サポートセンターホーム


レポートを更新する

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、LogicMonitorレポートをプログラムで更新できます。

すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

次の種類のレポートは現在リリースされていませんが、次のリリースまたはXNUMXつでリリースされる予定であることに注意してください。

  • 監査ログレポート
  • アラート予測レポート

HTTPメソッド:PUT

URI:/ report / reports / {id}

PUTリクエストに次のパラメータを含めることができます。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

レポートの名前 あり 文字列 「名前」:「コレクタータスクの傾向」
説明 レポートの説明 いいえ 文字列 「説明」:「私のレポートの説明」
type アラート| アラートSLA | アラートの傾向| アラートしきい値| ホストインベントリ| ホストメトリックの傾向| ホストCPU | インターフェイスの帯域幅| ウェブサイトサービスの概要| サービスレベルアグリーメント| Netflowデバイスメトリック あり 文字列 「タイプ」:「ホストメトリックの傾向」
グループID レポートが含まれるグループのID。Id= 0はルートレポートグループです。 いいえ。デフォルトは0です。 整数 「groupId」:0
フォーマット HTML | PDF | CSV。 レポートの形式 いいえ 文字列 「フォーマット」:「HTML」
配達 なし| Eメール。 レポートが電子メールで配信されるように構成されているかどうか いいえ 文字列 「配達」:「メール」
受信者 レポートが電子メールで配信されるように構成されている場合、このオブジェクトは、レポートの配信先となる受信者を提供します。 各レシピイントには以下を含める必要があります。

 

  • type:オプションは管理者です| 任意。ここで、adminはアカウント内のユーザーを指し、任意はユーザーアカウントに関連付けられていない電子メールアドレスを指します。
  • 方法:これは常にメールである必要があります
  • addr:type = adminの場合はユーザー名、type = arbitraryの場合はメールアドレスにする必要があります
  • コメント:レポートとともに配信する必要のあるコメント
delivery = emailの場合のみ JSONオブジェクト 「recipients」:[{「type」:「admin」、「method」:「email」、「addr」:「sarah」、「comment」:「」}、{「type」:「admin」、「method」 :” email”、” addr”:” Bill”、” comment”:””}、{“ type”:”任意の”、” method”:” email”、” addr”:”[メール保護]"、"コメント":""}]
スケジュール レポートが電子メールで配信される時期を示すcronスケジュール。 delivery = emailの場合のみ 文字列 「スケジュール」:” 45 9 * * *”

アラートレポートパラメータ

アラートタイプのすべてのレポートには、さらに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲。 オプションは次のとおりです。過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去24時間」
groupFullPath レポートに表示されるアラートを決定するために使用されるグループフィルター。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはすべてのグループです。 文字列 「groupFullPath」:「*」
deviceDisplayName レポートに表示されるアラートを決定するために使用されるデバイスフィルター。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはすべてのデバイスです。 文字列 “ deviceDisplayName”:” *”
dataSourceInstanceName レポートに表示されるアラートを決定するために使用されるインスタンスフィルター。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはすべてのインスタンスです。 文字列 “ dataSourceInstanceName”:” *”
データポイント レポートに表示されるアラートを決定するために使用されるグループフィルター。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはすべてのdataPointです。 文字列 「dataPoint」:「*」
レベル すべて| エラー| クリティカル

 

  • :すべての重大度レベルのアラートは、フィルター基準に一致する場合に表示されます
  • エラー:フィルター基準に一致するエラーアラートとクリティカルアラートのみが表示されます
  • 重大な:フィルター基準に一致する重要なアラートのみが表示されます
いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「レベル」:「すべて」
sortBy カウント| ホスト| dataPoint | レベル| startOn | ackedOn。 表示されたアラートがレポートでどのようにソートされるか。 summaryOnlyがtrueに設定されている場合、sortedBy = count |に制限されることに注意してください。 ホスト| dataPoint。 summaryOnlyがfalseに設定されている場合、sortedBy = countを設定することはできません。 いいえ。デフォルトはホストです。 文字列 「sortedBy」:「count」
既存を含む
  • true:指定されたdateRangeより前に開始されたが、他のすべての基準を満たすアラートがレポートに表示されます
  • false:指定されたdateRangeの間に開始されたアラートのみがレポートに表示されます
いいえ。デフォルトはtrueです。 ブーリアン 「includePreexist」:false
activeOnly
  • true:まだアラートを出している(つまり、まだクリアされていない)アラートのみがレポートに表示されます
  • false:アクティブなアラートとクリアされたアラートの両方がレポートに表示されます
いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「activeOnly」:false
要約のみ
  • true:各アラートが発生した回数の詳細を示す列がレポートに追加されます
  • false:各アラートが発生した回数はレポートに表示されません
いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「summaryOnly」:true
ackFilter すべて| 確認済み| 確認されていない

