サポートセンターホーム


HP P4000 /左側のSAN

HP P4000 SANの監視を取得するには、次のXNUMXつの手順があります。

  • すべてのNSMノードをLogicMonitorに追加します。 SAN管理グループでsnmpが有効になっていることを確認してください。 コミュニティをデフォルトから変更した場合 公共 NSMノード(またはノードが含まれるLogicMonitorグループ)でsnmp.communityLogicMonitorプロパティを設定していることを確認してください。
  • NTPを無効にする NSMノードをチェックします。 NSMノードは自身を通常のLinuxノードとして識別しますが、NTPデーモンを実行しません(代わりに定期的なNTP同期プロセスを使用します)。 したがって、誤ったアラートを回避するために、NSMノードでNTPチェックを無効にする必要があります。
  • クラスター仮想IPアドレスをLogicMonitorに追加します。 このノードをメンバーノードと区別するために(クラスター固有の情報が収集されるように)、system.categoriesプロパティを設定してプロパティを含めます左利きVIP。 (ウィザードモードまたはエキスパートモードを使用して、通常どおりノードをLogicMonitorに追加します。ノードを追加したら、[編集]を選択し、[プロパティ]に移動して、[+]をクリックします。プロパティ名としてsystem.categoriesを入力し、値としてLeftHandVIPを入力します。 。[送信]、[送信]の順にクリックします。)

クラスタ情報はVIPから監視され、ノード固有の情報は各メンバーノードから監視されます。

SANが8.5.02より前のソフトウェアを実行している場合は、インストールが必要になる場合があります パッチ10076。 このパッチがないと、一部のカウンターが機能しない可能性があります。