サポートセンターホーム


リソースとインスタンスのプロパティ

概要

リソースとインスタンスのプロパティは、リソース(つまり、デバイス、アプリケーションホスト、クラウドアカウントなど)とそれらのリソースで監視されているインスタンスのデータを格納するキーと値のペアのセットです。

プロパティは、次のようなLogicMonitorの操作全体で多くの目的を果たします。

  • どのLogicModuleがどのリソースに適用されるかを決定します。 前述のように データソースをリソースに適用する方法、DataSources、PropertySources、EventSources、およびその他のタイプのLogicModuleは通常、プロパティ値を照会して、実行する必要のあるリソースを決定します。
  • 認証資格情報の保存。 一部のシステムでは、データにアクセスして収集するために、LogicMonitorが資格情報(JDBCパスワード、SNMPコミュニティ文字列など)を提供する必要があります。 で説明したように 認証資格情報の定義、これらの資格情報はプロパティとして保存されます。
  • リソースとインスタンスを動的にグループ化します。 前述のように デバイスグループの概要 影響により インスタンスグループ それぞれ、プロパティ値は、リソースとインスタンスをグループに動的に編成するために使用されます。
  • 複雑なデータポイントの値を操作する。 前述のように 複雑なデータポイント、プロパティ値は、複雑なデータポイントの計算に使用できます。
  • アラートの表示とメッセージングをカスタマイズするためのトークンとして機能します。 前述のように アラートページからのアラートの管理 影響により LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン それぞれ、プロパティはアラートテーブルとアラートメッセージでトークンとして使用でき、アラートの生成時にそれらの値を動的にレンダリングできます。

注意: この記事では、リソースとその監視対象インスタンスに設定されたプロパティに焦点を当てます。 ただし、監視対象のWebサイトには、 ウェブサイトのプロパティ.

自動的に割り当てられたプロパティ

デバイスまたはインスタンスに割り当てられたプロパティの大部分は、LogicMonitorによって自動的に割り当てられます(手動で割り当てられた場合とは異なります)。 LogicMonitorがプロパティをリソースまたはインスタンスに自動割り当てるXNUMXつの主要なメカニズムがあります。

  • 基本的なシステム情報の発見
  • PropertySourceの実行
  • アクティブディスカバリー

基本的なシステム情報の発見

リソースが監視に追加されると、LogicMonitorはすぐに一連の基本的なクエリを実行して、オペレーティングシステムのバージョン、IPアドレス、sysOID、サポートされているSNMPバージョン、システムカテゴリなどのリソースに関する基本的なシステム情報を決定します。 この基本情報は、リソースに関連付けられたプロパティとして保存されます。

基本的なシステムプロパティ
▲基本的なシステム情報の検出から生じるプロパティの名前には、通常、「システム」が付加されます。 そして、を除いて system.categories プロパティは、編集できません。

LogicMonitorの基本的なシステム情報検出プロセスの一部としてリソースで実行されるXNUMXつのクエリがあります。

  • SNMPクエリ。 このクエリは、リソースのsysinfo、IPアドレス、sysOID、sysname、およびSNMPバージョンを検出します。 すべてのSNMPバージョンがリソースでサポートされている場合、LogicMonitorはバージョン3を割り当てます。 以降のすべてのSNMPクエリは、割り当てられたバージョンを使用します。

    注意: 前述のように SNMPsysOIDマップ、返されたsysOIDはLogicMonitorのSNMP sysOIDマップで検索され、対応する値がに割り当てられます。 system.categories プロパティ。

  • WMIクエリ。 このクエリはWMIを使用します。 リソースが応答すると、リソースのWindowsオペレーティングシステムのバージョン、IPアドレス、ドメイン、モデル、およびその他のリソース固有の情報がプロパティとして取得されます。
  • ESXクエリ。 このクエリは、リソースがVMware ESXServerであるかどうかを検出します。 そうである場合、リソースの system.virtualization プロパティには、モデル、ベンダー、メモリ、バージョンなどのリソース固有のプロパティ割り当ての中でも、対応する値が割り当てられます。
  • XenServerクエリ。 このクエリは、リソースがCiscoXenServerであるかどうかを検出します。 そうである場合、リソースの system.virtualization プロパティには、他のリソース固有のプロパティ割り当ての中でも、対応する値が割り当てられます。

これらのクエリはすべて同時に実行されます。 同じプロパティの値が複数のクエリによって返される場合、優先順位の競合の決定要因が機能します。 たとえば、WMIクエリとSNMPクエリの両方がsysinfoを返す場合、 system.sysinfo プロパティは、SNMP応答ではなく、WMI応答を反映します。

一部のLogicMonitor構成は、基本的なシステムプロパティとしてリソースにも割り当てられます。 例には、LogicMonitorコレクター構成が含まれます(例:によって保存されたコレクターバージョン system.collectorversion)およびリソースがメンバーであるグループ( system.groups).

