VirtualMachineでRCAを有効にする

最終更新日: 09 年 2024 月 XNUMX 日

リソースとして追加され、「VirtualMachineResource」で示される仮想マシンの根本原因分析を有効にできます。詳細については、を参照してください。 根本原因分析の有効化。

要件

  • 仮想マシンの根本原因分析を有効にするには、LogicModules をインポートする必要があります。詳細については、を参照してください。 LogicModulesをインポートする.

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべての「VirtualMachine」LogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされた後、PropertySourcesは自動的にホストを検出し、適切な値をに割り当てます。 system.categories 財産。 これらの設定は、データソース(およびLogicMonitorアカウントでサポートされている場合はConfigSources)も自動的に関連付け、データの監視を開始します。

パッケージ内のLogicModules

表示名 Description
Cisco_HyperFlex_HypervisorControllerVMSデータソースCisco HyperFlexHypervisorController仮想マシンのメトリックを決定します。 データには、仮想マシンの状態、役割、メモリ、および使用可能なディスクが含まれます。
Cisco_HyperFlex_HypervisorVMSデータソースCiscoHyperFlexHypervisor仮想マシンのメトリックを決定します。 データには、仮想マシンとゲストOSの状態、使用可能なストレージと消費されたストレージ全体が含まれ、仮想マシンがテンプレートを使用して作成されたかどうかが示されます。
Cisco_HyperFlex_ノードデータソースCiscoHyperFlexノードに関連するメトリックを監視します。 データには、さまざまなノードの状態と、ノードに関連付けられているディスクの数が含まれます。
VMware_vCenter_VMパフォーマンスデータソースvSphere / vCenter仮想マシンのCPU、ディスク、メモリ、およびネットワークのパフォーマンスメトリックを監視します。
VMware_vCenter_VMSnapshotsデータソースvSphereまたはvCenter仮想マシンでのスナップショットの使用状況を監視します。
VMware_vCenter_VMStatusデータソースvSphereまたはvCenter仮想マシンの電源、ハートビート、フォールトトレランス、ゲストツールの状態、および最後の電源投入からの時間を追跡します。
vCenterを設定します– および外部リソースID(ERI)としてのMACアドレス。 「VirtualMachine」をデフォルトの外部リソースタイプ(ERT)として設定します。
VMware_vSAN_VMパフォーマンスデータソースvSANデータストアに関連するVMパフォーマンスを返します。
VMware_vSphere_VMパフォーマンスデータソースvSphere / vCenter仮想マシンのCPU、ディスク、メモリ、およびネットワークのパフォーマンスメトリックを監視します。
VMware_vSphere_VMステータスデータソースvSphereまたはvCenter仮想マシンの電源、ハートビート、フォールトトレランス、ゲストツールの状態、および最後の電源投入からの時間を追跡します。
Win_HyperV_VirtualMachinesデータソースWindowsServer2008以降のHyperV仮想マシンの要約統計。

Note: 仮想マシンの根本原因分析を有効にし、親リソースに障害が発生した場合に必要なリソース グループに仮想マシンを追加すると、親リソースに対してアラートが送信され、そのリソース グループ内のリソースに対してアラートが送信されます。抑制された。
さらに、根本原因分析用のリソースとして仮想マシンが含まれています。ただし、VMInstance は根本原因分析の対象から除外されます。

記事上で