SwiftStackモニタリング

最終更新日: 17 年 2023 月 XNUMX 日

概要

LogicMonitor の SwiftStack 監視パッケージは、 SwiftStackコントローラーAPI 多数のストレージ使用率、CPU、負荷、およびパフォーマンスのメトリックを監視します。

セットアップ要件

モニタリングへのリソースの追加

SwiftStackリソースをモニタリングに追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を取得する

LogicMonitorは、SwiftStackリソースに正常にアクセスするために、適切な資格情報を提供する必要があります。 これらの資格情報は、次の権限が割り当てられているSwiftStackユーザーアカウントに属している必要があります。

職種 説明
読み取り専用の これらのIDは、アカウント内のすべて(特権ヘッダーを除く)を読み取ることができます。 具体的には、読み取り専用のアカウントアクセス権を持つユーザーは、アカウント内のコンテナーのリストを取得し、コンテナーのコンテンツをリストし、オブジェクトを取得し、アカウント、コンテナー、またはオブジェクトの(非特権)ヘッダーを表示できます。 。

リソースへのプロパティの割り当て

次のカスタムプロパティは、LogicMonitor内のSwiftStackリソースに設定する必要があります。 プロパティの設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

プロパティ 必須?
swiftstack.user SwiftStack読み取り専用ユーザー名 必須
swiftstack.pass SwiftStack読み取り専用パスワード 必須

レガシーLogicModulesからの移行

2020年XNUMX月、LogicMonitorはいくつかの新しいSwiftStackデータソースをリリースしました。 新しいデータソースには、大幅なリファクタリングを必要とする最適化と更新が含まれていたため、次のXNUMXつのレガシーデータソースは非推奨になりました。

非推奨の と取り換える
SwiftStack_Cluster_AccountStorageUsage SwiftStack_Cluster_AccountStorageUtlization
SwiftStack_Cluster_AccountTransferUtilization SwiftStack_Cluster_AccountTransferUsage
SwiftStack_Cluster_Policyアカウントストレージの使用状況 SwiftStack_Cluster_Policyアカウントストレージ使用率
SwiftStack_Cluster_PolicyCapacity SwiftStack_Cluster_PolicyUsage
SwiftStack_Cluster_Policyストレージの使用状況 SwiftStack_Cluster_Policyストレージ使用率

現在、これらのレガシーデータソースのいずれかを使用している場合、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 これは、モジュールの上書きを排除するためにデータソース名が変更されたためです。

ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースのセットをインポートし、環境で意図したとおりに機能していることを確認した後、上記のデータソースを無効にすることをお勧めします。

データソースを無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、レガシーデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソースの無効化の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

パッケージ内のLogicModules

SwiftStack 用の LogicMonitor のパッケージは、次の LogicModule で構成されます。 完全にカバーするには、これらの LogicModules がすべて LogicMonitor プラットフォームにインポートされていることを確認してください。

表示名 説明
addCategory_SwiftStack プロパティソース に適切なカテゴリを設定します システム カテゴリ デバイスがSwiftStackコントローラーまたはSwiftStackAPIにアクセスできるノードの場合のプロパティ。
SwiftStackユーザーデータベースの展開ジョブの状態 データソース ユーザー データベースの展開ジョブの状態メトリックを収集します。 ユーザー データベース デプロイ ジョブは、リクエストをキューに入れ、新しく作成されたアカウント (ユーザー) をクラスターのノードにプッシュします。 作成されたジョブの状態は、対応する同等のデータポイントを持つ次のいずれかになります。 NEW = 3 QUEUED = 2 IN_PROGRESS = 1 COMPLETED_SUCCESS = 0 COMPLETED_FAILED = -1
SwiftStackノードのパフォーマンス データソース クラスターごとのノードのCPU、負荷、およびRAMのメトリックを収集します。
SwiftStackGatewayデプロイメントジョブの状態 データソース ゲートウェイデータベース展開ジョブの状態メトリックを収集します。 ゲートウェイ展開ジョブは、特定のゲートウェイノードに構成を展開するための要求をキューに入れます。
SwiftStackクラスターの合計転送使用率 データソース クラスタごとの合計転送使用率メト​​リックを収集します。 特定のクラスターについて、指定された時間範囲にわたるクラスター内のすべてのアカウントの転送使用率データを集約します。
SwiftStackクラスターポリシーの使用法 データソース クラスタごと、ポリシーごとのディスク容量メトリックを収集します。
SwiftStackクラスターポリシーのストレージ使用率 データソース すべてのSwiftアカウントで、指定された時間範囲にわたるクラスターごと、ポリシーごとのストレージ使用状況メトリックを収集します。 特定のクラスターとSwiftストレージポリシーインデックスについて、指定された時間範囲にわたるすべてのアカウントのストレージ使用率データを集計します。
SwiftStackクラスターポリシーアカウントのストレージ使用率 データソース 各Swiftアカウントについて、指定された時間範囲でクラスターごと、ポリシーごとのストレージ使用率メト​​リックを収集します。 特定のクラスターとSwiftストレージポリシーインデックスについて、指定された時間範囲での各アカウントのストレージ使用率データを集計します。
SwiftStackクラスターのパフォーマンス データソース クラスタごとのディスク、CPU、および負荷のメトリックを収集します。
SwiftStackクラスターアカウント転送の使用法 データソース クラスタごと、アカウントごとの転送使用率メト​​リックを収集します。 特定のクラスターについて、指定された時間範囲内のすべてのアカウントの要約されたストレージ使用率データを一覧表示します。
SwiftStackクラスターアカウントのストレージ使用率 データソース ポリシー全体の各Swiftアカウントについて、指定された時間範囲でクラスターごとのストレージ使用率メト​​リックを収集します。 特定のクラスターとSwiftストレージポリシーインデックスについて、指定された時間範囲での各アカウントのストレージ使用率データを集計します。

このパッケージのデータソースには、事前定義されたデータポイントのしきい値は含まれていません (つまり、収集されたデータに基づいてトリガーされるアラートはありません)。 これは、テクノロジの所有者が、大多数のユーザーに確実に拡張できる KPI を提供していないためです。 収集されたデータのアラートを受け取りたい場合は、カスタムしきい値を手動で作成する必要があります。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で