サポートセンターホーム


EAコレクター-28.300

05.07.19に公開

改善点:

  • 新しいコレクターデータソースを介した全体的なメモリとCPU使用率のより良い監視。
  • ActiveDiscovery履歴のコレクタメモリ使用量を減らします。
  • Linuxコレクターは非特権を作成します ロジックモニター 非ルートが選択されたときにコレクターを実行するユーザー。
  • システムのsnmpwalkおよびsnmpgetコマンドの実行のサポート(useSystem = true)
  • 内部WebチェックのSSEメモリ使用量の削減
  • ギャップを回避し、より多くの場合に実際のエラーコードを返すように、WMIエラー処理ロジックを改善しました
  • Test Active Discovery for SNMPは、getNextとgetBulkの両方の診断コマンドを返すようになりました
  • 無効な接続が誤ってキャッシュされた場合の潜在的なデータギャップを回避するために、JMXデータ収集ロジックを改善します
  • 部分的にしかアンインストールされなかった一部のシナリオで、コレクターを完全に削除するようにアンインストーラーを改善しました

修正:

  • ESXコレクターでの潜在的なメモリリークを修正しました
  • WindowsCollectorのデバイス名が誤って「不明」と表示される問題を修正しました
  • Syslogコレクターが過剰なメモリを使用していた問題を修正しました
  • インストールディレクトリに役に立たないフォルダを作成するエラーを修正しました