サポートセンターホーム


トレースのトラブルシューティング

トレースデータの収集に問題がある場合は、次のセクションが問題の特定とトラブルシューティングに役立ちます。

トレースページに何も表示されません

LogicMonitorがアプリケーションから転送されたトレースを受信または適切に処理していない場合、[トレース]ページに何も表示されない場合があります。 この場合、次のチェックを実行して、問題を特定し、原因を特定できます。

LogicMonitor監査ログにエラーがありますか?

OpenTelemetryCollectorの設定に使用したユーザーの監査ログを検索します。 コレクターがLogicMonitorにトレースを送信している場合は、サービスを作成するための監査ログエントリが表示されます。

OpenTelemetry Collectorはスパンを受け取りますか?

LogicMonitorは、トレースを自動的に検出するために追加された各OpenTelemetryCollectorを監視します。 これらのメトリックを使用して、トレースがアプリケーションからOpenTelemetry Collectorに受信され、LogicMonitorアカウントに転送されているかどうかを確認できます。 レシーバーとエクスポーターのデータソースが表示されない場合、コレクターはアプリケーションからスパンを受信して​​いません。

重複するリソースが作成されています

転送されるトレースごとに、LogicMonitorは「ホスト」属性を既存の監視対象リソースにマップしようとします。 (「host」属性はOpenTelemetryでは必要ありません。)

  • LogicMonitorが一致する「ホスト」リソースを見つけられない場合、新しいリソースを作成します。
  • 'host'属性が指定されていない場合、 'service'属性に基づいてサービスが自動的に作成され、すべてのトレースデータがサービスにマップされます。

LogicMonitorに転送されたトレースを使用して「host」属性を送信するようにアプリケーションをインストルメントしたが、正しいモニターリソースに関連付けられたトレースデータが表示されない場合は、インストルメンテーション中に次の値が提供され、最新であることを確認してください。

host.name=(hostname mapped to system.hostname in LM)
ip=(ip address of the resource mapped to system.hostname in LM)
resource.type={pod, cloud, physical}
resource.group={group name or id for the resource}

注意: Kubernetesの場合は、 クラスターをモニタリングに追加する クラスタからトレースを転送する前に、トレースが正しいポッドに関連付けられていること、および重複するリソースが作成されていないことを確認してください。

トレースの表示方法を変更したい

[トレース]ページでは、トレースの表示方法を変更できません。 ただし、トレースの表示方法に問題がある場合は、インストルメンテーションを変更する必要があります。

  • サービスの名前を変更する場合は、自動的にインストルメント化されたアプリケーションのパラメーターを変更します。
  • 操作の名前を変更する場合は、手動インストルメンテーションから名前を変更してください。
  • エンドツーエンドのトレースビューで操作の順序が正しくないように見える場合は、NTPがホストと同期されていることを確認してください。

記事上で