Argus構成

最終更新日: 13 年 2022 月 XNUMX 日

Helmチャートを使用したCollectorset-Controllerの構成

Collectorset-Controller Helmチャートは、次の値をサポートしています。
必要な値

パラメーター製品説明
accessID(デフォルト:「」)LogicMonitorAPIキーID
accessKey(デフォルト:“”)LogicMonitorAPIキー
アカウント(デフォルト:「」)LogicMonitorアカウント名

オプション値

パラメータ設定

パラメーター製品説明
imageRepository(デフォルト:「logicmonitor / collectorset-controller」)の画像リポジトリ コレクターセット-コントローラー コンテナ
画像タグの画像タグ コレクターセット-コントローラー コンテナ
proxyURL(デフォルト:“”)Http/sプロキシURL
proxyUser(デフォルト:“”)Http/sプロキシユーザー名
proxyPass(デフォルト:“”)Http/sプロキシパスワード

詳細パラメータ設定

パラメーター製品説明
enableRBAC(デフォルト:true)クラスタでRBACが有効になっていない場合は、この値をfalseに設定する必要があります
etcdDiscoveryToken(デフォルト:“”)etcdホストをクラスターデバイスグループに追加するために使用されるパブリックetcd検出トークン
imagePullPolicy(デフォルト:「常に」)Collectorset-Controllerコンテナーのイメージプルポリシー
nodeSelector(デフォルト:{})これは、ノードのラベルに基づいて特定のノードでポッドを実行する最も簡単な方法を提供します
アフィニティ(デフォルト:{})これにより、ポッドをスケジュールできるノードを制限できます
priorityClassName(デフォルト:“”)ポッド優先度の優先度クラス名。 このパラメータが設定されている場合は、PriorityClassリソースを作成する必要があります。そうしないと、ポッドが拒否されます
許容値(デフォルト:[])許容値はポッドに適用され、ポッドが一致する汚染を持つノードにスケジュールできるようにします

HelmChartを使用したArgusの構成

Argus Helmチャートは、次の値をサポートしています。

必要な値

パラメーター製品説明
accessID(デフォルト:「」)LogicMonitorAPIキーID
accessKey(デフォルト:“”)LogicMonitorAPIキー
アカウント(デフォルト:「」)LogicMonitorアカウント名
clusterName(デフォルト:“”)クラスタのデバイスグループに付けられた一意の名前
logLevel(デフォルト:「info」)アーガスログレベルを設定する
Collector.replicas(デフォルト:1)Argusで作成および使用するコレクターの数
Collector.size(デフォルト:“”)インストールするコレクターのサイズ。 ナノ、小、中、大のいずれかになります

オプション値

パラメーター製品説明
clusterGroupID(デフォルト:1)clusterGroupIDは、KubernetesClusterの動的グループが作成されるユーザー定義の静的または動的グループです。 クラスターグループは、Kubernetesクラスターの論理的な編成であり、数値識別子によって一意に識別されます。 このフィールドにグループのIDを指定して、すべてのKubernetesクラスターをクラスターグループに関連付ける必要があります。 指定しない場合、ルートグループ(1)に対応するデフォルト値がクラスターグループIDに追加されます。
注意:動的グループには、AppliesTo関数の評価に従ってリソースへの参照があります。
resourceGroupID(デフォルト:1)resourceGroupIDは、Argusリソースが作成されるプライマリリソースグループのIDです。 指定しない場合、resourceGroupIDはルートグループ(1)に対応するデフォルト値を取ります。
注意:ルートグループには、リソースではなくグループのみを表示する特別なロジックが含まれているため、ルートグループを超えてAPIトークンの範囲を狭める必要がある場合は、resourceGroupID値を他の値に設定することをお勧めします。
imageRepository(デフォルト:「logicmonitor / argus」)の画像リポジトリ アーガス コンテナ
画像タグの画像タグ アーガス コンテナ
proxyURL(デフォルト:“”)Http/sプロキシURL
proxyUser(デフォルト:“”)Http/sプロキシユーザー名
proxyPass(デフォルト:“”)Http/sプロキシパスワード
Collector.groupID(デフォルト:0)コレクターのグループのID
Collector.escalationChainID(デフォルト:0)コレクターのエスカレーションチェーンのID
Collector.collectorVersion(デフォルト:0)コレクターのバージョン
Collector.useEA(デフォルト:false)コレクターのダウンロードイベントでは、最新のEAバージョンまたは最新のGDバージョンをダウンロードします
Collector.proxyURL(デフォルト:“”)コレクターのHttp/sプロキシURL
Collector.proxyUser(デフォルト:“”)コレクターのHttp/sプロキシユーザー名
Collector.proxyPass(デフォルト:“”)コレクターのHttp/sプロキシパスワード

高度なパラメータ設定

パラメーター製品説明
enableRBAC(デフォルト:true)RBACを有効にします。 クラスタでRBACが有効になっていない場合は、この値をfalseに設定する必要があります
etcdDiscoveryToken(デフォルト:“”)etcdホストをクラスターリソースグループに追加するために使用されるパブリックetcd検出トークン
imagePullPolicy(デフォルト:「常に」)Argusコンテナの画像プルポリシー
nodeSelector(デフォルト:{})これは、ノードのラベルに基づいて特定のノードでポッドを実行する最も簡単な方法を提供します
アフィニティ(デフォルト:{})これにより、ポッドをスケジュールできるノードを制限できます
priorityClassName(デフォルト:“”)ポッド優先度の優先度クラス名。 このパラメータが設定されている場合、ユーザーは PriorityClass それ以外の場合に作成されたリソースポッドは拒否されます
許容値(デフォルト:[])許容値はポッドに適用され、ポッドが一致する汚染を持つノードにスケジュールできるようにします
filters.pod(デフォルト:“”)ポッドリソースタイプのフィルター処理された式。 このパラメーターに基づいて、ポッドはLMでの検出のために追加または削除されます
filters.service(デフォルト:“”)サービスリソースタイプのフィルター処理された式。 このパラメーターに基づいて、サービスはLMでの検出のために追加または削除されます
filters.node(デフォルト:“”)ノードリソースタイプのフィルター処理された式。 このパラメーターに基づいて、ノードはLMでの検出のために追加または削除されます
filters.deployment(デフォルト:“”)デプロイメントリソースタイプのフィルター処理された式。 このパラメーターに基づいて、LMでの検出のためにデプロイメントが追加/削除されます
コレクター.statefulsetspecKubernetesステートフルセットオブジェクトのスペック形式に従って、コレクタポッドのステートフルセット仕様を保持します。
参照する ステートフルセットの基本 詳しく知る

記事上で