サポートセンターホーム


クラスターアラート構成を更新する

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、特定のグループのクラスターアラート構成を更新できます。

注:すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

 

HTTPメソッド:PUT

URI: / device / groups / {groupId} / clusterAlertConf / {id}

どこ:

  • {groupId}は、クラスターアラート構成を更新するグループのIDです。 GETリクエストからグループIDを取得できます。 グループリソース.
  • {Id}は、更新するクラスターアラート構成のIDです。 最初に/ device / groups / {groupId} / clusterAlertConfリソースにGETリクエストを行うことで、クラスターアラートIDを取得できます。
 

リクエストパラメータ: PUTリクエストに次のパラメータを含めることができます。

 

プロパティ

必須?

商品の説明

dataPointId dataPointIdとdataPointNameのいずれかが必要です クラスターアラートの基にするdataPointのID
データポイント名 dataPointIdとdataPointNameのいずれかが必要です クラスターアラートのベースにするdataPointの名前
dataSourceId dataSourceIdとdataSourceDisplayNameのいずれかが必要です クラスターアラートのベースにするデータソースのID
dataSourceDisplayName dataSourceIdとdataSourceDisplayNameのいずれかが必要です クラスターアラートの基にするdataSourceの表示名
countBy いいえ–デフォルトでホスト ホスト| インスタンス–クラスターアラートがデバイスまたはインスタンス全体のアラートカウントに基づいているかどうか
minAlertLevel いいえ–デフォルトは2です 1 | 2 | 3 –デバイスまたはインスタンスがクラスターアラートをトリガーするために存在する必要があるアラートレベル
しきい値タイプ いいえ–デフォルトはパーセンテージです 絶対| パーセンテージ–アラート式をデバイスまたはインスタンスの総数(絶対)として評価するか、デバイスまたはインスタンスのパーセンテージ(パーセンテージ)として評価するか
alertExpr あり クラスターアラートをトリガーするためにアラート状態にする必要があるオブジェクト(デバイスまたはインスタンス)の数を示す式。 例> 5