サポートセンターホーム


役割リソースについて

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、アカウントのユーザーロールをプログラムで管理できます。

LogicMonitorのRESTAPIを使用すると、次のことができます。

リソースURI:

/ settings / roles

リソースのプロパティ:

すべての役割には、次のプロパティがあります。

プロパティ

製品説明

種類

id 役割のID 整数
役割の名前 文字列
説明 役割の説明 文字列
customHelpLabel [ヘルプとサポート]ドロップダウンメニューに表示されるカスタムヘルプURLのラベル 文字列
customHelpURL [ヘルプとサポート]ドロップダウンメニューに追加する必要のあるURL 文字列
関連付けられたユーザーカウント この役割が適用されているユーザーの数 整数
requireEula この役割を割り当てられたユーザーがEULA(エンドユーザー使用許諾契約)に同意する必要があるかどうか ブーリアン
特権 ロールに関連付けられているアカウント権限。 アカウントの各領域の役割に特権を追加できます。各特権オブジェクトの形式は次のとおりです。

 "privileges":[{"objectType": "host_group"、 "objectId": "*"、 "objectName": "*"、 "operation": "write"}、{"objectType": "dashboard_group"、 "objectId ":" * "、" objectName ":" * "、" operation ":" write "}]
JSONオブジェクト
ロールごとに、必要な数(または少数)の特権オブジェクトを追加できます。 次の表は、アカウント内のさまざまなリソースの特権オブジェクトをフォーマットする方法を示しています。

リソース

オブジェクトタイプ

オブジェクトID

オブジェクト名

操作

ダッシュボード ダッシュボード 権限が指定したダッシュボードのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのダッシュボードを示すために使用できます。 グループ化されていない場合にのみ、個々のダッシュボードに権限を付与できることに注意してください。 ダッシュボードのIDは、LogicMonitorアカウントのURLバーにあります。 または、LogicMonitorのRESTAPIダッシュボードリソースにGETリクエストを送信することもできます。 権限が指定したダッシュボードの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのダッシュボードを示すために使用できます。 書く| 読んだ {

「objectType」:「ダッシュボード」、

「objectId」:「32」、

「objectName」:「リソース割り当て」、

「操作」:「書き込み」

}

ダッシュボードグループ Dashboard_group 権限が指定されたダッシュボードグループのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 権限が指定されたダッシュボードグループの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 書く| 読んだ {

「objectType」:「dashboard_group」、

「objectId」:「*」、

「objectName」:「*」、

「操作」:「書き込み」

}

プライベートダッシュボード Dashboard_group プライベート プライベート 書き込み(プライベートダッシュボードを作成する機能) {

「objectType」:「dashboard_group」、

「objectId」:「private」、

「objectName」:「private」、

「操作」:「書き込み」

}

デバイスグループ host_group 権限が指定されたデバイスグループのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 デバイスグループのIDは、LogicMonitorアカウントのURLバーにあります。 または、LogicMonitorのRESTAPIデバイスグループリソースに対してGETリクエストを行うこともできます。 権限が指定されたデバイスグループの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 書く| 読む| ack {

「objectType」:「host_group」、

「objectId」:「*」、

「objectName」:「*」、

「操作」:「書き込み」

}

デバイスダッシュボード デバイスダッシュボード 空白のままにする デバイスダッシュボード 書きます {

「objectType」:「deviceDashboard」、

「objectId」:「」、

「objectName」:「deviceDashboard」、

「操作」:「書き込み」

}

[構成]タブ configNeedDeviceManagePermission 空白のままにする configNeedDeviceManagePermission 書きます {

「objectType」:「configNeedDeviceManagePermission」、

「objectId」:「」、

「objectName」:「configNeedDeviceManagePermission」、

「操作」:「書き込み」

}

リモートセッション リモートセッション 権限が指定されたデバイスグループのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 デバイスグループのIDは、LogicMonitorアカウントのURLバーにあります。 または、LogicMonitorのRESTAPIデバイスグループリソースに対してGETリクエストを行うこともできます。 権限で指定されたデバイスグループの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 書きます {

「objectType」:「remoteSession」、

「objectId」:「*」、

「objectName」:「*」、

「操作」:「書き込み」

}

レポート 報告グループ 権限が指定されたレポートグループのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 レポートグループIDは、LogicMonitorのRESTAPIレポートグループリソースへのGETリクエストで見つけることができます。 権限が指定されたレポートグループの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 書く| 読んだ {

「objectType」:「report_group」、

「objectId」:「*」、

「objectName」:「*」、

「操作」:「書き込み」

}

サービス service_group 権限が指定されたサービスグル​​ープのID 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 LogicMonitorのRESTAPIサービスグル​​ープリソースへのGETリクエストでサービスグル​​ープIDを見つけることができます。 権限で指定されたサービスグル​​ープの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのグループを示すために使用できます。 書く| 読んだ {

「objectType」:「service_group」、

「objectId」:「*」、

「objectName」:「*」、

「操作」:「書き込み」

設定 設定 権限が指定された設定セクションの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのセクションを示すために使用できます。 設定セクションは、accesslog、accountinfo、alert、collector。*、collectorgroup.groupId、datasource。*、integration、messagetemplate、useraccess。*、useraccess.personalinfo、useraccess.apitokenです。 objectIdと同じです。 権限が指定された設定セクションの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのセクションを示すために使用できます。 設定セクションは、accesslog、accountinfo、alert、collector。*、collectorgroup.groupId、datasource。*、integration、messagetemplate、useraccess。*、useraccess.personalinfo、useraccess.apitokenです。 書く| 読んだ
useraccess.personalinfoとuseraccess.apitokenでは書き込みのみが利用可能であることに注意してください
{

「objectType」:「設定」、

「objectId」:「collectorgroup.4」、

「objectName」:「win7a」、

「操作」:「読み取り」

}

ヘルプ&サポートメニュー(アカウントの?メニュー) 助けます 権限が指定した[ヘルプとサポート]メニューオプションの名前 操作 許可する必要があります。 *は、すべてのオプションを示すために使用できます。 ヘルプとサポートのオプションは、ドキュメント(ドキュメント)、チャット(エンジニアとのチャット)、サポート(サポートリクエスト)、フィードバック(フィードバック)です。 助けます read (チャットを除くすべてのリソースで利用可能)
書きます (チャットでのみ利用可能)
{

「objectType」:「help」、

「objectId」:「チャット」、

「objectName」:「help」、

「操作」:「書き込み」

}

記事上で