サポートセンターホーム


ウェブサイトの監視とは何ですか?

概要

LogicMonitorを使用すると、ネットワークの外部から、またはネットワーク内にあるコレクターから、Webサイトのパフォーマンスと可用性を定期的にテストできます。 前者は、一般の人々が体験するWebサイトのアクセシビリティと機能を監視し、後者は、ビジネスの内部ユーザーが体験するWebサイトのアクセシビリティと機能を監視します。

LogicMonitorのWebサイト監視機能は、次のXNUMX種類のチェックに分けられます。

  • Webチェック。 XNUMXつ以上のURLに対して定期的にHTTPGET、HEAD、またはPOST要求を行います(LogicMonitorは、基本認証、NTLM認証、またはフォームベース認証を処理できます)。 Webチェックは、ネットワーク外の外部の場所から、またはネットワーク内にあるコレクターから取得できます(内部Webチェックと呼ばれます)。 Webチェックを追加する手順については、を参照してください。 Webチェックの追加.
  • pingチェック。 定期的にIPアドレスにpingを実行します。 Webチェックと同様に、Pingチェックは、ネットワーク外の外部の場所から、またはネットワーク内にあるコレクターから取得できます(内部Pingチェックと呼ばれます)。 Pingチェックを追加する手順については、を参照してください。 pingチェックの追加.

ウェブサイトページ

ウェブサイトの監視は、アカウントのウェブサイトページから管理されます。 次に示す(そして説明する)ように、WebサイトページにはXNUMXつの主要なコンポーネントがあります。

  • ナビゲーションツリー。 左側のナビゲーションパネルでは、WebチェックとPingチェック、およびチェックグループ間を移動して検索できます。
  • 詳細パネル。 詳細パネルは、ナビゲーションツリーで選択したアイテムに関連する情報を表示するいくつかのタブ(グラフ、生データ、情報、アラート、SDT、ステップ)で構成されています。
  • ツールバー機能。 ツールバーボタン([管理]、[Webサイトのデフォルト]、および[時間範囲])を使用すると、ナビゲーションツリーで選択したアイテムの構成を編集したり、操作メモを追加したり、設定したりできます。 ウェブサイトのデフォルト設定、および表示されるデータの時間範囲を変更します

Webサイトで監視されているデータは何ですか?

Webサイトについて収集されるメトリックは、WebサイトがWebチェックまたはPingチェックのどちらで監視されているかによって異なります。 収集されたデータは、Webサイトの[グラフ]タブと[生データ]タブから表示できます。 次のスクリーンショットで強調表示されているように、これらのタブは両方ともチェックポイントごとにWebサイトデータを追跡します( )および全体的なチェックポイントベース( ).

注意: Webサイトの[グラフ]タブと[生データ]タブでWebサイトのメトリックを表示するだけでなく、ダッシュボードからこれらのメトリックを表示することもできます。 見る ウィジェットの概要 ダッシュボードへのWebサイトメトリックの追加の詳細については。

Webチェックのために監視されるデータ

Webチェックで構成された各チェックポイント(外部のLogicMonitorチェックポイントまたは内部のコレクター)について、次のデータが監視されます。

  • 反応時間。 Webチェック全体の実行にかかる時間(ミリ秒単位)は、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[応答時間]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。
  • 状態。 Webチェックのステータス(OK、タイムアウトなど)は、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[ステータス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で確認できます。 LogicMonitorがWebチェックに対して返すさまざまなステータスコードの説明については、を参照してください。 ウェブサイトのステータスコードを理解する.
  • 時間を読んでください。 最初のバイトから最後のバイトまで、サーバーから返送されたすべてのデータの読み取りに費やされた合計時間(ミリ秒単位)。 このデータは、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[初期接続パフォーマンス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。 Webチェックの最初のステップの読み取り時間のみが収集されます。
  • 待ち時間。 サーバー側のプロセス遅延(ミリ秒単位)。 このデータは、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[初期接続パフォーマンス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。 Webチェックの最初のステップの読み取り時間のみが収集されます。
  • SSLハンドシェイク時間。 証明書の交換と検証を含む、SSLハンドシェイクのネゴシエーションに費やされた時間(ミリ秒単位)。 このデータは、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[初期接続パフォーマンス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。 Webチェックの最初のステップの読み取り時間のみが収集されます。
  • SSLステータス。 WebサイトのSSL環境のステータス(OK、期限切れの証明書など)は、チェックポイントの場所ごとに[生データ]タブの列データとして表示されます。 LogicMonitorがSSLステータスに対して返すさまざまなステータスコードの説明については、を参照してください。 ウェブサイトのステータスコードを理解する.
  • 接続時間。 SYN / ACKネゴシエーションを含む、ソケット接続の確立に必要な時間(ミリ秒単位)。 このデータは、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[初期接続パフォーマンス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。 Webチェックの最初のステップの読み取り時間のみが収集されます。
  • DNS解決時間。 必要に応じてDNSサーバーに接続するために必要な時間を含む、DNSを解決するために必要な時間(ミリ秒単位)。 このデータは、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[初期接続パフォーマンス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。 Webチェックの最初のステップの読み取り時間のみが収集されます。

チェックポイントごとにデータを表示することに加えて、Webチェック全体の状態を表示する(つまり、すべてのチェックポイントの場所で集計された)いくつかのメトリックが提供されます。

