LMDXのインストール

最終更新日: 24 年 2024 月 XNUMX 日

この記事では、Dexda を ServiceNow インスタンスと統合する LogicMonitor Data Exchange (LMDX) アプリケーションをインストールして設定する方法について説明します。

注: ここでの手順は以下に適用されます 非ドメイン分離 ServiceNow インスタンス。 セットアッププロセス ドメインが分離されている インスタンスが異なります。 これらの設定方法については、を参照してください。 ドメイン分離を使用した LMDX のインストール.

要件

構成を開始する前に、次のものが揃っていることを確認してください。

  • ServiceNow ユーザー アカウント 管理人 役割。 これは、LMDX アプリケーションをインストールして構成するために必要です。
  • Dexda 管理者によって提供される Dexda API エンドポイントとトークン。詳細については、「」を参照してください。 APIトークン.

1. LMDX アプリケーションのインストール

まず、LMDX アプリケーションをリクエストします。 ServiceNow アプリ ストア。 リクエストが承認されたら、アプリ ストアから LMDX をインストールできます。

2. サービスアカウントの作成

Dexda がインスタンス (統合サービス アカウントなど) にアクセスできるようにするには、ServiceNow ユーザー レコードを作成する必要があります。アカウントには、 x_lomo_dx.api_user アプリケーションのインストールに付属する役割。

このサービス アカウントのユーザー名とパスワード、およびインスタンス名を Dexda 管理者に提供して、Dexda 構成に追加します。

注: アカウントの Web サービス アクセスのみの設定を有効にすることができます。 これにより、サービス アカウントは Web サービス経由でのみインスタンスと対話できるようになり、ユーザー インターフェイスから SN インスタンスへのログインには使用できなくなります。 詳細については、「 ServiceNow のドキュメント.

3. 認証プロパティの構成

一連の認証プロパティを定義する必要があります。アカウントの具体的な値を取得するには、Dexda 管理者に問い合わせてください。 

アカウントの値を取得したら、次の場所に移動します。 構成プロパティ に値を追加します アウトバウンドリクエストのプロパティ 次のように:

  • x_lomo_dx.outbound.endpoint 現場で ドメイン分離サポート (x_lomo_dx.domainEnabled) が有効になっていない場合に使用する LMDX エンドポイント.
  • x_lomo_dx.auth.apiKey 現場で ドメイン分離サポート (x_lomo_dx.domainEnabled) が有効になっていない場合に使用する LMDX API キー.

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する LMDX 構成レコードのプロパティ 新しい構成レコードを作成するときに使用され、この時点では無視しても問題ありません。 詳細については、「」を参照してください。 新しいテーブルとアーティファクトの作成.

4. デフォルト設定の完了

LMDX アプリをインストールした後、以下で説明する手順に従って、ServiceNow でのデフォルト構成のアクティブ化を完了します。

  1. 現在地に最も近い 従軍中 チェックボックスをオンにします。
  2. XNUMX つ以上のフィールドを選択します トリガーフィールドを参照してください 設定記録.
  3. (オプション) を設定 調子 処理されるレコードをフィルタリングします。
  4. (オプション) XNUMX つ以上のトリガー フィールドを選択します。 重要な更新フィールドを参照してください 設定記録.
  5. Save 構成レコード。

保存後、構成がアクティブ化され、LMDX は Dexda と ServiceNow インスタンスの間でデータの処理を開始できるようになります。

記事上で