サポートセンターホーム


CiscoFirepowerシャーシマネージャの監視

概要

Cisco Firepowerは、ネットワークセキュリティおよびトラフィック管理製品の統合スイートであり、専用のプラットフォームまたはソフトウェアソリューションとして導入されます。 Cisco Firepower Chassis Managerは、Firepowerシャーシのサービスとコンポーネントの監視を担当します。

LogicMonitorのCiscoFirepowerシャーシマネージャーパッケージは、Firepowerシャーシマネージャーの包括的なすぐに使用可能なモニタリングを提供する一連のLogicModuleで構成されています。

互換性

LogicMonitorのCiscoFirepower Chassis Managerパッケージは、以下と互換性があることが確認されています。

  • Cisco Firepower4100および9300シリーズ

上記にリストされていないCiscoFirepowerシリーズを実行している場合は、LogicMonitorサポートに連絡して、互換性の調査を依頼してください。 シスコがFirePowerシリーズの新しいバージョンをリリースするか、互換性を拡張すると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

RESTAPIのシスコ要件

LogicMonitorのCiscoFirepower Chassis Managerパッケージは、CiscoのRESTAPIを使用してメトリックを収集します。 Ciscoには、RESTAPIを使用する前に満たす必要のあるいくつかの前提条件があります。 を参照してください CiscoFirepowerシャーシマネージャRESTAPIリファレンス セットアップ手順と推奨事項については。

Credentials

LogicMonitorは、リソースに正常にアクセスするために適切な資格情報を提供する必要があります。 これらのクレデンシャルは、次の最小権限が割り当てられているCisco Firepower ChassisManagerユーザアカウントに属している必要があります。

仕事の内容

製品説明

読み取り専用の システム状態を変更する権限のない、システム構成への読み取り専用アクセス。 を参照してください Firepower ChassisManager構成ガイド ユーザーアカウントの設定の詳細については

ユーザーアカウントを確立したら、LogicMonitor内のFirepower ChassisManagerリソースに次のプロパティを設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ

cfcm.user Firepower ChassisManagerのユーザー名
cfcm.pass Firepower ChassisManagerのパスワード

パッケージ内のLogicModules

Cisco Firepower Chassis Manager用のLogicMonitorのパッケージには、次のLogicModuleが含まれています。 これらのLogicModuleがすべてLogicMonitorプラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名

種類

製品説明

addCategory_CiscoFCM プロパティソース ホストがCiscoFirepower Chassis Managerデバイスであるかどうかを識別し、システムカテゴリを「CiscoFCM」に設定します。
火力シャーシブレード環境 データソース ブレードのCPUと電力を監視します。
火力シャーシブレードの状態 データソース ブレードの動作状態と電力を監視します。
火力シャーシファン データソース ファンの速度と動作状態を監視します。
火力シャーシスロットモニター データソース スロットのメモリとCPUのメトリックを監視します。
Firepowerシャーシスロットモニターディスク データソース スロットのディスク使用状況メトリックを監視します。
火力シャーシスーパーバイザー温度 データソース DIMM、プロセッサ、およびシャーシ全体のさまざまな温度メトリックを監視します。

この統合パッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で