  • 全体的なステータス。 チェックポイントの場所がエラーを返さない場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「1」を返します。 2つ以上のチェックポイントでエラーが検出された場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「XNUMX」を返します。 全体的なステータスは、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[Webサイトの全体的なステータス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で視覚的に確認できます。 全体的なステータスエラーに関するより具体的な情報を取得するには、個々のテスト場所のWebチェックステータスコードを確認する必要があります。
  • 全体的なSSLステータス。 チェックポイントの場所がSSLエラーを返さない場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「1」を返します。 2つ以上のチェックポイントでエラーが検出された場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「XNUMX」を返します。 全体的なSSLステータスは、[生データ]タブの列データとして利用できます。 全体的なSSLステータスエラーに関するより具体的な情報を取得するには、個々のテスト場所のステータスコードを確認する必要があります。
  • サイトモニターの総数。 チェックに参加したチェックポイントの数。 このカウントは、[生データ]タブの列データ(つまり、「totalSmCount」)として利用できます。
  • 失敗したサイトモニターカウント。 チェックに失敗したチェックポイントの数。 このカウントは、[生データ]タブの列の日付として利用できます(つまり、「failSmCount」)。
  • レポートのタイムスタンプ。 サイトモニターがデータを報告したときのタイムスタンプ(秒単位)。 このカウントは、[生データ]タブ(つまり、「reportlSmEpoch」)の列の日付として利用できます。

pingチェックのために監視されるデータ

Pingチェックで構成された各チェックポイント(外部のLogicMonitorチェックポイントまたは内部のコレクター)について、次のデータが監視されます。

  • ルートをトレースします。 チェック トレースルート ホスト名またはIPアドレスのリストを表示するオプションテストパケットは、発信元のテストチェックポイントから宛先のホスト名またはIPアドレスにルーティングされます(ライブデータキャプチャはトラブルシューティングのみを目的とし、トレースルート情報は履歴目的で保存されません)。
  • 状態。 Pingチェックのステータス(OK、DNS障害など)は、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[ステータス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で確認できます。 LogicMonitorがPingチェックに対して返すさまざまなステータスコードの説明については、を参照してください。 ウェブサイトのステータスコードを理解する.
  • 最大、最小、および平均の往復時間。 Pingチェックのパケットの最大、最小、および平均ラウンドトリップ時間(RTT)は、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[応答時間]グラフ)とRawの列データの両方で利用できます。 [データ]タブ。
  • 送受信されたパケットの数。 Pingチェックで送受信されたパケットの数は、チェックポイントの場所ごとに、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[Ping統計]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で利用できます。

チェックポイントごとにデータを表示することに加えて、Pingチェック全体の状態を表示する(つまり、すべてのチェックポイントの場所で集計された)いくつかのメトリックが提供されます。

  • 全体的なステータス。 チェックポイントの場所がエラーを返さない場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「1」を返します。 2つ以上のチェックポイントでエラーが検出された場合、LogicMonitorは全体的なステータスコード「XNUMX」を返します。 全体的なステータスは、[グラフ]タブのグラフ形式(つまり、[Webサイトの全体的なステータス]グラフ)と[生データ]タブの列データの両方で視覚的に確認できます。 全体的なステータスエラーに関するより具体的な情報を取得するには、個々のテスト場所のPingチェックステータスコードを確認する必要があります。
  • サイトモニターの総数。 チェックに参加したチェックポイントの数。 このカウントは、[生データ]タブの列データ(つまり、「totalSmCount」)として利用できます。
  • 失敗したサイトモニターカウント。 チェックに失敗したチェックポイントの数。 このカウントは、[生データ]タブの列の日付として利用できます(つまり、「failSmCount」)。
  • レポートのタイムスタンプ。 サイトモニターがデータを報告したときのタイムスタンプ(秒単位)。 このカウントは、[生データ]タブ(つまり、「reportlSmEpoch」)の列の日付として利用できます。

LogicMonitorの外部テスト場所

LogicMonitorには、WebチェックとPingチェックに使用できるいくつかのテスト場所があります。 これらのチェックポイントは、SiteMonitorサービスの一部であり、外部からのWebサイトへのアクセスに関する詳細を提供することを目的としています。

特定のIPアドレスからのトラフィックを明示的に監視していない場合は、より適切なテスト情報を取得できます。 このため、これらの場所のIPアドレスを許可リストに直接追加することはお勧めしません。また、他のサーバーアドレスよりも頻繁に変更される可能性があります。 ページをSiteMonitorリクエストに制限する必要がある場合、最適なオプションは次のとおりです。

  • ユーザーエージェント「LogicMonitorSiteMonitor / 1.0」を探します。 これは、すべてのSiteMonitorリクエストで使用されます。
  • WebまたはPingのチェックとフィルターを作成するときに、独自のカスタムヘッダーを設定します。

ただし、SiteMonitorがチェックする可能性のあるIPアドレスのリストへのアクセスを明示的に許可する必要がある場合は、次にリストされている、割り当てられたIPアドレス/アドレスブロックとともに各場所が表示されます。

注意: このリストでは、場所が必ずしもグループ化されているとは限らないため、特定のチェックポイントに対応するすべてのIPについてリスト全体を確認してください。

  • アジア-シンガポール-18.139.118.192 / 26
  • オーストラリア-シドニー-3.106.118.64 / 26
  • EU-ダブリン-52.215.168.128 / 26
  • 米国-オレゴン-34.223.95.64 / 26
  • 米国-ワシントンDC-52.202.255.64 / 26

ここからパブリックIPアドレスのリストにアクセスします。 TXT | JSONの | XML

記事上で