注意: 基本的なシステム情報検出は、新しいリソースが監視に配置されたときに実行されるだけでなく、(1)24時間に2回実行され、上記のクエリタイプのいずれかに以前に応答したリソースのプロパティを再検出します。(3)プロパティが更新されるたびに実行されます。リソース上、および(XNUMX)リソースのActiveDiscoveryを手動で開始したとき。

PropertySourceの実行

基本的なシステム情報が決定されてリソースに割り当てられると、XNUMXつ以上のPropertySourcesがさらにプロパティ(または既存のプロパティに追加の値)をリソースに割り当てる可能性があります。 PropertySourcesは、GroovyまたはPowerShellスクリプトの出力に基づいて、リソースレベルでプロパティを自動割り当ておよび/または更新するLogicModuleです。

PropertySourcesによって割り当てられたプロパティ
▲PropertySourcesによって作成および割り当てられる新しいプロパティの名前には、通常、「auto」が付加されます。 と編集することはできません。

PropertySourcesは、以前に割り当てられたプロパティを使用して、実行するリソースを決定します。 具体的には、 に適用されます PropertySource定義で見つかったフィールドが評価されます。 このフィールドの式は、PropertySourceが評価するプロパティを指定します。 このフィールドの式がTRUEと評価された場合、PropertySourceがリソースに適用されます。 このフィールドの使用に関する詳細情報(ウィザードおよびテスト機能を含む)、およびAppliesToスクリプト構文の概要については、を参照してください。 AppliesToスクリプティングの概要.

PropertySourceの例
▲このPropertySourceは、以前にWindowsとして識別されたリソースを照会して、MicrosoftExchangeを実行しているかどうかを識別します。 Microsoft Exchangeが検出されると、リソースのに新しい値が割り当てられます。 system.categories Exchangeのバージョンを識別するプロパティ。 この新しい値は、LogicMonitorのさまざまなビルド済みMicrosoft Exchangeデータソースに、このリソースで監視する必要のあるインスタンスがあることを通知します。

PropertySourcesが新しく追加または更新されたリソースと自動的に照合されるまでに最大24時間の遅延が発生する可能性があります。 ただし、 PropertySourcesの作成、PropertySourceの関連付けを手動で開始する方法があります。

アクティブディスカバリー

プロパティは、インスタンス固有のメタデータをプログラムで収集するActiveDiscoveryプロセスの一部としてインスタンスに自動的に割り当てることができます。 このプロセスとそれが収集するインスタンス情報の詳細については、を参照してください。 アクティブディスカバリー.

注意: PropertySourcesによって自動的に割り当てられたリソースプロパティと同様に、ActiveDiscoveryによって自動的に割り当てられたインスタンスプロパティには「auto」が付加されます。 編集できません。

手動で割り当てられたプロパティ

リソースとインスタンスのプロパティは、必要に応じて手動で作成することもできます。 プロパティをリソースに手動で割り当てる一般的な使用例は、データにアクセスして収集するためにLogicMonitorが資格情報(JDBCパスワード、SNMPコミュニティ文字列など)を提供する必要があるシステムの認証資格情報の保存です。 資格情報をプロパティとして保存する方法の詳細については、を参照してください。 認証資格情報の定義.

注意: プロパティを手動で割り当てる手順は、 プロパティを手動で割り当てまたは編集する このサポート記事のセクション。

プロパティ階層を理解する

プロパティが自動で割り当てられるか手動で割り当てられるかにかかわらず、すべて同じ階層ルールに従います。 プロパティは、rootアカウントレベルからインスタンスに至るまでカスケードされます。 つまり、インスタンスのプロパティを表示すると、そのインスタンスの親リソースまたはリソースグループ、およびグローバルLogicMonitorアカウントに対して以前に設定および受け継がれたプロパティも表示されます。 リソースツリーの最も深いレベルで設定されたプロパティは、上位に設定されたプロパティよりも優先されます(たとえば、リソースレベルで設定されたプロパティは、グループレベルで設定されたプロパティを上書きします。グループレベルで設定されたプロパティは、グローバル(アカウント)レベルで設定されたプロパティを上書きします)。