 

  • :レポート基準を満たす確認済みアラートと未確認アラートの両方が表示されます
  • 確認した:レポートの基準を満たす確認済みのアラートのみが表示されます
  • 確認されていない:レポートの基準を満たす未確認のアラートのみが表示されます
いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「ackFilter」:「all」
sdtFilter すべて| sdt | nonsdt

 

  • :レポートの基準を満たすSDTに含まれているアラートとSDTに含まれていないアラートが表示されます
  • SDT:SDTにあり、レポート基準を満たすアラートのみが表示されます
  • 非sdt:SDTになく、レポート基準を満たすアラートのみが表示されます
いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「sdt​​Filter」:「すべて」
タイミング オーバーラップ| start – time = overlapの場合、指定されたdateRangeの間にアクティブなアラートがレポートに表示されます。 time = startの場合、指定されたdateRangeの間に開始されたアラートのみがレポートに表示されます。 いいえ。デフォルトは「オーバーラップ」です。 文字列 「タイミング」:「オーバーラップ」
情報源 レポートに表示されるすべてのアラートは、このフィルターで指定されたデータソースに対してトリガーされている必要があります。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 "情報元":"*"
ルール レポートに表示されるすべてのアラートは、このフィルターで指定されたルールにルーティングされている必要があります。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 "ルール":"*"
チェーン レポートに表示されるすべてのアラートは、このフィルターで指定されたエスカレーションチェーンにルーティングされている必要があります。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 "鎖":"*"
コラム レポートに表示される列。 表示する順序で列を指定する必要があります。 このオブジェクトにはすべての列名を含める必要がありますが、各列には、表示されるかどうかを示すisHiddenフィールドが関連付けられている必要があります。 summaryOnlyがtrueに設定されている場合、次の列のみを含めることができることに注意してください。

 

  • アラート
  • グループ
  • デバイス
  • インスタンス
  • データポイント

summaryOnlyがfalseに設定されている場合、次の列を含めることができます。

  • 重大度
  • グループ
  • デバイス
  • インスタンス
  • データポイント
  • しきい値
  • 始まった
  • 終わり
  • ルール
  • 獲得
  • 承認者
  • あっさり
  • ノート
  • SDTで
いいえ。デフォルトはすべて表示されます。 JSONオブジェクト “ columns”:[{“ name”:” Severity”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Group”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Device”、” isHidden”: false}、{“ name”:” Instance”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Datapoint”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Thresholds”、” isHidden”:false} 、{“ name”:” Value”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Begin”、” isHidden”:false}、{“ name”:” End”、” isHidden”:false}、{ “ name”:” Rule”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Chain”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Acked”、” isHidden”:false}、{“ name ”:” Acked By”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Acked On”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Notes”、” isHidden”:false}、{“ name ”:” in SDT”、” isHidden”:false}]

