。 試験を進める際には、コースの内容とLogicMonitorのサポートドキュメントを自由に参照できます(また、推奨されています)。また、他のオンライン資料を検索することもできます。 試験中は、アクティブなLogicMonitorアカウントにログインすることをお勧めします。

試験に役立つオンライン資料を参照することをお勧めしますが、試験は独自に完了し、他の個人から試験に関する支援を受けることはないと確信しています。

トレーニングウェビナー

LogicMonitorのトレーニングチームは、一般的な製品知識と新機能をカバーするライブウェビナーを提供しています。 さらに、テクニカルトレーナーが質問に答えるために利用できる、常設のオフィスアワーセッションを提供しています。 営業時間のセッションにはトピックが決まっていないので、質問を持ってきて、好きなように行き来してください。 今後のウェビナーを表示して登録するには、次のWebサイトにアクセスしてください。 コミュニティイベント.

以前のすべてのウェビナーの記録は、トレーニングポータル(LogicMonitorポータルのトレーニングリンクからアクセス)またはコミュニティフォーラム(上記のリンク)で表示できます。

記事上で