注意: 同じプロパティが定義されている複数のグループのメンバーであるリソースは、最も深いレベルのグループで設定されたプロパティを使用します。 同じプロパティが同じレベルのXNUMXつのグループに設定されていて、リソースがこれらのグループの両方のメンバーである場合、リソースが継承するプロパティの選択は非決定的です。

プロパティの表示

エンティティ(リソース、インスタンス、グループなど)に割り当てられたプロパティは、[リソース]ページにある[情報]タブから表示できます。 カスタムプロパティ(つまり、手動で割り当てられたプロパティが最初に表示され、次にLogicMonitorが自動的に適用したプロパティが表示されます。

[情報]タブからのプロパティの表示
▲PropertySourcesによって継承または割り当てられたプロパティは展開可能であり、割り当てられた親またはPropertySourceの詳細を確認できます。 たとえば、強調表示された snmp.community ここに示されているプロパティはrootアカウントから継承されましたが、リソースの親である「Discovery」グループによってオーバーライドされています。 ハイライトされた 自動連絡 プロパティは、「SNMP基本情報」PropertySourceによって割り当てられます。

プロパティを手動で割り当てまたは編集する

リソースのプロパティを設定する前に、それらを設定する場所を理解する必要があります。これは、そのプロパティが適用されるリソースの数によって異なります。 たとえば、すべてのLinuxリソースに同じSNMPコミュニティ文字列を設定している場合、それをアカウント内のLinuxリソースごとに個別にプロパティとして設定することは意味がありません。 代わりに、このコミュニティ文字列をグローバルアカウントレベルで設定して、すべてのLinuxリソース(およびインスタンス)に適用する方が効率的です。 前を参照してください プロパティ階層を理解する プロパティがリソースツリーにカスケードされる方法の詳細については、このサポート記事のセクションを参照してください。

LogicMonitorによって自動的に作成されるプロパティ(つまり、名前に「system。」または「auto。」のいずれかが追加されたプロパティ)の値を直接割り当てたり編集したりすることはできません。 ただし、このルールにはXNUMXつの例外があります。

  • 世界 system.categories 手動で編集できます。 たとえば、に値を追加できます system.categories コレクターがリソースにインストールされていることを示すプロパティ。
  • 世界 !hostproperty debugコマンド(Collector Debug Facilityから利用可能)を使用して、リソースのシステムプロパティを追加、更新、または削除できます。 コレクターデバッグ機能の詳細については、を参照してください。 コレクターデバッグ機能の使用.

注意: system.categoriesに追加されたプロパティは、手動またはRESTAPIを介してのみ削除できます。

プロパティを手動で割り当てまたは編集するには:

  1. [リソース]ページに移動します。
  2. リソースツリーで、プロパティを最初に適用する(そしてカスケードを下向きに開始する)エントリレベル(ルートアカウントノード、グループ、リソース、インスタンスなど)に移動します。 前を参照してください プロパティ階層を理解する プロパティがリソースツリーにカスケードされる方法の詳細については、このサポート記事のセクションを参照してください。
  3. [情報]タブを開きます。 ここに、割り当てられたすべてのプロパティの表が表示されます。
  4. テーブルのすぐ上にある歯車のアイコンをクリックします。
  5. 表示される[管理]ダイアログから、[プロパティ]セクションまで下にスクロールします。
    • 注意: プロパティを編集すると、このレベルで手動で割り当てられた(つまり、プロパティがリソースツリーの上位レベルに存在しない)プロパティ、または上位から継承された値を上書きするためにこのレベルで以前に更新されたプロパティのみが表示されます。レベル。
  6. をクリックすると、表示されている任意のプロパティ値を編集できます。 フィールド。 または、目標が次の場合:
    • 新しいプロパティを作成し、をクリックします + アイコンをクリックし、プロパティの名前と値を入力して、 セールで節約.
    • 親リソース、グループ、またはLogicMonitorアカウントから継承された既存のプロパティの値を上書き(または追加)し、そのプロパティの名前と新しい値を入力して、をクリックします。 セールで節約。 (手動で割り当てられたプロパティのみを覚えておいてください(ただし、 system.categories プロパティ)を編集できます。)
  7. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 セールで節約 もう一度、[管理]ダイアログを終了します。 設定した値は、より深いレベルでオーバーライドされるまで、階層の下位に継承されます。 たとえば、グローバルレベルで場所プロパティを適用すると、LogicMonitorは、リソースまたは親グループで定義された場所プロパティを持つリソースを除くすべてのリソースにその場所を使用しようとします。

記事上で