アラートSLAレポートパラメータ

アラートSLAタイプのすべてのレポートには、次のパラメータを追加で含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去14日間」
hostsVal レポート用に選択されたデバイスORグループ(フルパスを使用)。複数のエンティティはコンマで区切られます。 globがサポートされていることに注意してください。 あり 文字列 「hostsVal」:「Production / Server、AWS」
hostsValType ホスト| グループ。 hostsValフィールドで指定されたエンティティのタイプ。 あり 文字列 「hostsValType」:「host」
情報源 レポート用に選択されたデータソースインスタンス(DatasourceName-InstanceNameの形式)(単一インスタンスのデータソースの場合は、DatasourceNameのままにしておくことができます) あり 文字列 「dataSource」:「HTTP_Page-C:」
データポイント 複数のデータポイントがコンマで区切られている、レポート用に選択されたデータポイント いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「dataPoint」:「ResponseTime、Status」
アラートレベル 警告| エラー| クリティカル。 指定したデバイスおよびデバイスグループについて評価するアラートステータスの最小重大度。 いいえ。デフォルトで警告します 文字列 「alertLevel」:「警告」
アラートルール 評価しているデータポイントアラートがルーティングされるアラートルールの名前。 正しいアラートルールを選択しないと、一致するアラートが表示されないことに注意してください いいえ。 文字列 「alertRule」:「ProdServer Error / Critical」

アラートしきい値レポートパラメータ

アラートしきい値タイプのすべてのレポートには、さらに次のパラメーターを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

groupFullPath レポートにメンバーデバイスを含めるグループのフルパス。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「groupFullPath」:「Production / Servers」
deviceDisplayName レポートに含めるデバイスの表示名。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 “deviceDisplayName”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal”
dataSourceInstanceName レポートに含めるデータソースインスタンスの名前。構文はdataSourceDisplayName-InstanceNameである必要があります。 単一インスタンスのデータソースを参照している場合は、dataSourceDisplayNameを指定するだけです。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 “ dataSourceInstanceName”:” *”
データポイント レポートに含まれるデータポイント。 グロブ式がサポートされています。 いいえ。デフォルトはallです。 文字列 「dataPoint」:「*」
sortBy ホスト| データソース| データポイント

 

  • host:表示されるしきい値はデバイスごとに並べ替えられます
  • 情報源:表示されるしきい値はデータソースインスタンスごとに並べ替えられます
  • データポイント:表示されるしきい値はデータポイント(メトリック)でソートされます
いいえ。デフォルトはホストです。 文字列 「sortedBy」:「データソース」
除外グローバル
  • true:グローバルしきい値からの変動のみが表示されます
  • false:グローバルしきい値、カスタムグループ、インスタンスレベルのしきい値など、すべてのしきい値が表示されます
いいえ。デフォルトはtrueです。 ブーリアン 「excludeGlobal」:true

アラートトレンドレポートパラメータ

タイプアラートトレンドのすべてのレポートには、次のパラメータを追加で含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去7日間」
メトリクス レポートに含まれるデバイスとグループ。各デバイス/グループは、itemTypeとitemValのXNUMXつのフィールドで表す必要があります。 Globがサポートされています。 あり JSONオブジェクト “metrics”:[{“itemType”:”host”,”itemVal”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal”},{“itemType”:”group”,”itemVal”:”Website”},{“itemType”:”host”,”itemVal”:”ip-172-31-37-162.us-west-2.compute.interal”}]

デバイスインベントリレポートパラメータ

さらに、ホストインベントリタイプのすべてのレポートに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

hostsVal 複数のエンティティがコンマで区切られている、レポート用に選択されたデバイスまたはグループ(フルパス) あり 文字列 「hostsVal」:「AWS / EC2」
hostsValType ホスト| グループ。 hostsValフィールドで指定されたエンティティのタイプ。 あり 文字列 「hostsValType」:「グループ」
sortBy レポートに表示されるデバイス/グループを並べ替えるために使用する必要がある「プロパティ」リストに含まれるプロパティを指定します あり 文字列 「sortedBy」:「system.aws.publicIpAddress」
プロパティ レポートに表示する必要のあるプロパティ あり JSONオブジェクト “ properties”:[“ system.aws.publicIpAddress”、” system.aws.resourceid”、” system.aws.region”、” system.aws.stateName”]

デバイスメトリックレポートパラメータ

タイプホストメトリックトレンドのすべてのレポートには、次のパラメータを追加で含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去24時間です。 文字列 「dateRange」:「過去14日間」
hostsVal レポート用に選択されたデバイスまたはグループの名前。複数のエンティティはコンマで区切られます。 グロブ式がサポートされています。 あり 文字列 “hostsVal”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal,ip-172-31-37-162.us-west-2.compute.interal”
hostsValType ホスト| グループ。 hostsValフィールドで指定されたエンティティのタイプ。 あり 文字列 「hostsValType」:「host」
sortBy ホスト| インスタンス| メトリック

