Ciscoワイヤレスモニタリング

最終更新日: 16 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitor は、すぐに使える Cisco Wireless (WLC) のモニタリングを提供します。 当社のモニタリング スイートは、SNMP を使用して、アクセス ポイント インターフェイス、接続、DHCP、高可用性、モビリティ メトリックなどのデータを Cisco ワイヤレス コントローラにクエリします。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

Ciscoワイヤレスホストをモニタリングに追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

SNMPを有効にする

データソースを適用するには、CiscoワイヤレスホストでSNMPを設定する必要があります。 Ciscoデバイスモニタリング用のSNMPの設定の詳細については、を参照してください。 CiscoデバイスのSNMPおよびNTP設定.

SNMP資格情報

LogicMonitorは、SNMPを介してCisco Wirelessデバイスに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 LogicMonitor内のリソースのプロパティとして適切な資格情報を設定する方法については、を参照してください。 認証資格情報の定義.

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのCisco WirelessLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。 これらのLogicModuleがすでに存在する場合は、最新バージョンであることを確認してください。

LogicModule がインポートされると(以前のセットアップ要件がすべて満たされていると仮定して)、Cisco Wireless DataSource スイートは自動的にデータの収集を開始します。

レガシーデータソースからの移行

2020年XNUMX月、LogicMonitorはCiscoワイヤレスデータソースの新しいスイートをリリースしました。 新しいデータソースには、監視範囲の拡大や将来のスケーラビリティとサポートのためのスクリプト効率の向上など、いくつかの利点があります。

これらの新しいデータソースのリリースは、いくつかの既存のデータソースを非推奨にするのに役立ちます。

  • CiscoWirelessAPIf- (によって非推奨 Cisco_Wireless_AccessPointInterfaces)
  • CiscoWirelessRadioSlot- (によって非推奨 Cisco_Wireless_AccessPointRadio)
  • CiscoWirelessAccessPoint- (によって非推奨 Cisco_Wireless_AP)
  • CiscoWirelessESS- (によって非推奨 Cisco_Wireless_ESS)
  • CiscoWirelessController (によって非推奨 Cisco_Wireless_GlobalPerformance)
  • CiscoWirelessRogue (によって非推奨 Cisco_Wireless_RogueAccessPoints)

現在、これらのレガシーデータソースのいずれかを使用してCisco Wirelessを監視している場合、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するためにデータソース名が変更されたためです。

ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースのセットをインポートし、環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、上記のデータソースを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

パッケージ内のLogicModules

Cisco Wireless 用の LogicMonitor パッケージは、次の LogicModule で構成されています。 完全にカバーするには、これらの LogicModule がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

名前表示名種類説明
Cisco_Wireless_Info無しプロパティソースシスコの基本的なワイヤレスホストシステムのプロパティをキャプチャします。
Cisco_Wireless_AccessPointInterfacesCiscoワイヤレスアクセスポイントインターフェイスデータソースアクセスポイントのイーサネットインターフェイスメトリックを監視します。 (非推奨 CiscoWirelessAPIf-)
Cisco_Wireless_AccessPointRadioCiscoワイヤレスアクセスポイント無線データソースアクセスポイントの無線パフォーマンスメトリックを監視します。 (非推奨 CiscoWirelessRadioSlot-)
Cisco_Wireless_APCiscoワイヤレスアクセスポイントデータソースCiscoワイヤレスアクセスポイントの管理および動作ステータスを監視します。 (非推奨 CiscoWirelessAccessPoint-)
Cisco_Wireless_ConnectionStatisticsCiscoワイヤレス接続統計データソースCisco Wireless LAN Controller(WLC)デバイス上のクライアントとアクセスポイントの接続統計を監視します。
Cisco_Wireless_DHCP統計CiscoワイヤレスDHCP統計データソースサーバーごとにDHCP統計を監視します。
Cisco_Wireless_ESSCiscoワイヤレスESS(WLAN)データソースQoSプロファイルごとにグループ化されたCiscoWLC ESS(WLAN)パフォーマンスメトリックを監視します。 (非推奨 CiscoWirelessESS-)
Cisco_Wireless_GlobalPerformanceCiscoワイヤレスグローバルパフォーマンスデータソースCisco Wireless LAN Controller(WLC)デバイスのグローバルメトリック。 (CiscoWirelessControllerは非推奨です)
Cisco_Wireless_HighAvailabilityCiscoワイヤレスハイアベイラビリティデータソースCiscoWLCのハイアベイラビリティステータスを監視します。
Cisco_Wireless_MobilityStatsCiscoワイヤレスモビリティ統計データソースCiscoWLCモビリティ統計を監視します。
Cisco_Wireless_RADIUSAccountingServersCiscoワイヤレスRADIUSアカウンティングサーバーデータソースRADIUSアカウンティングサーバーのステータスと構成を監視します。
Cisco_Wireless_RADIUSAuthServersCiscoワイヤレスRADIUS認証サーバーデータソースRADIUS認証サーバーのステータスと構成を監視します。

このパッケージのデータソースには、事前定義されたデータポイントのしきい値は含まれていません(つまり、収集されたデータに基づいてアラートがトリガーされることはありません)。 これは、テクノロジの所有者が、大多数のユーザーに確実に拡張できるKPIを提供していないためです。 収集されたデータのアラートを受信する場合は、で説明されているように、カスタムしきい値を手動で作成する必要があります。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で