サポートセンターホーム


WebサイトSDT

リソース、LogicModule(DataSource、EventSources、JobMonitorsなど)、およびLogicMonitorがアラートをトリガーするその他のコンポーネント(コレクター)の場合と同じように、Webサイトのスケジュールされたダウンタイム(SDT)を設定できます。 WebサイトがSDTにある場合、そのWebサイトのアラート通知はルーティングされませんが、LogicMonitorインターフェイスには引き続き表示されます。 WebサイトのSDTは、特定のWebサイトまたはWebサイトグループの[SDT]タブから追加、編集、表示、および削除できます。

特定のWebチェックまたはPingチェックにSDTを追加する場合、SDTを適用するチェックポイントの場所(つまり、外部のLogicMonitorチェックポイントまたは内部のコレクター)を指定する必要があります。 [SDTの追加]ダイアログでは、現在チェック用に構成されている場所のみが、 全体 オプション。 あなたは含めることができます 全体 XNUMXつ(またはそれ以上)でエラーが発生することが予想されるが、すべての場所の平均応答時間が予想を下回っているため、全体的なアラートが必要ない場合は、SDTのオプション。

SDTが特定のWebサイト用に構成されたすべての場所に適用されない場合は、「WebsiteCheckpointSDT」のSDTタイプが割り当てられます。 すべての場所に適用される場合は、「WebsiteSDT」のSDTタイプが割り当てられます。 SDTがWebサイトグループに適用される場合、SDTタイプには「ServiceGroupSDT」が割り当てられます。

注意: WebサイトのSDTタブには、Webサイトに固有の設定がいくつかありますが(上記で説明)、このタブの機能と動作は、LogicMonitorインターフェイス全体にあるSDTタブとほぼ同じです。 (SDTタブ機能の詳細については、を参照してください。 スケジュールされたダウンタイム(SDT)タブ.)