 

  • host:レポートに表示される情報はデバイスごとに並べ替えられます
  • インスタンス:レポートに表示される情報はインスタンスごとに並べ替えられます
  • メトリック:レポートに表示される情報は、データポイント(メトリック)で並べ替えられます
いいえ。デフォルトはホストです。 文字列 「sortedBy」:「ホスト」
行フォーマット 0 | 1 | 2 | XnUMX

 

  • 0:テキストのみ–メトリックは表形式で表示されます。
  • 1:デバイスごとにXNUMXつのグラフ–メトリックは表形式で表示され、デバイスごとにXNUMXつのグラフが表示されます。
  • 2:インスタンスごとにXNUMXつのグラフ–メトリックは表形式で表示され、インスタンスごとにXNUMXつのグラフが表示されます。
  • 3:データポイントごとにXNUMXつのグラフ–メトリックは表形式で表示され、データポイントごとにXNUMXつのグラフが表示されます。
いいえ。デフォルトは0です。 整数 「rowFormat」:1
LimitedNum 0 | 10

 

  • 0:選択したすべてのデバイスまたはグループのメトリックが表示されます
  • 10:メトリックは、上位XNUMXのデバイスまたはグループに対してのみ表示されます
いいえ。デフォルトは0です。 整数 「limitedNum」:0
メトリクス レポートに含まれるデータポイント。各データポイントは、dataSourceFullName(グロブなし)、インスタンス(グロブは問題ありません)、メトリック(グロブではありません)のXNUMXつのフィールドで指定されます。 あり JSONオブジェクト 「metrics」:[{"dataSourceFullName": "データ収集タスク(コレクターデータ収集タスク)"、 "instances": "script"、 "metric": "SuccessExecuteTime"}]
コラム レポートに表示される列。 表示する順序で列を指定する必要があります。 このオブジェクトにはすべての列名を含める必要がありますが、各列には、表示されるかどうかを示すisHiddenフィールドが関連付けられている必要があります。 いいえ。デフォルトでは、すべての列が表示されます。 JSONオブジェクト “ columns”:[{“ name”:” Device”、” isHidden”:true}、{“ name”:” Instance”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Datapoint”、” isHidden”: false}、{“ name”:” Start”、” isHidden”:true}、{“ name”:” End”、” isHidden”:true}、{“ name”:” Min”、” isHidden”:false} 、{“ name”:” Max”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Average”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Change(%)”、” isHidden”:false }]

インターフェイス帯域幅レポートパラメータ

インターフェイス帯域幅タイプのすべてのレポートには、さらに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲。 過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去14日間」
hostsVal 複数のエンティティがコンマで区切られている、レポート用に選択されたデバイスまたはグループ あり 文字列 “hostsVal”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal,ip-172-31-37-162.us-west-2.compute.interal”
hostsValType ホスト| グループ。 hostsValフィールドで指定されたエンティティのタイプ。 あり 文字列 「hostsValType」:「host」
行フォーマット 0 | 1

 

  • 0:テキストのみ–メトリックは表形式で表示されます。
  • 1:インスタンスごとにXNUMXつのグラフ–メトリックは表形式で表示され、インスタンスごとにXNUMXつのグラフが表示されます。
いいえ。デフォルトは0です。 整数 「rowFormat」:1

Netflowレポートパラメータ

Netflowデバイスメトリックタイプのすべてのレポートには、次のパラメータを追加で含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

hostsVal レポート用に選択されたデバイスORグループ(フルパス)。複数のエンティティはコンマで区切られます。 グロブは受け入れられます。 あり 文字列 “hostsVal”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal”
日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去2時間」

サーバーCPUレポートパラメーター

ホストCPUタイプのすべてのレポートには、さらに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去2時間」
hostsVal 複数のデバイスまたはグループがコンマで区切られている、レポート用に選択されたデバイスまたはグループ あり 文字列 “hostsVal”:”ip-172-31-33-214.us-west-2.compute.internal,ip-172-31-37-162.us-west-2.compute.interal”
top10のみ 本当| 偽

 

