LogicMonitor のアラートの種類

最終更新日: 13 年 2023 月 XNUMX 日

LogicMonitor は、プラットフォーム内のさまざまなコンポーネントでアラートを生成できます。 次の表では、アラートをトリガーできるコンポーネントと、それぞれに関連付けられたさまざまな種類のアラート ID の例について説明します。

成分Descriptionアラートの種類
データソースDataSource は、データポイントと呼ばれる数値データを定義します。これは、コレクターからの定期的なポーリングによって収集されます。 DataSource のアラートは最も一般的なタイプのアラートであり、Collector がデバイスから受信するデータポイント値が指定したしきい値を超えた場合、または予期されるデータがない場合にトリガーされます。 詳細については、次を参照してください。 データポイントの概要.LMD
データソースアラート
LMD112299警告– ESXi HP320VMwareホストパフォーマンスDiskWriteLatency
ID:LMD112299
ホスト:ESXi HP320
データソース:VMwareホストのパフォーマンス
イベントソースEventSourcesは、イベントログメッセージ(IPMI、Windows、またはSyslog)やSNMPトラップなどの特定のファイルを監視します。 LogicMonitorがEventSource定義に一致するイベントのメッセージを受信すると、EventSourceのアラートがトリガーされます。 詳細については、を参照してください。 EventSourcesの作成.LME
EventSourceアラート
LME10351880エラー– veeambr.windows.labWindowsシステムイベントログ
ID:LME10351880
ホスト:veeambr.windows.lab
イベントソース:Windowsシステムイベントログ
LMログログ アラートは、着信ログ イベントがログ処理パイプラインで構成されたアラート条件と一致するとトリガーされます。 詳細については、次を参照してください。 ログアラート条件 > ログ処理パイプライン.Lml
ログアラート
LML3304916149エラー– docsite-knc88LMログ
ID:LML3304916149
ホスト:docsite-knc88
LogAlert:LMログ
メッセージ:127.0.0.1 – – [22 / Mar / 2021:09:36:11 +0000]“ GET / HTTP / 1.1” 200 12557“-”“ LogicMonitor”“-”
ウェブサイトWeb サイトは、可用性を確保するために監視されます。 指定された数のテスト場所で指定された数のチェックが失敗すると、Web サイトでアラートがトリガーされます。 詳細については、次を参照してください。 ウェブサイトアラート.LMS
ウェブサイトアラート
LMS91372675 は、場所オーストラリア – シドニーからの文字列チェックで警告します
ID:LMS91372675
サービス:文字列チェック
チェックポイント:オーストラリア–シドニー
データポイント:ステータス
ジョブモニターWindows および Linux/Unix システムの JobMonitor を監視して、ジョブが時間どおりに開始され、予定どおりに完了し、適切な終了コードで終了することを確認できます。 JobMonitor のアラートは、監視対象のジョブがゼロ以外の終了コードで終了した場合、指定された実行時間内に完了しなかった場合、または時間どおりに開始されなかった場合にトリガーされます。 詳細については、次を参照してください。 LogicMonitorでのJobMonitor定義の作成.LMB
JobMonitorsアラート
ID:LMB444
ホスト:ATX-Local-Data-Guard
バッチジョブ:Splunkの組織の同期
レベル:警告
開始日:2017-01-16 10:30:00 GMT + 02:00
終了日:2017-01-16 10:40:00 GMT + 02:00
デバイスグループデバイスグループは、戦略的にグループ化されたデバイスのコレクションです。 クラスターアラートと呼ばれるデバイスグループのアラートは、グループの全体的な状態に基づいてトリガーされます。 たとえば、デバイスグループ内の80つを超えるバッチサーバーのCPU使用率がXNUMX%を超えたときにトリガーされるようにクラスターアラートを構成できます。 詳細については、を参照してください。 クラスターアラート.LMHC
ホストクラスターアラート
ID:LMHC2
ホストグループ:LAB / SQLクラスターサーバー
データソース:SQLサービス-
データポイント:状態
レベル:警告
開始:2014-12-11 21:44:59 EST
時間:10時間8分
値:アラート中の3.00ホスト
理由:> 2
コレクターコレクタは、デバイスをインテリジェントに監視するためにインフラストラクチャ内のサーバーで実行される LogicMonitor アプリケーションです。 コレクタに関するアラート (コレクタ ダウン アラートと呼ばれる) は、LogicMonitor がコレクタから XNUMX 分以上応答がない場合にトリガーされます。LMA
コレクターに到達できません
ID:LMA2
LogicMonitorシステムは、0001-2015-11 16:19:38 EST以降、Collector LAB \ LMC31からデータを受信して​​いません。
LMF
コレクターフェイルオーバーイベント
ID:LMF27
LogicMonitor システムは、0001-2015-10 31:05:55 EDT 以降、コレクタ LAB\LMC26 からデータを受信して​​いません。 LogicMonitor は、このコレクタによって監視されているすべてのデバイスをバックアップ コレクタ LAB\LMC0002 に切り替えました。
自動フェイルバックは、復旧時にデバイスをプライマリ コレクタ ATXLAB\LMC001 に戻します。 フェイルバックは現在 true です。
LMF
コレクターに到達できません
ID:LMF1
LABコレクター1(LAB \ LMC0001)がフェイルバックしました
LogicMonitorは、すべてのデバイス(453,455,191)をコレクターLAB \ LMC0001に戻しました。
構成ソースConfigSourcesは、構成チェックに基づいてアラートを生成します。 データソースのデータポイントとしきい値と同様に、構成チェックは、構成ファイルの可用性、またはファイルの特定のコンテンツを監視し、定義された基準が満たされたときにアラートをトリガーします。 詳細については、を参照してください。 ConfigSourceの作成.LMD
ConfigSourceアラート
ID:LMD3119
ホスト:ラボCisco 3560
Configsource:IOS Configs-running-config
InstanceGroup:@default
Configcheck:DifferenceTest
アラートスロットリングアラートレートの調整制限に達したときに通知をトリガーできます。 詳細については、を参照してください。 エスカレーションチェーン.LMT
アラートスロットリング通知
ID:LMT10
エスカレーションチェーンのSyslogテスト通知について、過去20分間に10を超えるアラートが送信されました。
レート制限の設定に基づいて、追加のアラート通知が抑制されています。 アラートの詳細については、LogicMonitorポータルにログインしてください。
サービスサービスは、論理的な「サービス」にグループ化された XNUMX つ以上の監視対象リソースにわたるインスタンスです。 サービス レベルでの監視、視覚化、およびアラートのために、これらのインスタンス全体でデータを集約できます。 サービスの詳細については、次を参照してください。 LM ServiceInsightについて. - -