サポートセンターホーム


埋め込みURLを介したウィジェットの共有

概要

構成して保存すると、ウィジェットは埋め込みURLを介してLogicMonitorプラットフォームの外部で共有できます。 埋め込みウィジェットのURLは、LogicMonitorでサポートされているブラウザバージョンから起動し、共有ウィジェットの読み取り専用バージョンを表示します。 時間内のスナップショットのみをサポートする共有ダッシュボードとは異なり、共有ウィジェットは常に現在の状態を反映します。 で説明したように 役割、埋め込みウィジェットのURLを生成および管理するには、ユーザーアカウントに適切なダッシュボード権限が割り当てられている必要があります。

注意: ポータルへの不正な外部アクセスは、埋め込まれたウィジェットURLを介して提供されません。 ただし、埋め込みウィジェットURLのビューアが、URLの発信元のポータルにログインしている(適切なアクセス許可を持っている)場合は、たとえば、デバイスやトポロジマップへのリンクをたどるなどのアクションを実行できます。

埋め込みウィジェットのURLの生成

保存されたウィジェットの埋め込みウィジェットURLを生成できます。 ウィジェットの埋め込みURLを生成するには:

  1. ダッシュボードでウィジェットを見つけ、その右上のドロップダウン矢印をクリックして、[構成]を選択します。

    メニューオプションの構成

  2. ストリーミングを停止する場合は上部の 生成する の右側にあるボタン ウィジェット埋め込みURL フィールド。

    注意: 世界 生成する 以前に埋め込みURLを生成したことがある場合、ボタンは使用できません。 LogicMonitorは、ユーザーごとのウィジェットごとにXNUMXつの埋め込みURLのみをサポートします。

  3. 新しいURLは、ウィジェットトークンの見出しの下のテーブルに表示されます。 鉛筆アイコンを使用して、編集モードで設定を開き、オプションで、埋め込まれたURLの使用目的を説明するメモを追加できます。
  4. ストリーミングを停止する場合は上部の コピー ボタンをクリックして、URLをクリップボードにコピーします。

埋め込まれたウィジェットのURLの管理

埋め込まれたURLは、最初に生成されたものと同じダイアログで、無効にするか、ウィジェットの構成から削除できます。 さらに、LogicMonitorは、すべての共有ウィジェットにわたって、生成されたすべての埋め込みウィジェットURLを表示できるインターフェイスを提供します。 に移動して利用可能 設定| ユーザーアクセス| ユーザーと役割| ウィジェットトークン、ウィジェットトークン管理インターフェイスを使用すると、詳細の表示、並べ替え、検索、無効化/有効化、削除、および以前に生成された埋め込みウィジェットURLのメモの更新を行うことができます。

埋め込みウィジェットのURLを削除または無効にすると、他の場所にある埋め込みリンクが壊れます。

[ウィジェットトークン]タブから埋め込みウィジェットのURLトークンを管理します

記事上で