  • false:選択したすべてのデバイスのCPUメトリックが表示されます
  • true:CPUメトリックは、上位XNUMX台のデバイスについてのみ表示されます
いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「top10Only」:false
表示グラフ true | false。 レポートの最後にCPUグラフを表示するかどうか いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「displayGraphs」:true

SLAレポートパラメータ

サービスレベルアグリーメントタイプのすべてのレポートには、さらに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは2時間続きます。 文字列 「dateRange」:「過去30日間」
メトリクス レポートに含まれるデータポイントと対応するSLAしきい値。各メトリックには、groupName、deviceName、dataSourceFullName、dataSourceId、instances、metric、thresholdのXNUMXつのフィールドを含めることができます。 しきい値は、演算子とスペースで区切られた数値で構成する必要があります。有効な演算子は、>、<、!=、=、> =、および<=です。 あり JSONオブジェクト 「metrics」:[{"groupName": "*"、 "deviceName": "*"、 "dataSourceId":368、 "instances": "*"、 "metric": "UptimeMinutes"、 "threshold": "> 0″}]
dayInOneWeek SLAレポートで考慮すべき曜日。複数の値はコンマで区切られ、*はすべての曜日を示します。 あり 文字列 「dayInOneWeek」:「*」
periodInOneDay SLAレポートで考慮すべき選択した各日の時間。*はすべての時間を指します。 あり 文字列 「periodInOneDay」:「*」
表示概要 trueの場合、SLAの概要(合計%)が表示されます いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「displaySummary」:false
監視されていない時間 0 | 1 | 2 –デバイスのデータがない時間をカウントする方法。1=データなしを無視(合計時間から減算)、2 =違反としてカウント(稼働時間から減算)、3 =使用可能としてカウント(稼働時間に追加) いいえ。デフォルトはfalseです。 整数 「unmonitoredTime」:1
displayWithAvailability trueの場合、可用性が100%未満のデバイスのみがレポートに表示されます。 いいえ。デフォルトはfalseです。 ブーリアン 「displayWithAvailability」:false
コラム レポートに含まれる列 いいえ。デフォルトはallです。 JSONオブジェクト “ columns”:[{“ name”:” Device”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Datasource”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Instance”、” isHidden”: false}、{“ name”:” Datapoint”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Threshold”、” isHidden”:false}、{“ name”:” Available”、” isHidden”:false} 、{“ name”:” Unavailable”、” isHidden”:false}]

ウェブサイトサービス概要レポートパラメータ

タイプWebサイトサービス概要のすべてのレポートには、さらに次のパラメータを含める必要があります。

プロパティ

製品説明

必須?

種類

servicesVal レポート用に選択されたサービスまたはサービスグル​​ープ(フルパス)。複数のエンティティはコンマで区切られます あり 文字列 「servicesVal」:「CName_check」
servicesValType サービス| グループ。 servicesValフィールドで指定されたエンティティのタイプ。 あり 文字列 「servicesValType」:「service」
日付範囲 レポート用に構成された時間範囲:過去2時間| 過去24時間| 最終暦日| 過去7日間| 過去14日間| 過去30日間| 先月| 過去365日| この形式のカスタム日付範囲:YYYY-MM-dd hh:mmからYYYY-MM-dd hh:mm いいえ。デフォルトは過去2時間です。 文字列 「dateRange」:「過去2時間」
画面タイプ 1 | 2

 

  • 1:全体の場所を表示する
  • 2:全体および個々の場所を表示する
いいえ。デフォルトは1です。 整数 「displayType」:1
インクルードタイプ レポートに含める必要のある情報。 オプションには、1:可用性、2:アラート、3:グラフが含まれます あり JSONオブジェクト 「includeTypes」:[1,2,3]

次の例は、アカウントapi.logicmonitor.comのさまざまなレポートの更新を示しています。

リクエストの例1-アラートレポート

次のPythonスクリプトは、api.logicmonitor.comのID185でアラートレポートを更新します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='YQQ75w6Mxx9zWIeAMq5H'
AccessKey ='f)!Z}%spR=6en+4^s2$t32r-3=NpdQ]2T{-deI)8'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='PUT'
resourcePath = '/report/reports/185'
data = '{"type":"Alert","name":"MyAlertReport","format":"PDF","groupFullPath":"Website","level":"error","activeOnly":true}'

