サポートセンターホーム


General DeploymentCollector-25.0

09.07.17に公開

更新:このバージョンはに取って代わられました GD25.001

GD Collector 25.0は、8年2017月XNUMX日に利用可能になります。このバージョンには、 MGD 24.002、 と同様 EA 24.085, EA 24.126, EA 24.200EA 24.300.

MGD 24.002と比較して、このバージョンのハイライトは次のとおりです。
 

新機能:

  • 簡単な容量調整 –コレクター構成ウィンドウにナビゲートし、新しいコレクター・サイズ(小、中、または大)を選択して、必要なパラメーターを自動的に更新し、コレクターの容量を即座に増減します。
  • すべてのデータ収集方法と内部サービスチェック(まだtracerouteを含まない)でのIPv6のサポート。
  • コレクターのダウンロードの高速化–コレクターを追加する場合は、「ブートストラップ」を選択して、LogicMonitorCDNを介してコレクターをはるかに高速にダウンロードおよびインストールします。

改善点:

  • NetflowのIPFIXのサポート。 
  • コレクターの定期的な再起動の頻度を8時間から24時間に減らしました。
  • 構成が古くなっているか欠落しているコレクターは、アップグレード中に、目的のサイズに必要なパラメーターで自動的に更新されます。 これは、手動で変更された構成には影響しません。
  • コレクター構成ウィンドウにservice.configタブを追加しました。 これは、内部サービスチェックのプロキシおよびその他の設定を構成する場合に役立ちます。
  • コレクターのCPU使用率を減らすためのSNMPパフォーマンスの改善。
  • ConfigSourcesによって使用されるメモリの量を減らしました。
  • 内部サービスチェックのためのNTLMプロキシ認証のサポート。
  • CollectorのJDKをJDK8、Update131に更新しました。
  • jedis.jarをバージョン2.9.0に更新しました。
  • ApacheHttpClientを4.5.2から4.5.3に更新しました。


含まれているものの詳細については、個々のEAリリースノート(上記のリンク)を参照してください。