サポートセンターホーム


フォーティネットFortiAuthenticatorモニタリング

概要

LogicMonitorは、フォーティネットFortiAuthenticatorユーザーID管理アプライアンスにすぐに使用できる監視を提供します。 当社の監視スイートは、SNMPを使用して、FortiAuthenticatorアプライアンスにさまざまなヘルスおよびパフォーマンスメトリックを照会します。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

FortiAuthenticatorホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

SNMPを有効にする

データソースを適用するには、FortiAuthenticatorホストでSNMPを構成する必要があります。

SNMP資格情報

LogicMonitorは、SNMPを介してFortiAuthenticatorデバイスに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 LogicMonitor内のリソースのプロパティとして適切な資格情報を設定する方法については、を参照してください。 認証資格情報の定義.

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのフォーティネットFortiAuthenticatorLogicModulesをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModulesがインポートされると(以前のすべてのセットアップ要件が満たされていると想定)、FortiAuthenticatorDataSourcesのスイートが自動的にデータの収集を開始します。

パッケージ内のLogicModules

フォーティネットFortiAuthenticator用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 種類 商品の説明
FortiAuthenticator:高可用性 データソース FortiAuthenticatorの高可用性ステータスを監視します。
FortiAuthenticator:グローバル統計 データソース FortiAuthenticatorのグローバルシステムパフォーマンスメトリックを監視します。
FortiAuthenticator:認証 データソース FortiAuthenticator認証メトリックを監視します。

このパッケージのデータソースによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で