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath 

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

print requestVars

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.put(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

リクエストの例2-アラートSLAレポート

次のPythonスクリプトは、api.logicmonitor.comのアラートSLAレポートをID186で更新します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='YQQ75w6Mxx9zWIeAMq5H'
AccessKey ='f)!Z}%spR=6en+4^s2$t32r-3=NpdQ]2T{-deI)8'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='PUT'
resourcePath = '/report/reports/186'
data = '{"type":"Alert SLA","name":"MyAlertSLAReport","hostsVal":"Website","hostsValType":"group","dataSource":"NetSNMPCPUwithCores","alertRule":"Prod Server Error/Critical","alertLeve":"Error"}'

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath 

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

print requestVars

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.put(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

リクエストの例3-アラートしきい値レポート

次のPythonスクリプトは、api.logicmonitor.comのID187でアラートしきい値レポートを更新します。

#!/bin/env python

import requests
import json
import hashlib
import base64
import time
import hmac

#Account Info
AccessId ='YQQ75w6Mxx9zWIeAMq5H'
AccessKey ='f)!Z}%spR=6en+4^s2$t32r-3=NpdQ]2T{-deI)8'
Company = 'api'

#Request Info
httpVerb ='PUT'
resourcePath = '/report/reports/187'
data = '{"type":"Alert threshold","name":"MyAlertThresholdReport","format":"PDF","groupFullPath":"Website","deviceDisplayName":"ip-172-31-37-162.us-west-2.compute.interal", "dataSourceInstanceName":"HTTP-80"}'

#Construct URL 
url = 'https://'+ Company +'.logicmonitor.com/santaba/rest' + resourcePath 

#Get current time in milliseconds
epoch = str(int(time.time() * 1000))

#Concatenate Request details
requestVars = httpVerb + epoch + data + resourcePath

print requestVars

#Construct signature
hmac1 = hmac.new(AccessKey.encode(),msg=requestVars.encode(),digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()
signature = base64.b64encode(hmac1.encode())

#Construct headers
auth = 'LMv1 ' + AccessId + ':' + signature.decode() + ':' + epoch
headers = {'Content-Type':'application/json','Authorization':auth}

#Make request
response = requests.put(url, data=data, headers=headers)

#Print status and body of response
print('Response Status:',response.status_code)
print('Response Body:',response.content)
Pythonの3

応答例

以下は、上記のリクエスト例のXNUMXつに対する応答例です。

Response Status: 200
Response Body: {
  "status" : 200,
  "errmsg" : "OK",
  "data" : {
    "id" : 185,
    "name" : "MyAlertReport",
    "description" : "",
    "type" : "Alert",
    "groupId" : 0,
    "format" : "PDF",
    "delivery" : "none",
    "recipients" : [ ],
    "schedule" : "",
    "lastmodifyUserId" : 131,
    "lastmodifyUserName" : "sarah",
    "enableViewAsOtherUser" : false,
    "userPermission" : "write",
    "lastGenerateOn" : 0,
    "lastGenerateSize" : 0,
    "lastGeneratePages" : 0,
    "customReportTypeId" : 0,
    "reportLinkNum" : 0,
    "dateRange" : "last 2 hours",
    "groupFullPath" : "Website",
    "deviceDisplayName" : "*",
    "dataSourceInstanceName" : "*",
    "dataPoint" : "*",
    "level" : "error",
    "sortedBy" : "host",
    "includePreexist" : true,
    "activeOnly" : true,
    "summaryOnly" : false,
    "ackFilter" : "all",
    "sdtFilter" : "all",
    "timing" : "overlap",
    "dataSource" : "*",
    "rule" : "*",
    "chain" : "*",
    "columns" : [ {
      "name" : "Severity",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Group",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Device",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Datasource",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Instance",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Datapoint",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Thresholds",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Value",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Began",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "End",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Rule",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Chain",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Acked",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Acked By",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Acked On",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "Notes",
      "isHidden" : false
    }, {
      "name" : "In SDT",
      "isHidden" : false
    } ]
  }
}

記事上で