サポートセンターホーム


最低限必要なコレクター-27.005

12.05.18に公開

新しい最小必須(MGD)コレクターとしてコレクターバージョン27.005を発表します。 5年2018月XNUMX日水曜日に利用可能になります。

このバージョンは安定していると確信しており、できるだけ早くコレクターをこのバージョン(またはそれ以降)にアップグレードすることをお勧めします。

26年2019月XNUMX日より前にアップグレードしない場合、コレクターは自動的にアップグレードされます。 アップグレード中に注意が必要な問題が発生した場合に備えて、この日付より前にアップグレードすることをお勧めします。

27.004以降に行った改善点は次のとおりです。

 

改善点:

  • 25.200以降、ADフィルターに存在しないOIDがあると、フィルターがNotExist操作を使用していない限り、インスタンスがADからフィルターで除外されます。 これにより、NotEqual、NotContains、RegexNotMatchなどの他の操作を使用するときに予期しない動作が発生します。 存在しないOID応答は、これらの操作で評価するときに空の文字列(“”)として扱われるようになりました。
  • PropertySourcesのトークン置換は、GroovyとPowerShellで機能するようになりました。 トークンの置換よりもパフォーマンスを向上させるために、GroovyスクリプトでhostProps.get()、instanceProps.get()、またはtaskProps.get()を使用することをお勧めします。
  • キャッシュファイルからのDNS解決に失敗しても、コレクターの起動に失敗しなくなりました。

修正:

  • エージェントとの通信が中断されたときにsbwinproxyが必要以上のメモリを使用する問題を修正しました。