アーガスのインストール

最終更新日: 13 年 2022 月 XNUMX 日

Argusは、LogicMonitorを使用してKubernetesを監視するためのツールです。 Argusはクラスター内でポッドとして実行され、LogicMonitorのAPIを使用して、ノード、ポッド、サービス、およびリソースを監視に追加します。 監視が開始されると、データ収集が自動的に開始されます。 ArgusはKubernetesAPIを使用して、監視対象のすべてのリソースのデータを収集します。 さらに、LogicMonitorデータソースを利用して、クラスター内で実行されているアプリケーションを監視できます。

Argusは、Kubernetesモニタリング用に次の主要な機能を提供します。

  • 自動リソース検出: Argusは、KubernetesイベントとLogicMonitorのAPIを活用して、LogicMonitorのクラスターのリソースのリアルタイムの精度を提供します。 Argusを使用すると、etcdメンバー、クラスターノード、サービス、ポッド、およびリソースを検出できます。 また、ライフサイクルの管理を自動化することもできます。 資料 LogicMonitorで。
  • 包括的な監視: Argusは、StatefulSetで実行されているDockerized LogicMonitorコレクターを管理し、ノード、ポッド、サービス、コンテナー、およびリソースのKubernetesAPIを介してデータを収集します。 

Argusは、コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用するか、LogicMonitorポータルからインストールできます。

Requirements

Argusをインストールするには、次のものが必要です。

  • ヘルム3
  • Kubernetesv1.14以降
  • LogicMonitorチャートリポジトリを追加します。

    $ helm repo add logicmonitor https://logicmonitor.github.io/k8s-helm-charts
  • Argusをインストールする前に、必ずLogicMonitorCollectorset-controllerをインストールしてください。 詳細については、を参照してください。 Collectorset-controllerのインストール.
  • 参照してください Helmチャートvalues.yamlの構成テンプレート。 Collectorset-controllerおよびArgusバイナリの互換性のあるバージョンを選択します。

Collectorset-Controllerのインストール

Collectorset-Controllerは、構成ファイルに追加された要件に基づいて、LogicMonitorのコレクターを自動的にインストールおよび管理します。

Requirements:

1。 案内する リソース>追加 「Kubernetesクラスター」を選択します。

2. [Kubernetesクラスターの追加]ページで、必要な詳細を入力し、[ 次へ.

3. [Argusのインストール]セクションで、[構成の編集]を選択して、必要な構成の詳細を入力します。

注意:クリックしてもよい ダウンロードファイル、LogicMonitorポータルから構成ファイルを編集するか、を使用してファイルを作成できます。 template.

4.構成ファイルの構成パラメーターを更新します。

5.構成ファイルのパスをエクスポートし、次のhelmコマンドを入力します。

$ export COLLECTORSET_CONTROLLER_CONF_FILE=<collectorset-controller-configuration-file-path>
$ helm upgrade \
  --install \
  --debug \
  --wait \
  --namespace="$NAMESPACE" \
  -f "$COLLECTORSET_CONTROLLER_CONF_FILE" \
  collectorset-controller logicmonitor/collectorset-controller

Argusのインストール

セットアップウィザードは、CollectorSet-ControllerおよびArgusの監視に必要なアプリケーションの構成およびインストールコマンドを提供します。

  1. セットアップウィザードから[構成の編集]を選択して、CollectorSet-ControllerとArgusのYAML構成ファイルをカスタマイズします。 構成オプションの完全なリストについては、を参照してください。 構成.

注意:クリックできます ダウンロードファイル 構成を編集し、KubernetesCLIを使用してインストールします。

2.「インストール」を選択して、CollectorSet-ControllerとArgusおよびLogicMonitorのHelmチャートをインストールするためのHelmコマンドを表示します。 コマンドをコピーして貼り付け、クラスターに統合をインストールできます。

注意:OpenShiftを使用している場合は、 serviceaccount コレクターがコレクターのインストールを有効にするため。

これを行うには、次のコマンドを実行します(デフォルトの名前空間を想定)。

oc adm policy add-scc-to-user anyuid system:serviceaccount:default:collector

3。 クリック 接続を確認する コレクターとクラスター・リソースがモニターに適切に追加されたことを確認します。

注意:接続の確認プロセスには最大XNUMX分かかる場合があります。

記事上で